無防備妻シリーズ1 (寝取られ体験談) 5264回

2020/09/13 23:11┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
無防備な妻はみんなのオモチャ

私の妻は恐ろしい程無防備です。今はその無防備を自分は楽しんでいます。それまでの体験を今から告白します。
私がその無防備さに気づいたのは、今年の6月20日のある出来事からです。私は元々胸ちらとかが好きで、よくデパートとか行ったら子供を世話している無防備な人妻に近づいては胸ちらやパンチラを拝んでました。
しかしまさか自分の妻が自分みたいな変態達にのぞかれ痴漢されているとはそれまで思ってもいませんでした。
あれは6月20日の日曜日で、その日はとても暑かったので自分は妻と子供と3人でXXXの森公園に遊びに行きました。しばらく遊んだ後、子供が池の方で遊びたいと言ったので、妻と子供は池の方に遊びに行き、自分はすこしブラブラしながら子供と遊んでいる人妻の胸
元を見たりと楽しんでました。
しばらくして池のほうに行き妻達を探していると、あまり人はいないのに、ある一角だけ人だかりができているのでそこへ行きました。男が15人くらいと子供が何人かいて、その中心の方を見ると妻と子供がいました。
私は妻の方に近づこうとした時妻の格好を見て驚き立ち止まりました。元々妻は子供を産んでから激ヤセしたので、Tシャツはいつもブカブカで肩からズリ落ちそうなくらいの物を着ており、しかもその日は暑かったのでいつもはいているきつめの短パンでした。
その格好はすごいもので、他の子供達と草で作った船を浮かべて遊んでいるらしく屈んだ状態になっており、胸元からはブラやそこからこぼれているオッパイ(激ヤセしたため元々EカップだったのがCカップになったため)、乳首、更にはオッパイの下のお腹の下のシワに
なっている部分まで丸見えになってました。
自分は今までこんなにすごい胸ちらを見たことはありません。ある意味上半身裸になっているようなくらいでした。私は恥ずかしくなり妻の方へ行こうとした時、更に驚きました。なんとまわりの男達の視線はあきらかに妻の胸元にいっているのです。15人くらいの男達が集まっているのは、子供達を見るためでなくあきらかに妻をみるために集まってきているらしく、見ているどころか露骨に上からのぞいています。私はパニックになりその場で動けなくなりました。しばらくすると妻が気づかないせいか男達は更に大胆になり、子供と遊ぶふりしながら妻に近寄り、妻の胸元から30cmくらいのところまで顔を近つ゛けてのぞきこんでます。私は何よりもそれに気づかない妻にびっくりしました。
男達の中でも若い4人組(20才ぐらい)は特に大胆で、妻の1m以内を占領し順番に覗きこんでます、そのうち2人が妻の後ろにまわり屈んで見上げているので何をしているのかと思っていると、妻が反対を向いた時それが分かりました。
妻は短パン(すごいキツメの)をはいて屈んでいるので大きいお尻に短パンがすごい食い込んだ状態になっており、パンツはモロはみだし、更にはお尻の肉まではみだしている格好です。
男達は屈んではそれを覗いているのです。はそれに気づかないない妻の様子に頭の中が真っ白になりその場をちょっと離れ立ち止まってました。
しばらくすると妻達は池を上がり、向こうへ行きました。すると男達もその場から離れていきました。4人の若い男達が私の側を通りすぎていく時会話が聞こえました。 男4人(すごかったのー、モロ見え、俺何回かお尻さわったけどぜんぜん気づかんだぞー、まじでー
、もっかいみてー、やめとけよー)信じられない会話です。
4人の会話を聞き、私はしばらく呆然としていました。
そしてしばらくして私は妻達を探しました。すると妻達は公園の奥の砂場で遊んでいました。そこは公園でも薄暗くていつもあまり人のいない場所で、妻と子供だけしかいなく私はホッと安心しました。
私は妻達の側に行き、あらためて妻の砂遊びをしている格好をみました。その格好はすごいもので、ただ座って砂遊びをしているだけなのに、上から覗かないまでもブラやオッパイ、たまに乳首まで丸見えで、右手で砂を掘る時なんか、何度も開きすぎの胸元から右側のオッパイがポロリとこぼれてる状態で、それでも妻は気にせず砂を掘っています。開いて座っている股の部分なんかもっとすごいことになっていて、短パンは食い込みヒモみたいな状態になっており、ほとんどパンツが見えている状態になっています。更には左足のひざを胸に付けた格好になったときなんかパンツの左側からあきらかに毛とアソコの端の部分が見えていました。今まで妻がいつもそんな格好をしているのに気付かなかった私はアホです。妻を女として今までみていなかったのでしょう。私は妻に言いました。 自分(お前達池の方におったろー、何かあったかー) 妻(あーパパー、何もなかったよー、どうしたん。) やっぱり妻は男達に覗きまくられ、かるく痴漢された事に気付いていない様子でした。
私は頭が痛くなり妻にいいました。 自分(お前胸元開きすぎやぞー、ちょっと注意せいやー) 妻(ほんとけー、わかったわー)まったく気にしてない様子です。
しばらくして妻が言いました(お腹すいたー、でもXXちゃんまだ遊びたいゆっとるしパパコンビニで弁当かってきてー)。私は躊躇しましたがこの場所はあまり人は来ないと思ったので買いにいきました。
30分くらいして私は戻りました。時間も覚えてます確か1時15分頃でした。私は妻達のところへ戻りました。するとなんとさっきの若い4人組の男達が(2人増え6人になってました)妻達と一緒に砂遊びをしているので私はビックリしました。私は(しまったー)と思いながらも5mはなれた木陰で立ち止まりその一部始終を見てしまっつたのです。
妻達と男達は一緒に砂の山を作っており、妻の格好はやはりすごい事になっていて胸元からは右側の胸が完全にこぼれている状態で、男達はニヤニヤしながら覗いています。妻はまったくそれを気にしていない様子です。
そういえば昔妻の母親がよく言ってました(この子はいつも恥ずかしいと思わん子でー、小学校の時なんかいつも平気で男の子の前で着替えとってー私先生によく呼び出されたことあるんよー、ハハハー)その時いつも母親と爆笑していました。でも今は笑えません。妻は大学もでて私より頭がよく看護婦をしており、会話も普通にするし普通の女性です。かといって露出とか好きなスケベな女かといえばそうでもありません。ミニスカートすら1枚持っていません。でもその時はわからなかったがこの1ケ月妻を観察して分かりました。
妻は普通の女性ですが、羞恥心というものが人間的に欠落しているのです。だから他人に裸を見られても恥ずかしいと思わないし、お尻や胸を他人にさわられたり揉まれたりしても肩が少しふれた程度にしか思わないのです。これは本当です。(後々お話します。)
話を戻します。しばらくして大きい山が出来上がりました。すると男の内の一人がいいました。 男C(ボクちゃんよかったねー、大きい山だねー) 男A(これだけ大きいとトンネルがほしいねー) 男E(ボク作りなよー) 子供(こんなでっかいのボクでっけん、ママうまいよー、ママ作ってー) 男F(へーそうなんだー、じゃあママさん掘ってー) 男B(ママさんがんばれー) 男A(姉さんファイトー) すると妻は(じゃあー、やってみる)と言いなんとその格好でトンネルを掘り始めました。男達は下心まるみえです。
妻が四つんばになりトンネルを掘り始めると、男達は全員妻の後ろにまわり屈んで妻のお尻に顔を近付け覗き始めました。しばらくして妻の体がトンネルに肩ぐらいまではいると、Tシャツは下からめくれ胸が両方とも完全に丸見えの状態になってしまいました。更にビックリしたのは男達が妻に(ガンバレー)といいながら、さりげなく順番に妻のお尻にタッチしているのです。妻はそれもまったく気にせず一命懸命トンネルを掘っています。
そのうちその妻の反応を見てか男達は大胆にお尻をさわりだし、そのうち3人の男達がニヤニヤしながら妻のお尻に手の平をあてさすりはじめました。そのうちトンネルだいぶん進んだところで妻が言いました(あとちょっとやけどつらいわー)すると 子供(ママガンバレー) 男C(ママちゃんがんばれー) 男D(あとすっこしー、あとすっこしー) 男A(じゃあーママさん、僕達で体ささえてあげようかー)すると妻は言いました(うん、お願い)信じられない発言です。すると男達は我先にと妻の体をささえはじめ(さわりはじめ)12本の手が妻のお尻、胸、股間とまさぐり始めました。そのうち男達はもっと大胆になり妻のCカップのちょっとたれ気味の胸を両方ともブラから露出させ、まるで牛の乳絞りの様に手を伸ばし順番揉みはじめました。それでも妻は普通の声で(ありがとー)と言ってます。後ろの方では2人の男が左右に分かれ妻のお尻を半分ずつ揉みしだいてます。そのうち左側の男が妻の短パンをずらしアソコを揉みはじめ、更にはパンツをずらしお尻の穴とアソコの穴を丸見えにさせました。
四つんばで背中をそらし足を開いているので、お尻の穴もさらにはアソコなんかはビラビラがひろがりその中の穴まで丸見えになっているのが自分の方からでも分かりました。すると男達は6人ともそこに集まり妻のアソコに10cmくらいまで顔を近付け声を殺し(すげー)と言いながらアソコの穴の奥を上から覗き始め。男の一人が(ダメ、やりてー)と言ったと同時に妻が(やったー、かんつうした)と言いました。
私は妻の声を聞いて我にかえり(どうやー)と声をかけると男達は急いで逃げて行きました。私が妻のところへ近付くと何もなかった様に妻は(おかえりー、あれお兄ちゃんたちは、おらんぜー)と言いました。
これは本当の話で場所は、XXの森公園、6月20日、日曜日、11時から2時までの
出来事です。

