松の木の下で。 (露出の体験談) 2383回

2020/07/15 17:30┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 彼女のチカちゃんと海水浴へ行きました。

 夕方になり、そろそろ帰ろうか……。という頃になりました。
 「チカちゃん、更衣室じゃなくて外で着替えよっか。」
 「えー?外で。いいけど……。」松の木の下に移動しました。
 「チカちゃん、できたらタオル使わずに着替えて……。」
 「えっ?外で裸になるの?恥ずかしいよ。」
 「一生のお願いっ!」
 「しょうがないなぁ。タカ君って変態だよね。」
 
 チカちゃんは21才。バレーボールをしていてスラッとした美人です。

 「まあ、タオル巻いてって難しいんだけどね。」少し恥ずかしそうにワンピース水着を脱ぎ、全裸になりました。
 「チカちゃんっ。できるだけそのままで……。」
 「恥ずかしいよ。人がみてるし。」とタオルを巻き付けました。僕はすっかり勃起してました。
 「チカちゃん、ちょっと治まらないよ。」彼女の後ろから抱きつきました。
 「ええっ?ここでするの?まだ明るいよ。」
 「すぐ終わるから。」自分の水着を下ろし、チカちゃんのタオルを剥ぎ取りました。おっぱいを揉みつつ、バックで挿入しました。チカちゃんは松の木に持たれながら、感じてました。僕も数分で達してしまいました。

 

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44699/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用