家庭教師ですが。 (教師との体験談) 4025回

2020/03/17 12:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は家庭教師をしてます。

 中学二年生の男の子に教えてるのですが、そのお母様から相談を受けました。

 「ノブユキのことなのですが、他に話せる人がいなくて……。」
 「勉強のことですか?」
 「いえ。あ、あの、ノブユキ……。よく下着が汚れてて……。上手く、オ、オナニー出来てないんじゃないかと……。」
 「オ、オナニーですか?」
 私は、思いがけない言葉に驚きました。確かニュースでそんな話しを見たことがあるような……。 

 「それで、私に……。」
 「先生に、ノブユキの射精の手伝いをお願いしたいのですが……。最初だけでいいんです。他に頼める人がいなくて……。」

 少し厚みのある封筒を渡されました。

 「少ないのですが……。」
 「このような、受け取れません。し、しかしわかりました。お役にたてるかわかりませんが、なんとかやってみます。」
 結局、引き受け、封筒もいただきました。 


 数日後、ノブユキ君の家庭教師の日がきました。いつもどおり、リビングで教えてました。事前の打ち合わせどおり、お母様は急用といって出かけ、家にノブユキ君と二人きりになりました。一時間勉強して休憩になりました。
 「ノブユキ君って、彼女とかいないの?」
 「いませんよ。」
 「へぇ。モテそうなのに。好きな子とかは?」
 「いません。」
 ノブユキ君は基本的に無口です。小柄で色白、まつげが長く女の子のような顔立ちです。

 「ねえ?オナニーとか……、してるの?年頃だものね。」
 「………。」
 「今も勃ってる?ちょっと見ていい?」
 「恥ずかしいので……。」
 「そっか……。先生も見せるから。それならいいでしょ?」
 何か年下の男の子を誘惑してるようで、私も興奮してきました。衣服を全て脱ぎ、人様のご自宅のリビングで全裸になりました。
 「ほ、ほら。先生脱いだんだから。約束約束。」
 私はノブユキ君のズボンと下着を、下ろしました。

 すると、華奢な体に似合わない太く、赤紫の肉が。パンパンに怒張してます。すこし擦ると、ノブユキ君、女の子のような声を出しました。
 「気持ちいいの?ノブユキ君?」

 彼も裸にして、私は我慢出来ず、咥えました。とても熱く、生臭く、興奮しました。両手と口を使ってすぐにイカせました。もちろん、唇も奪いました。

  

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):26  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44527/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用