妻の普通でない無防備さとまわりの男達の態度には、今思えば思い当たるふしがいくらかあります。
1.結婚してからというもの、自分の友達が毎週のように異常なくらい遊びにきて、私が帰る前に家に来ては妻たちと遊んでます。もしかしたら妻を視姦するためにきているのかもしれません。
2.勤務している病院では、医者や薬屋の男達にしつこいくらい飲みに誘われており、めったには行かないが、今年の4月花見に行ってベロベロになって朝がた頃帰ってきた時すごい格好をしていました。上のブラウスの下はノーブラで、下のスカートは反対にはいており、次の日私は妻に (どうやったー、楽しかったかー)と聞くと妻は (外来の飲み会やからー、医者はんと薬屋の男どもが10人ぐらいおって、女は私と事務のXXさんだけで、ずーっとXXさんと話しとったわー、でもXXさんいつのまにか帰ってしもとって、その後はぜーんぜん覚えとらんわー、どっかで転んだんか胸とお尻だけいたいわーハハハー)私は(バカやのーお前ー)と言いました。でもバカは自分です。今考えるとXXさんが帰ってから夜中の3時まで何をされてたのか。男達にずーっと体を揉まれまくっていたんじゃないだろうか。3.5月22日の同窓会に行った時もそうです。その時も帰ってきた時はすごい格好をしていて、ブラウスの下に着ているはずのタンクトップはなぜかカバンの中につっこまれており、スカートとブラウスにはハミガキ粉みたいな汚れが何ヶ所も付いており、私は(お前また吐いてきたんかー、きたねー)と言ってました。次の日の朝、妻はまた何も覚えておらず(何でかしらんけど、飲みすぎたんかオシッコしたらアソコとお尻の穴痛いわー)と言っていたのを思いだします。
その同窓会は高校のクラブの同窓会で、同窓会のくせに毎月案内状がきており、妻は2年ぶりに今回行ったのです。
私はふと妻が昔そのクラブについて(何もせん男ばかりでー同好会みたいやったー)と言っていたの思い出し、妻のアルバムを見ていると2年前の同窓会の写真が見つかりました。その写真は15人写っているが女は妻1人だけでとは全員男でした。私の想像が本当ならおそろしすぎます。4.そういえばSEXの時の妻の反応もあまりなく、やっている時も寝てしまうこともしょっちゅうで、その後何もしても起きません。

