森口博子似の五十路熟女の巨乳と鶯谷で突然のキスから始まる熱い夜を… (出会い系での体験談) 2317回

2020/03/08 22:50┃登録者:ヤマシタ◆qytya5/Q┃作者:ヤマシタ

五十路熟女好みの僕には、年下の彼女は、正直苦手なところがあります。

僕は、ミントC!jメールで五十路熟女とヤリまくってきたので、女性の扱いはなれてきてはいるのですが、年下の女性とはどこかで擦れ違いが出てしまうんです。 

僕は、先日彼女と別れたばかりです。 
理由は、彼女側拒否のセックスレスです。 

僕たちは多い時でも週に4回くらいは自宅で会えているにも関わらず、セックス自体はそのうちの一度あれば良い方でした。 

結婚もしていないのにセックスレスなんて全く納得がいかず、僕は何度も彼女に懇願したが、「そんなにセックスがしたいなんて異常だわ!」

「私じゃもうどうにも答えてあげることが出来ないから、外で済ませてきてちょうだい」
 これが彼女からの返事でした。 

そしてそのまま話し合いは難航し、別れるに至ったわけですが、問題なのは僕の性欲をいよいよどこで発散させればいいのかという点です。 

いくら僕がミントC!Jメールを使い倒しているといっても、急に相手を見つけるのは容易ではないのです。

また、お願いだからセックスをさせてくださいと、周りに触れて回るわけには到底いかないです。

そんな時、やはり頼りになるのはミントC!jメールだ。
寂しい時、ぬくもりが欲しい時、ヤリたい時、何とかしてくれるのがミントC!Jメールだ。

ミントC!Jメールは出会い系の「駆け込み寺」僕は本当にそう思っています。


自分のプロフィール欄に加えて、ひとことメッセージのようなものを書く欄もあるのですが、そこにはシンプルにこう綴ったのです。 

「年齢は50歳くらいで、エッチさせてくれる人どこかにいないかな〜〜」
こんな文章、確実に女性受けは狙えない。そう思ったが、案外メッセージが来るものです。
「写真を見て、もし気に入っていただけたらお相手をさせていただけませんか。」
相手をさせていただく、なんて、こちらが土下座してでもお願いしたいくらいだった。


彼女の写真を見ると、森口博子に雰囲気がそっくりの、親しみやすそうな美女でした。
もちろん、はっきりくっきりの写真ではないので、会ってみないことには何とも言えない。

わざとそういう服を着ているのか天然なのかはわからないが、胸元がかなり大きく開いたセーターを着た写真だった。
彼女は常にこういう格好をしているのか。


想像しただけで興奮してくる。
「私、先月にパートナーと別れたばかりです。」 

「正直な話、私セックスしないと、何だかおかしくなりそうで。変ですよね、こんな女。」

「そこら辺の人に声をかけて誘うわけにはいかないし、こういう本当に出会えるサイトじゃないと言う勇気が無くて」 

少なくとも、私が今まで出会ったことのある女性にこのようなタイプはあまりいない。

「実は僕も、つい最近彼女と別れたばっかりなんです。」


「理由が…彼女がほとんどセックスをさせてくれなくて。…なんだか僕たち、似てますね」 

ふふっ、と彼女が画面の向こうで笑ったような気がした。
待ち合わせ場所は鶯谷の駅だった。

続きはURLにアクセスしてご覧お願いします。



出典:森口博子似の五十路熟女の巨乳と鶯谷で突然のキスから始まる熱い夜を…
リンク:https://soundsignatures.org/big-tits/moriguchi-uguisu-valley.html
  投票  (・∀・):2  (・A・):54  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44507/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用