保健委員の仕事。 (学校での体験談) 6243回

2020/01/18 23:06┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:
 僕の高校では、年に数回、精液検査があります。

 精液の採集は、保健委員が行います。今回はクラスのアイドル、三森スズちゃんです。

 「青木君……。あの……、精液検査だけど、今、体調どう?済ましちゃう?」
 「うん、昼休みのうちに終わらせちゃいますか。」
 「教室でいい?」
 「お願い。」
 
 スズちゃんは僕の前でひざまつきました。僕は、ズボンと下着を同時に降ろしました。他の男女の生徒もいるので、恥ずかしいです。

 「じゃ、青木君、採集するね。痛かったら言ってね。」
 「うん。」
 
 スズちゃんは白く小さな指で、僕のペニスを掴みました。

 「青木君、気持ちいい?痛くない?」
 「うん。大丈夫。」
 「青木君って、お、オナニーよくするの?」
 「時々かな…」
 「なかなか射精しないね。イクときは言ってよ。」
 「うん。スズちゃん、少しでいいんで、舐めてくれない?」
 「ええっ?うん……。少しよ。」
 
 スズちゃんはペニスに小顔を近付けました。恥ずかしそうに赤い顔で、亀頭に唇が触れました。

 「あっ……。気持ちいい。もっと咥えて。」
 「こ、こう?」
 僕のペニスに口内の柔らかく暖かい感触が伝わりました。
 「ん……。いいよ。スズちゃん。」
 スズちゃんも気分がのってきたのか、玉袋を舐めたり口にほおばったりしました。
 「あっ、ヤバい、い、イクっ!」
 「えっ、ちよ、ちょっと待って……きゃっ!」
 容器が間に合わず、スズちゃんの顔や髪、制服に射精してしまいました。
 「もう、青木君、ベトベトだよ。」

 次の日、水泳の時間に、水着のスズちゃんが来ました。
 「青木君、先生の許可は取ったから。採集するよ。後は青木君なんだから。」
 「でも昨日、射精したし勃起するかな?」
 「水着の私がいるからムラムラとかしないの?」
 「うん、少しは……。どうせならスズちゃん、脱いだりとか出来ない?」
 「えっ?プールで?私、高校生よ。恥ずかしいよ。でも、どうしてもってなら。特別よ。」

 スズちゃんはスクール水着を脱いで、生まれたままの姿になりました。両手で胸と股間を隠してますが、逆に興奮します。
 「えーん、恥ずかしすぎ。幼児じゃないんだから。。早くするよ。」
 「うん。」
 スズちゃんは僕の水着を降ろし、足から抜きました。

 「青木君も素っ裸だからね。」
 二人、授業中に裸という状態です。
 既に全裸のスズちゃんで十分勃起してます。手で刺激するスズちゃん。
 「ほら、男子たち、私をじろじろ見てる。」
 スズちゃんは僕の背後に回り、後ろからテコキをしました。おっぱいが背中に当たり、限界は近いです。
 「青木君、袋、感じるんでしょ?」
 股の間から触られ、また発射してしまいました。

 「えっ、イったの?ダメじゃない!しかも私の水着にかかってるし!最悪……。」
 
 
 

 
 
 

 
  

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):78  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44440/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用