勇者マイン、挿入。 (オリジナルフィクション) 1291回

2020/04/27 14:20┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 「とりあえず、町に行こう、マイン。」
 「うん。」
 魔法で男性器が生えたマインはウィンと共に町に向かった。 
 「ウィン、もっとゆっくり。私、歩きにくいの。あれが擦れて……。」
 「マイン、また勃起してるの?さっき射精したのに?」
 「そういう呪文の力なのよ、きっと。」
 「また、ヌクからマイン、おちんちん出して。」
 「ありがと、ウィン。」
 川の近くでマインは防具を外し、生えてしまった男性器を露出させました。やはり勃起してました。

 ウィンはそれを見るとゴクリと生つばを飲み込みました。 
 「さっきからマインだけ気持ちよくなって……。マイン、私も少しは気持ちよくして。」
 ウィンも衣服を脱ぎ、裸になりました。マインより小柄で小振りな胸と薄い陰毛のウィン。二人はお日様の下で、お互いの性器を魔法舐め合いました。
 「ウィン、気持ちいい?」
 「う、うん。い、いいよ、マイン。マインのちんちん美味しい。」
 「あっ、ダメ。女同志でこんなことしたら……。で、でも気持ちいいっ!」
 ウィンは立ち上がり、樹木を抱くようにして、マインにピンク色の女性そのものを向けました。
 「マイン、い、挿れて……。は、早く……。」
 マインはウィンの細い腰を持ちトロトロの性器に挿入しました。
 「マ、マインのっ!気持ちいいっ!はあ、い、イクっっ!」


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):12  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44582/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用