妻は見た目本当に普通の女性で、普通の会話をするし、病院では若くして主任になっているし、私よりまともです。でもやっぱり人間としての羞恥心を普通の人の何十分の一ももっておらず(調べたら何千分の一の確率で男性でも女性でもその様な人はいるそうです)、しかも不感症で何をされても感じないのです。私はそれにくやしくも興奮してしまっている人間です。
その出来事の後何もなかったかの様に1週間が過ぎていきました。
6月26日土曜日、早めに仕事が終わった自分は妻達と銭湯に行きました。
銭湯から上がりしばらく子供と待っていると、しばらくして妻も上がってきました。
今日の妻の格好は、薄手の白のニット製のワンピースで、いつも昔からちょっと出かけるときはいつもよくその格好をしています。でもあらためてその格好を見ているとすごいものです。胸元はブラの上の部分見えるくらいだし、下も膝が見えるくらいで、あらためて見てみてドキッとしました。しかも白っぽいワンピースなので普通に立っているだけでもブラとパンツが透けまくっているのが分かります。たぶん普通なら下にTシャツとかスリップとかしっかり着てはくようなワンピースなんでしょう。でも妻はブラとパンツにそのまま着ているだけで、平気な顔をしています。いつもこの格好でスーパーや公園に行っていたなんて信じられません。自分達の座っているところに妻が(ごめん、まったー?)と言いながら来て、しばらくジュースを飲んだ後、そこで前屈みになり自分達の服の入っているカバンを整理し始めました。その格好はもうすごいもので胸元はポッカリ子供が入れるくらい開き、胸元からなのにオッパイどころかパンツとふとももまで見えています。しばらく自分が見ていると視線を感じたので、ふりかえるとフロ上がりのおっさんが自分の後ろから覗いていました。あわてて自分は妻に(邪魔やから後ろ向いてやれよ)といいました。次の瞬間そう言った自分を後悔しました。なんと後ろ姿のほうがすごい格好で、屈んでいるのでスカートはずり上がりパンツの下の部分がモロ見えているし、ワンピースが貼り付いているので、普通でも透けているのにパンツのピンク色どころかその模様や形、背中の背骨やあばら骨、ホクロまで透けていました。
こりゃもう帰ろうと思ったところで、こわもての男が2人、自分がいるのにもかかわらず、妻の前と後ろの自分の横に座り上と下から覗き始めました。私はどうしようかと思いながら妻を急がせて銭湯を出ました。

その後いつも行く8号線のレンタルビデオ屋へ行きました。
ビデオ屋に入りいつもならアニメコーナーへ向かう妻達をほっといて、すぐ自分はアダルトコーナーにいくのだけれど、その日は妻が気になったので、となりのCDコーナーに行き隙間から様子を見ていました。
妻はやっぱり無防備で座ってビデオを選ぶ時も、屈んでビデオを選ぶ時もパンツや胸が丸見えで、自分の方からもはっきりと分かります。さらには手を伸ばして高いところのビデオをとる時でさえもスカートがずり上がりパンツが見えてしまっている状態です。
しばらくすると、どう見てもちびっこアニメを見そうにない30才ぐらいの男が妻の2mぐらい離れたところに立ちチラチラ妻を見始めました。最初はそこから時おり妻を見ているみたかったが、そのうちだんだん近付き大胆に見るようになってきました。さらには座っている妻の横に立ちビデオを選ぶふりして胸元を覗いている様子です。
妻の方はあいかわらず無反応で、そのせいか男はもっと大胆になり妻の頭の上まで顔を近付け覗き込むように見始めました。
そのうち妻が立ち上がり今度は屈んでビデオを見始めると、反対側のビデオを座って選ぶふりしてスカートの中を覗き始めました。そのうちスカートの中に顔を半分突っ込んで覗いているしまつです。しばらくそうしていると子供が2人きたので男は急いでその場を離れどこかへ行ってしまいました。
私はその後アダルトコーナーへいきしばらくしてから妻達のところへ戻りました。
するとまたさっきの男がいて、また覗いているのかと思い見ていると、今度は妻の後ろを行ったり来たりと分けのわからない行動をとっていました。何しとるんやーと思いしばらく見ていると、その男の行動の理由が分かりました。
男は妻の後ろを通りすぎる際、妻のお尻に手の甲を押し当て痴漢しているみたいでした。ちょうどそこのアニメコーナーは通路が狭く、さらに妻はが前屈みになりお尻を突き出している状態になっているので、男は手や股間を妻のお尻に押し付けながら通りすぎている様子です。
あいかわらず妻は無反応で(普通の人ならビックリして逃げているはずです)子供と夢中にビデオを選んでいます。その様子を見てか男はやはり大胆になりそのうち手の平でさわるようになり、何回か繰り返した後さらには両手でお尻を持ち上げるようにさわり通りすぎるようになりました。
妻のほうはあいかわらず無反応で、逆に男が妻のお尻をつかんだ時、妻はぶつかったと思ったのか(すいませんー)と謝ってました。男はそのせいかさらに調子にのり、通りすぎる時妻のお尻を両手で持ち上げ、通りすぎずにそのままその状態で立ち止まり、しばらくお尻に手を当てた状態でじっとしていました。それでも妻が振り返らないので、そのまま両手を動かしさすったり、揉んだりし始め、さらにスカートを捲り上げパンツを丸出しにさせパンツの上からさすり始めました。それでも妻は何も言わないのでエスカレートし、アソコを揉んだり、顔を近付けにおいを嗅いだりして、さらにはとうとう自分の物を取り出しこすり付けたりやりたい放題やっています。自分はもう限界になりもう出て行こうとした時、男は急に
動かなくなったかと思うと、急いで自分の物をしまい妻のスカート戻し逃げる様に離れて行きました。私はもしやと思い妻のところへ行き見てみると、案のじょう白いものがたっぷりと妻のふとももをつたって落ちてきているのがみえました。

