山でカップルに遭遇。 (露出の体験談) 5837回

2020/03/17 13:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 某山へ露出をしに行きました。

 山といっても、本格的なところではなく、割りと平坦な感じ。平日なので他に人もいません。

 駐車場から歩いて20分、我慢出来ず全裸になりました。
 以前は荷物を持って歩きましたが、最近は手ぶらで本当に生まれたままの姿です。

 他人から見れば恥女でしょうが、こうしてるとこれが本来の動物の姿のような気がしてきます。

 しばらく歩いてると、突然声をかけられ驚きました。若いカップルでした。

 「うわっ、びっくりしたっ。だ、大丈夫ですか?服、どうしたのですか?」
 「あ、ああ。えーと……。」
 「事故や事件……?」
 「い、いや、あの趣味……。趣味で裸でうろうろしてました。」
 両手で胸と股間を隠しながら、明らかに年下の二人に説明しました。

 「あの、いわゆる露出狂ですか?」
 「……はい。」
 「えー、初めて見ました。信じられない、こんな綺麗な人が?今も興奮してるんですか?」
 「は、はい……。」
 「マー君あんまり見ちゃダメ。」
 「でも、すごい巨乳。ウエスト細いし。」
 「本当。お姉さん、何歳なんですか?」
 「25才です。」
 「マー君、触らしてもらおうよ。私、貧乳だし。お姉さんも感じるんでしょ。」
 女の子が私のおっぱいを触ってきました。

 「あ、あ、い、いや……。」
 「ちょっと、優ちゃん……。」
 「平気よ。すごく柔らかい!お姉さん警察行くわけないし。ホラホラ、バンザイして。」
 「モデルみたいなプロポーション……。」
 「お姉さん、ここ、びしょびしょだよ。やっぱり変態ですね。」
 優ちゃんという子が私の身体を愛撫するように、触ってきます。
 「マー君、もっとお姉さん気持ちよくさせようよ。」

 マー君と優ちゃんのカップルも全裸になりました。二人は(おそらく)未成年。まだ、少年少女の面影のある身体でした。
 私は優ちゃんという子の性器を舐め、バックでマー君に面白半分に突かれました。
 自然の中で、獣のように犯されたい願望が私にはあったので、イキまくりました。
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):1  (・A・):47  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44528/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用