勇者アバ。 (オリジナルフィクション) 2344回

2020/04/09 18:58┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 勇者アバは魔王を倒すべく旅をしていました。途中、女剣士サーラ、戦士ガルフ、魔道士ロッドを仲間にしました。
 アバたちは南下してカルフォの海に到着しました。

 「やっと着いた。地図通りだね、みんな。」
 「うむ。」
 「これが海……。初めて見るわ、私……。広い、広すぎる!」
 サーラは初めての海で興奮してました。 
 「アバ、我慢できない!私、泳ぐっ!」
 サーラは剣や防具、衣服に下着も脱ぎ、生まれたままの姿で海に駆け出しました。
 サーラは21才。大きな乳房とお尻をプルプル揺らして海に入りました。アバは女性の裸体を初めて見ました。

 「おーい、アバたちも入ろうよっ。気持ちいいよ。」
 「う、うん。は、入るよ。」
 アバも装備を外し全裸で海に入りました。アバも激しい戦いを忘れ、子供のようにサーラと遊びました。

 「もしかしてアバ、女の裸見るの初めてか?」
 「……。うん。」
 「そうか、そうなのか。ほら、触って見ろ。柔らかいぞ。」
 サーラはアバの手を乳房に押し付けました。
 「や、柔らかい……。」
 「ついでに抜いてあげるよ。いつも助けてくれてるお礼。」
 サーラはアバの固くなった性器を擦りました。
 「気持ちいい?私の身体、もっといじっていいよ。」
 立ったまま二人はお互いの身体を刺激しあいました。
 「アバ、私、欲しくなってきた……。はしたないけどここで……。アバのこれ、挿れて……。」
 砂浜で立ったまま二人は繋がりました。
 「ああっ、こんなところで……。あっ、い、いくっ、アバ、いっちゃうっ!」
 サーラが達したと同時にアバも射精し、大量の精液が膣からドボドボと溢れでました。 

 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):5  (・A・):26  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44555/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用