7月11日日曜日フリマ、うちの妻は年に2回程フリーマーケットに出店していて、いらない子供服とかを集めては出店しています。自分は休みの日に仕事みたいな事をするのが嫌いだったので手伝わず、いつも妻の妹が手伝っていました。しかし今回は妻が気になったのであえて妹の手伝いをことわり自分は参加しまそた。
朝出かける前今日はどんなかっこうをするかなーと見ていると、ジーパンは洗濯しているらしく、なんと例のワンピースを着ているじゃないですか。ただでさえフリマでは座ったりするのに信じられません。しかし私はそれに何も注意せず出かけることにしました。
そして会場に着き2人で服をならび始め、私は服をならべながら当然妻をチェックしました。胸、乳首、パンツあいかわらず見えてます。
そしていよいよフリマが始まり最初はあまり人がいなかったが、だんだん昼になるにつれてすごい人手でにぎわうようになりました。人が増えてくるにつれて自分達の方にも人が来るようになりました。自分は何よりもお客の視線に注意を払っていると、カップルとかの男達はやっぱり妻のほうをチラチラ見ているみたいで、しかし自分が横に座っているせいか大胆には見る人はいませんでした。
しばらくして私は自分のいない状態の妻が見たくなったので(俺ちょっとブラついてくるわー)と言い妻の元から離れました。
そしてしばらくブラブラしてからもどってみました。すると10人ぐらい人が集まって繁盛しています。案のじょうお客の顔ぶれを見るとほとんど男で、私はお客の後ろの方で少し様子をみることにしました。
やっぱり妻の格好はすごいことになっており、四つんばになり一生懸命に接客していて、胸元は全開で男達はベビー服を選ぶふりして覗いています。そのうちお客の1人が1番前にある商品に(これ名札ついてるのとってやー)言いました。すると妻は商品を踏まないように前に出ていき、名札をピンでほどき始めました。ところがなかなかほどけず、すると妻はなんとその場にうんこ座りの形で座り込み名札をほどき始めました。当然スカートのままでそんな格好をすればパンツは丸見えになり、しかも商品を踏まないように足を広げている状態で座っているので部分的どころか完全に丸見えで、白のパンツに黒く毛が透けているのもハッキリわかりました。男達は当然ビックリしたように目を大きく開いている様子です。そのうち客達は妻を囲むように集まり、そして妻の前に顔を並べわざとらしく(なかなかほどけんねー)とか(それいくらー)とか言いながらじっくり覗き始めました。
その後もお客達は妻に四つんばで後ろ向きでスカートがめくれている状態で物を取らせたり、もっと足をひろげさせたり、胸元から胸がこぼれてしまう体勢にさせたり、いろんな格好にしてオモチャにしていました。これはもうフリマという名のヌードショーみたいなものでしたが私はくやしくなる気持ちと裏腹にすごい興奮の気持ちになっていき、(今度ノーパンでやったらどうなるんかなー)と考えてしまいました。
7月18日、日曜日プール
私達は妻の実家に遊びに行くついでにX山県のXX山プールというところに遊びに行きました。
この頃から自分は少しずつ妻に計画的にイタズラするようになり、この時も妻の水着の上のパットの部分と下のサポーターの部分をとりはずしわざと透けるように細工しました。
そしてプールに到着して、妻は子供をつれて一応更衣室に着替えにいき、そして着替えて戻ってきました。
私は妻の姿を見て(やりすぎたー)とおもいました。なぜならただでさえクリーム色の薄手の水着で透けやすいタイプなのに、パットとサポーターをとってしまっているため黒い乳首はくっきり浮き出ているし、下の方も毛が透けているのがはっきり分かります。これで水に入ったらどうなってしまうのか、私はちょっとやりすぎを後悔し妻を引き止めようとしましたが、妻は(ひさしぶりに着るから、なんかしっくりこんわー)と言いながら子供を連れて階段を下りていってしまいました。
私は急いで妻達について階段を下りていきました。私はその時さらに後悔しました、なぜなら平日ならまだしも今日は日曜日なのであたり一面人だらけです。私はドキドキしながら妻達についていきました。
やっぱり妻とすれ違うたびに男達はビックリしたような目をして見ています。さすがに私は人のいないウォータースライダーの下のほうに行き妻に文句を言われながらもそこを休憩場にしました。

