義手のT。 (会社での体験談) 3909回

2020/02/16 13:15┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私の同僚のTは、大学生の時に右手を切断する事故にあって、今は義手をつけてます。そのTと飲みに行ったときの話しです。

 「しかし、Tってスゴイよな。ハンディがある身体でみんなと同じように営業の仕事してるもんな。」
 「みんなが、助けてくれるおかげだよ。それに、これはハンディというより個性だよ。俺の個性。」
 「ふーん、そういうものか。」
 「それに、この個性も使いようによっては、武器にもなるしな。」
 Tは私に携帯の動画を見せてくれました。
 「これって………。同じ営業課のユイ……。が、手コキをしてる……。付き合ってるのか?」
 「付き合ってはないよ。営業中に、手が不自由でオナニーもろくにできないって話したら、手伝ってくれてね。ユイってボランティアとかよくするんだって。その延長だよ。」
 「胸、触ってるじゃないか?」
 「右手の義手ならオッケーでね。週一処理してもらってるよ。」
 
 確かにイヤイヤではなさそう。あの大人しそうなユイが、グロい性器を見つめながら擦ってるのは、グッときました。
 
 「それから、ほれ。」
 今度の動画は裸の女性を後ろから挿入してるものでした。
 「おい、山口ミカ主任じゃないか?バックで刺してるのか?これ?あの人、結婚してたよな?確か?」
 「山口主任も、営業回りの途中で、腕の調子が……ってホテルで休憩してね。その流れだよ。あの人、俺の義手で身体を責められるのが、大好きでね。秘部に義手の指を突っ込むとベトベトだよ。」

 弱点を武器にするとは………。と思いました。
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):7  (・A・):75  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44464/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用