イタリア旅はパラダイス (逆レイプ体験談) 4154回

2020/06/07 04:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
僕と彼女でイタリア旅行をした時のお話です。
僕(浩二24才)と彼女(舞22才)は
成田から飛行機に乗ると
3席ある窓際の席にイタリア人らしき
綺麗な女性が座っていた。二十歳くらいだろうか。
僕よりは年下に見える。
軽く会釈をして座るとハァイ♪と
明るい笑顔で手をあげる。
片言の英語で軽いトークをすると
名前はサーラ18才で一人旅の帰りらしい。
まあ何事も無く離陸した訳だが
何やら舞が固まっている。
どうやら飛行機が苦手らしい。
童顔のはずの舞の顔が終始
鬼の形相になっている。
ほっぺをプニプニして和ませるも
効果無し。それじゃあと舞の巨乳を
揉んでみるも無反応。
乳首付近を重点的に攻めると
ようやく真顔になり、手をはね除けた。
サーラはクスッと笑い
自分の胸をつきだしカモンみたいな
ジェスチャーをしている。
僕は両手を振りノーノーみたいな
ジェスチャーをしたが
そのつきだした胸に見える突起、
間違いなくノーブラですよね。
舞が見てなかったら頂いていたかも。
とにかくノリの良い美人さんみたいです。
しばらくすると舞は怖いから寝ると言い
アイマスクとヘッドホンをつけ寝た。
怖くても寝れるんだねと不思議に思う。
時間も深夜なんで周りの人たちも大半が
寝ていて機内も薄暗い。僕もいつしか寝ていた。
・・・なんか気持ちいい・・・
ふと目覚めた、瞼を開くと視界に映ったのは
サーラが僕のちん◯を咥えている。
起きた僕に気付き、フェラチオしながら
手をあげる彼女。
僕は彼女に身を委ねるように快感を楽しむ。
舞は熟睡しているようで起きそうにない。
サーラはふたたび胸をつきだし、
ノーブラのおっぱいをアピールする。
今の僕に止める理由などありません。
僕は一気に服の中に手を入れ、
生乳と乳首を揉みまくる。
舞の柔らかい巨乳に慣れていた僕は
サーラの弾力のあるチッパイは
とても新鮮ですぐにでも脱がして舐めたい。
僕たちは舞に気付かれないように
そっと席を離れ、トイレに向かった。
トイレに入るとすぐに服をたくし上げ
チッパイにしゃぶりつく。
サーラは僕のパンツを下ろし
自分のパンツも下ろした。
そして僕のちん◯をシゴきながら
自分のまん◯に指を入れている。
僕はサーラの片足を持ち上げ
欲望のままに挿入する。
静かに素早く奥まで突く。
サーラはハンカチを咥え
必死に声を出さないように耐える。
僕がイキそうになると
サーラの膣内は痙攣をし、
ガクッと力が抜けた感じがした。
どうやらイッたらしい。
そんな時に僕は一気に加速し
奥の壁まで突き上げる。
油断していたサーラは
大きな声を上げて感じた。
僕も勢いでサーラの口に
ちん◯を入れ、口内射精した。
僕たちは何事もなかったように
席に戻りまたぎこちない会話をした。
サーラ曰く日本人のちん◯は
固くて気持ちいいらしい。
イタリア人女性は日本人と
セックスしたい人が多いと言う。
サーラもそれを楽しみに来日し、
一週間で5人とセックスしたそうだ。
僕は6人目だそうです。
そんな会話をしながらお互いの
股間を触り合う。
着陸前にはもう一度トイレでセックスしました。
楽しいイタリア旅行の始まりの話です。





出典:なし
リンク:なし
  投票  (・∀・):5  (・A・):7  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44635/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用