そして妻はすぐ子供を連れて流れるプールに入りに行きました。私は急いで後をついていき妻達を見失わないようにプールに入りました。
しばらくそのプールを2周くらいまわった後、妻は子供を自分にまかせプールから上がってしまいました。当然プールから上がった妻の透けぐあいはひどいもので、張り付いた水着に黒い乳首はさらにくっきり透け、乳輪のポツポツした毛穴までわかるくらいで、下のほうも当然毛の生えてる方向や形までくっきり透けているのです。
しかし妻は気にせずそのままプールから上がりトイレに向かって行きました。
そして妻が上がると同時に、プールに入ろうとしていた3人組の高校生ぐらいのガキ達が、妻のその姿を見たせいかプールに入らず、ニヤニヤしながら妻の後をついていくのがわかりました。私は子供がプールから出たがらないので、後をついていくことができず遠くから見ているしかできずくやしい気持ちでした。ガキ達はしつこいくらい妻のまわりをウロチョロしているのが遠くでもわかりました。
その後休憩になったので妻のほうに戻ると、さっきのガキ達がまだ妻の前でニヤニヤしながら見ていました。しかし私がそこへ行くとあわててそこから離れて行き、私はちょっとまずいなーと思い妻に(もう帰ろうかー)と言うと妻は(どうして、来たばっかりやん、あんたどっか具会悪いんけー)とまったく自分が透けていることに気付いていません。
そして妻と話合った結果あと1時間だけプールにいることになりました。妻に透けていることを指摘してもいつもと同じで、さらに妻はプールが大好きなので私はもうあきらめるしかなく、妻と子供がプールに行くというのも追いかけず、しばらく休憩場で休んでいました。
そして15分くらいして様子を見にいきました。

妻達が入りにいったプールは波のプールで、そこは特に人がいっぱいで妻達がどこにいるのか分からず、しばらくすると右側のけっこう深そうなところで浮き輪をして浮かんでいるのが分かりました。
私はそれを確認してまた戻ろうとしましたが、ふと振り返りもう一度よくよく見てみると、なんとさっきのガキ達が妻のすぐ後ろにいるのがわかりました。
ガキ達は人数が増え7人ぐらいいて、全員ゴーグルをつけており、見ていると何度も水の中に潜っては妻の近くを行ったり来たりして体を見ているみたいでした。私は(ほらー、やっぱり)と思いながらも、またいけない気持ちになってしまいしばらく様子を見てしまいました。
しばらくするとそのうちアナウンスがなり(波のプールでは波がおこります)とアナウンスが入りました。するとプールにはさらに人が集まり芋の子を洗うような状態になり、ガキ達はさらに妻を囲むように密着し始めました。私はとうとうたまりかねてTシャツをその場に脱ぎ捨て誰のか分からない置いてあったゴーグルを拝借して急いでその場に向かいました。
そして妻達の3mぐらい後ろで心配な気持ちを押さえながら見ていました。ガキ達はさらに妻に密着しており何度も潜っては覗いています。そしてそのうち波がおこり始めると、さらにガキ達は波にまかせて妻にぶつかってるみたいな感じだったので、私はもっと近より潜って見てみました。するとやっぱりガキ達は妻の体にタッチしていました。ガキ達は波のせいで妻にぶつかるふりして妻の体のあちこちにタッチしているのです。
私は頭にきましたが、また興奮のほうが勝ってしまい様子を見てしまいました。
妻はあいかわらずで子供とキャーキャー言いながら笑っており、ガキ達にはまったく気付いていない様子なので、当然ガキ達はさらに調子にのり、体をさらに密着させ妻の体をさわりはじめました。
水の中に潜って見てみるとすごい光景なっており、何十本もの手が妻の体に伸びておりアチコチさわりまくっています。飢えたガキ達はデリカシーがないのか、遠慮がないのか、さわるというよりも奪い合うように妻の肉を掴みまくっているような感じで、一つの乳房に4本ぐらいの手が伸び引っ張り合うように揉んでいます。そのうち2人のガキが自分のところにちょっと後退した時会話が聞こえました(このオバハン頭よえーんやぜ、すげーなー)、私はぶん殴ってやろうかと思いましたがこらえました。
そしてそのうちガキ達は水着の中に手を入れるようになり、妻の乳を水着の中から引っ張り出し、生のままでちぎるように揉み乳首を引っ張ったりしています。
そのうち妻が(いたーい、何けー)とガキの1人に言ったので、水の中に潜り見てみると、そのクソガキは妻のアソコにずっぽりと指を入れてました。そのガキはあたふたしながら(すいません、おぼれそうになったんでー)とわけの分からないことを言うと妻も(え、本当大丈夫けー)と逆にガキを心配してあげてます。・・・あいかわらずです。
そのうち波も終わり妻達は流れるプールに行きましたが、ガキ達も当然ついていき、流れるプールのトンネルに入っては妻の体をみんなで痴漢し、それを繰り返してました。
また来年行ってみたいです。

7月21日水曜日、今日は妻は先日休日出勤した代休で休みでした。
私はめずらしく妻に今日はどこへ行くのかと聞くと、妻は昼頃いつもの公園に行くと言いました。
私は気になりながら仕事へ行き、しかしやっぱり気になるので昼に会社を抜け出し公園に妻達を見に行きました。
今日は天気が悪く雨もポツポツとたまに降るくらいなので人はあまり来ていませんでした。妻達も行くのをやめたのかなーと思い妻に携帯をかけようとしたところ、芝生の奥のほうでポツンと妻達がおりボール遊びをしているのが見えました。
妻はあいかわらずで普通なら公園とかに遊びに来る場合はみんなジーパンとかはいてくるのに、妻は例のワンピースを着ており、当然下はブラジャーとパンツしか着けていないのが、遠目で見てもそれが透けて分かりました。
芝生のまわりは天気が悪いせいか妻達しかおらず、誰も覗くような人もいないみたいなので、私はホッとしたような残念のような微妙な気持ちになりながら、会社に戻ろうかなーと自動販売機のほうへ行きました。
そしてジュースを買って帰ろうと思い販売機にお金を入れたとき、自動販売機の後ろのほうで会話が聞こえたのでチラッと見ると、若い大学生くらいの男が3人座って話をしていました。私は別に気にしないでそのままジュースを持って10mほど歩きましたが、もう一度戻りその男達の顔をしっかり見ました。
顔に見覚えがあります、先日砂場で妻にいたずらした男達です。
私は(これはやばいなー)と思い急いで妻達のところへ行こうとしました。するとちょうど携帯に大事なお客さんからの着信が入ったので、足を止めそれに対応しました。
すると男の一人がジュースを買いにきて、自販機のボタンを押した時に妻を見つけてしまったのです。
男A(よーよー、あの女の人ってこの前のネエさんじゃねえかー)男B(えっ、この前ってー、あのへんなオバハン?)
男C(ウッソー)
男C(あっ、ほんまや)
男A(ラッキー)
と言うと男達は買ったジュースも取らず妻達のところへ向かって行きました。

