営業車の中で、ユミちゃんと。 (会社での体験談) 6260回

2020/03/12 16:29┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は営業の仕事をしてます。

 後輩のユミちゃんが、お得意様にとんでもないポカをしてしまい、一緒に謝罪しに行きました。帰り道、営業車で、

 「◯◯さん、スミマセンでした……。」
 「いいって。勉強になったっしょ?」
 「はい……。あの、そこのサービスエリア、いいですか?」
 車を駐車場に停めました。

 「あの、お詫びというわけではないのですが……。」
 「ゆ、ユミちゃん?」
 「私が◯◯さん、マッサージさせてください……。」

 ユミちゃんの手が、私の股間に。優しく擦ってます。
 「そ、そんなのいいよ!」
 「いいんです。◯◯さん、彼女いないって言ってたじゃないですか。いつも自分でしてるんでしょ?」
 「ま、まぁ……。そうだけど……。」

 ユミちゃんは私のズボンと下着を下ろし、怒張した性器を出しました。

 「◯◯さん、元気いっぱいじゃないですか。こんな武器を忍ばせてたんですね。やらし……。」
 ユミちゃんはいたずらっ子ぽく、直に性器を擦りました。
 「◯◯さん、私をオカズにして抜いたりしないんですか?」
 「い、いや……。し、しないよ……。」
 「えー、本当ですか?悲しいです。たまには、私を使ってくださいよ。」

 ユミちゃんは性器を舐めまわしてます。まだ、学生の雰囲気が残ってるあのユミちゃんが……。グロテスクな肉棒を美味しそうに頬張ってます。

 「恥ずかしい姿見せるので、今夜は私で抜いてくださいよ。」
 ユミちゃんは車中でスーツを脱ぎ、全裸に。外から丸見えです。そして、私に股がってきました。

 「あぁ……!◯◯さんと肉で繋がってる……!」

 あまりにも気持ち良く、すぐさま射精してしまいました。
 そのままラブホに行き、二回戦をしました。
 



出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):51  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44518/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用