幼馴染の性癖。 (露出の体験談) 3904回

2020/02/15 17:22┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 偶然、幼馴染の佳子ちゃんに、再会しました。

 幼稚園から小学校低学年まで毎日遊んでた相手。同級生なので30才。子供の頃の印象を引きつつ、大人の女性になってました。

 お互い告白はしてないもののの、好意は感じてました。喫茶店で話しをしてると、やはり昔の思い出話です。
 
 「ねぇ、二人で小川で遊んだの覚えてる?」
 「うん。小学生かな、暑い日は水着も着ずに裸で………。スゴイことしてたよね。僕たち。」
 「……。もう一回してみない?あれ?」 
 「えっ?」

 佳子ちゃんは、あの野外で裸が強烈な印象を与えて、そういう性癖になったらしいです。今までも、一人で露出したりしてたけど、結婚してご主人に言えないし……。
誰かにもらいたいと思ってたらしいです。

 数日後、二人が昔住んでた地元に。お互いの実家はもうありませんが、昔のままの田舎です。例の小川に着きました。平日で誰もいません。

 「じゃ、佳子ちゃん。そろそろ……。」
 「あの、最初から全裸でなく、お、覚えてる?葉っぱで股間だけ隠して……。アダムとイブみたいにしたの。あれをしてみたい………。」

 私はその記憶は忘れてたのですが、佳子ちゃんの言うとおりに。別々に用意してお互い見せ合いました。

 「あぁ……。恥ずかしい………。」
 「僕もだよ。佳子ちゃん。」

 人妻になった佳子ちゃんは、おっぱいも出て、すっかり女性の身体です。恥じらう姿がまた興奮します。

 「佳子ちゃん、昔はおっぱい、ぺったんこだったのに。何人に揉まれたの?」
 「そんなの、言えないよ。あなたもすごく男らしく……。あっ、もう勃ってる。昔もすぐ大きくしてたよね。」
 「うん、もう固くなってるよ。佳子ちゃん……。」

 私は河原で佳子ちゃんを抱きしめキスをしました。そのまま小川に二人で入りました。佳子ちゃんの身体は柔らかく、私の精器はそそりたち、葉っぱからはみ出しています。
 「佳子ちゃん、もう僕、我慢できないよ。い、挿れるよ!」
 「あん!だ、だめっ!こんな所でっ。ひぃっ。」

 30才の男女が小川で生まれたままの姿で、ケモノのように繫がりました。僕も興奮して瞬くまに射精してしまいました。
 「また、私の露出、付き合ってね……。」
 もちろん、私はオッケーしました。

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):1  (・A・):48  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44463/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用