私は大事なお客さんなので携帯を切ることもできず、その場で男達が妻のほうに向かっていくのを見ているしかありませんでした。
男達が妻のほうに到着しそうなころやっと電話もおわり、私もすぐ追いかけました。しかし追いかけている途中でまた悪い欲望が頭の中をよぎってしまい、私はまた離れたところで立ち止まり様子を見てしまうことになってしまったのです。

妻は子供と夢中にボール遊びをしています。湿気と汗のせいで服が濡れてしまっているのか、ワンピースのニット地は肌にぴったりと張り付きブラジャーとパンツの形と色をくっきりと透けさせています。さらに妻は張り付いたニット地が邪魔なのか、ボールを蹴るたびにスカートをたくし上げるため、水色のパンツが丸見えになってしまってます。
男達はしばらくその様子をニヤニヤしながら見た後、妻に近より話かけ始めました。
男A「や、やー、この前の砂場のお姉さんですよねー、また来られたんですかー偶然ですねー」
妻「えっ?、えーと、あっ、この前のお兄さんたちねー」
男B「ボクちゃんげんきー、またママと遊んでるんだー」
子供「うん、おにちゃんあそぼー」
妻「だーめーよー、お兄ちゃんたちもいそがしいんだからー」
男A「いっ、いや、いいよ、いいよ、ちょうどヒマだからあそぼー、なー」
男C「うっ、うん」
妻「えー、いいんですかー」
と会話をしたあと男達も一緒に遊びはじめました。男達はしばらく妻を視姦しながらボール遊びをしたあと妻達に「そうだ、あっちの奥の木にさっきクワガタムシがいたから見にいこー」とウソをつき奥の林のほうに妻達をつれていきました。

そして林の中でも一番奥のほうの木までつれていき、男Aが言いました。
男A「さっき、この下の穴のところにいたんだよー、のぞいてごらんよー」
すると妻達はその場に座り込みその穴をのぞきはじめました。そして男達は妻が座るとすぐさま妻の前にまわり、一緒に穴をのぞくふりしながら、座った妻の開かれた足の奥を覗いてていました。
そのうち男Aは座っている妻のお尻にそーっと手をあて、ゆっくりとお尻をさわりながら妻の顔をみました。そして妻の無反応を確認してからニヤリと笑い、他の2人のほうに目をやりました。すると他の2人もニヤリと笑い、そして妻のお尻に手をのばし、3人でさわりはじめました。そのうち妻が立ち上って中腰のかっこうになると、大胆にスカートをまくりあげパンツを丸出しにさせ、ニオイを嗅ぐように顔を近付けて見たり、直にパンツごしに指でさすったりしました。そのうち男Aが
男A「あっちの上の穴にはいつもいるよー」
と言い、近くにあった壊れかけのイスを持ってきて、妻にそれにのって見るようにと勧めました。すると妻は
「ええー、こわいわー」
と言うと、男Aは
「大丈夫、しっかり押さえてるからはやく」
と強制するように言い、妻は足を震わせながら
「じ、じゃあー、しっかりおさえててねー」
と言いイスにのぼりました。そして妻がイスにのぼると男達は、待ってましたとばかりに一斉に妻の体に押さえるふりしてさわり始めました。胸を持ち上げるように手をあて、スカートの中に股間を持ち上げる手をやり、そのうち3人ともその手を動かし揉むようになり、スカートも胸のほうまでたくし上げてしまいました。
そしてどんどんエスカレートしていき妻のパンツを半分くらいおろした時、遠くのほうで
「コラー、何しとんやー」
という声がしました。すると男たちは「ウワァ」と言いながらいそいでその場を逃げていきました。遠くからは警備員らしき人が2人向かってきており、声はその人達からしたみたいです。警備員は2人とも40才ぐらいで、そしてとり残されてポカンとしている妻達のところに近付き
「ここはねー、あぶないし入ったらだめなところや、あっちで遊んでや」
と妻達に言いました。しかし言い終わった後、そこにびっくりして座っている妻の足元を見て顔色が少し変わったような感じがしました。
すると急に雨が降りはじめ、おじさん達は妻にXX館に入ろうと言い、妻達もそこへ走っていきました。
XX館はちょっとした体育館と博物館が一緒になっている所で、4人ともそこにたどり着きました。
私も急いで追いかけやっとたどり着き中を見てみると、4人ともタオルで頭や手を拭いていました。妻は服がぐっしょり濡れており、水色の下着が模様までくっきりと透けてました。おじさん達を見ると2人ともやっぱりニヤニヤしながらその姿を見ているみたいです。
そのうち妻は子供の服だけ着替えさせ、自分はそのままでしばらくそこで休憩をしていました。
平日でしかも雨が降っているせいかXX館は、妻達と、おじさん達と、おじいちゃんらしき人が遠くに2人いるぐらいで、まわりはシーンと静まりかえっていました。

そのうち妻と子供は体育館の隅っこにある、マットのほうに行き転がったりして遊び始め、しばらくするとおじさん達もそこへ向かいました。
おじさん達は2人ともマットの横に立ち妻のパンツや胸元から見えるオッパイをニヤニヤしながら眺め、そのうち妻達にちょっかいをかけ始めました。
男A「ボクなにしてるのー、じょうずだねー」
子供はマットで前転しています。
子供「うん、まわりっこ」
男B「小さいのに、すごいねー、奥さん」
妻「ええー、そうですかー」
男A「ママもやってごらんよ」
男B「おおー、いいねー」
とからかいながらおじさん達が言うと、妻はなんと言われるとおりに(よいしょ)と言いながら前転しました。当然その格好で前転したのでスカートは腰のほうまでめくりあがりパンツは丸見えになってしまい、おじさん達はあっけとられたよう感じでポカーンと口を開けて見ていました。
すると男Aは妻達に言いました。
男A「じ、じゃー、こんどは後ろ回りできるかなー」
すると子供は何度も挑戦し、しかしできず、すると男Aはせかしながら
男A「じゃー、こ、こんどはママや、ママやってごらん」
妻「えー、後転は昔にがてやったし、できんわー」
男A「親ができたら子供もできるようになる、奥さん」
と男は半分おこりながら言い、すると男Bが
男B「ボクちゃん、あのねー、2人のうちどっちかできたらジュース買ってあげる」
と言うと子供は目を輝かせながら(ママ、やってー)と言い、すると妻はいやいやながら後転をしました。しかしやっぱり後転はうまくいかず途中で止まってしまいました。お尻を上に向けた状態で止まってしまったその姿は、スカートは当然めくれ、むき出しのお尻は上を向いたままで止まっており、妻は顔を赤くしながらふんばっています。男達はそれを見て、オモチャを与えられた子供のような顔をしながら妻のむき出しのお尻に顔を近付けました。
妻は(やっぱりだめやわー)と笑いながら元に戻りましたが、男は興奮しておこった様な顔をしながら
男A「こ、こどものためにも、お、親としてがんばりなさい」
と言うと妻は(は、はい)びっくりしながらもう一度挑戦しました。しかしやっぱり途中で止まってしまい、すると男達は(手伝ってあげます)と言い妻のお尻に手をさしのべ、後転を手伝うふりしながら妻にタッチし始めました。
それからも男達は妻に何度も後転させてはそれを手伝うふりして、お尻をさすったり、アソコを指でなぞったり、さらには胸にタッチしたりしています。そのうち男達は何も言ってこない妻にもっと大胆になっていき、妻を普通に座らせていたずらし始めました。

そして男Aは妻を座らさせ言いました。
男A「奥さん、体硬いからできんのや、足開いてみー」
すると妻は
妻「えー、そうかなー」
と言いながら、男の言われるとおりに座ったまま足をめいいっぱい開き、さらに体を前に屈伸させました。すると男達は開かれた足の奥を見ながら
男B[あー、奥さん、ここや、ここ硬いわー」
と言い、妻のふとももに手をやりさすった後、さらにその手を股間にすべり込ませ、2人で奪い合うようにアソコを揉みながら硬いかどうかのチェックをしました。しばらく妻のアソコやお尻を揉んだ後、男Aは
男A「奥さんー、ここの筋肉も硬いとだめやよー」
と言いながら妻の背後にまわり後ろから妻の胸に両手を当てさわり始めました。そのうち男Aは
男A「奥さんー、マッサージしようかー」
と言うと、妻は
妻「うっ、うん、ど、どうぞー」
と屈伸しているためか苦しい声を出しながら答え、すると男Aはこれ以上ないくらいうれしそうな顔をしながら、胸に当ててある両手の指を動かし揉み始めました。それからは男達はもちろんエスカレートしていき、男Bは股間を揉みながら、そのうちパンツ越しに中指をグリグリと挿入し、さらにパンツをずらしアソコを掻き乱すかのようにいじってます。男Aはさらに胸を揉みしだき、そのうちスカートを腹が見えるくらいまでに捲り上げ、そこから手を入れ直に揉み始め、苦しそうな妻にのしかかるようにして股間を押し当ててました。妻はされるがままの人形で(すいませーん)と言いながら男達に好きなようにセクハラされていました。

そのうち子供が「やったー、できたー、おじちゃんジュースー」と後転が成功したらしく男達に言いました。
すると男Aは我にかえり、あわてて妻の胸を揉むのを止め「あ、あー、うん」といかにも邪魔をされたような顔をしながら言い、名残おしそうな顔をしながらジュースを買いに行きました。
そしてしばらくして男Aはジュースを2つ両手に持って戻ってきました。
ところが男Aは買ってきたジュースの1つを子供にやって、次に妻に渡す時つまずいてしまい、なんと妻の服にまともにジュースをかけてしまったのです
妻「キャー、つめたーい」
男A「ああー、すいませーん」
妻「やー、どうしよー」
男A「どうしよー、あっ、そうだ今ふきますんであっちのトイレまできて下さい、すいませーん」
はっきり言ってこれはわざとです。
そして妻と男Aは一緒にトイレへ向かいました。
しばらくしてやっと男Aだけが戻ってきました。そして男Aはニヤリとしながら男Bに耳打ちしたのです。すると男Bは真剣な顔になり小走りにトイレへ向かっていきました。
私はその様子を見て、心臓が破裂する程の動機でかなしばりになり、窓の縁に手をかけそのまま固まって身動き一つとれない状態になってしまいました。
そのうちまた男Bだけが戻ってきました。男Bはニヤニヤしながらズボンのベルトを直しながら戻ってきます。妻は何をされているのか。
そしてまた男Aがトイレに行き、その後男Bもまたトイレに行き、男Bがトイレから出た後やっと妻も戻ってきました。
妻は別に変わった様子もなく、服もだいぶ汚れが落ちた感じで男達に「ありがとうございましたー」と言うと、男達は「いえ、いえ」と言うとニヤニヤしながらXX館を出ていきました。
そして私はXX館に入り妻達のところへ行きました。
妻「あれっ、あんたどうしたん、なんでおるん?、ビショビショやぜー、大丈夫?」
私「い、いや、近くまできたから・・・・・・」
私は話かける途中で妻の姿を見て言葉を失いました。
妻は座った時に見えるはずのパンツをはいておらず、スカートの中の奥はパックリ開いたアソコが丸見えの状態で、しかもよく見るとアソコのまわりには異質な白液体がたくさん付着しているのです。
私はどもりながら「ト、トイレに、い、いったやろ、男で、な、何あったんや?」と言うと
妻「あーうん、服汚れたんで警備員の人に洗ってもらったんよ」
私「そ、それだけか?」
妻「あと、わっけわからんけど、聞いたことないなんとか菌とかいうの消毒するのにお尻に薬たくさん塗ってもらったわー、アホらしかったけど言うとおりしとったわー」
私「・・・・・・・・・」

妻の話をいくつか聞きまとめていくとトイレではたぶん男達にこういう事をされていたのでしょう。

男Aは妻をトイレにつれていき、そして妻に「タオルでふいてあげるねー」と言いながら濡れている妻の胸の部分やお尻にタオルをあて、揉む様に妻の服を拭き始めました。胸の部分にタオルをあて両手でタオル越しに妻の胸を掴みその胸をしぼる様に揉み、次にお尻にタオルをあて妻を前から抱きしめる様にしてお尻を両手で掴み、硬くなった股間を妻のお腹に擦り付け妻を持ち上げる様にしてお尻の肉を揉みしだきました。しばらくそれを繰り返した後男Aは
男A「あーだめだなー、汚れがとれないなー、奥さん洗うから服脱いでやー」
妻「あっ、はーい」
妻は何も疑問も感じず素直に服を脱ぎ、「あー、ブラまでよごれてるわー」と言いながら男の目の前で気にせずブラジャーもとってしまいました。男は血走った顔をしながら妻の生乳を掴み揉み始めた。そのうち妻が
妻「あのー、そこは汚れてないんですけどー」
と言うと
男A「あっ、あっ、ごめん、あーでもパンツも汚れとるわー、パンツぬ、ぬいでー」
と言うと妻はやっぱり素直に言うとうりにパンツを脱ぎ、男にパンツを渡しました。そして男は全裸を眺めた後、トイレの個室に妻を連れ込み
男A「奥さん、ち、ちょっと屈んでみて」
妻「えー、こうですかー」
と妻をお尻を突き出させる格好にさせ、しばらく下からアソコを眺めながら
男A「あっ、あのー、あのー、コミラ菌がついているかもしれないから、そのー薬を塗ります」
と言い妻のアソコをひとさし指と親指で開きました。すると妻は
妻「はあ?何言ってるんですかー、そんなわけないでしょー、そんな菌初めて聞いたわー、原病名は何ですか?」
とエリート看護婦らしく反論すると、男Aは
男A「いっ、いやー、あのー」
と最初しどろもどろになりましたが、そのうち逆ギレして
男A「いっ、いいから、そのままにしてなさい、薬塗るんだよ」
と怒りながら言うと
妻「はー、まーいいかー、信じれんわー」
と言いながら突き出したお尻の足を開きました。すると男は両手で妻のアソコをグイッと広げ、アソコに舌を這わせなめまわし、そのうち
男A「じゃー、薬入れます」
と言いいながら、ズボンのファスナーをおろし自分の硬くなった大きいサオをひっぱりだしました。そして妻のアソコに濡れたサオをあてがい擦り付けて感触を楽しんだ後
男A「薬入れるしー、こっちの足ここにかけてやー」
と妻の右足をトイレのつかまり棒にかけさせイヌがオシッコするような格好をさせました。すると男はこれ以上ないくらいにムキ出しになったアソコの穴にサオをあてがうと、そのままヌプヌプーと大きいサオをゆっくりと奥まで挿入していきました。
妻「えっ、いたたー、何しとるんー」
男A「うー、薬入れとる・・・んやー」
妻「えー、ウソー、ウワー何これ、注射?浣腸?棒?何なのー」
男A「だめや、こっち見るな」
と振り返ろうとする妻の顔をさえぎりました。そのうち男はすこしずつ挿入の速さをはやくしていき目をつぶったかと思うと、ピタリと動きを止めお尻をビクンビクンとさせ大量の薬を妻の中に投与しました。
男A「はー、でたー」
妻「ちょっと痛かったわー」
男A「あ、あー、ごめん、ごめん」
妻「なんかたくさん出たのわかったわー、何の薬ー?」
男A「いっ、いやー、まあもう大丈夫だから、ねっ」
妻「あー、お尻から薬出てきたわー、何これー白っぽいねー、マセリン薬かなー、でもおじさん薬はもう出てこないように入れないと駄目なんですよー、分かったー」
男A「はっ、はい、すいません」
と妻は怒りながら男に言うと、アソコに手をやり出てきたその白い薬を手にすくって匂いを嗅ぎ少し舐め不思議そうな顔をしながら手を洗いにいきました。
そして男Aはすっきりした顔をしながらトイレを出て行きました。

妻は体を拭いてパンツをはきブラジャーを着けていると、今度は男Bがハアハア言いながらトイレに入ってきました。そして妻の姿を見てゴクリとした後
男B「お、お、奥さん、俺もくすりいれるわー」
妻「はー?さっきの人にしてもらいましたよー、もういややわー」
男B「いや、もう一度や、くすりいれるんや」
と怒りながらあせった声で言うと
妻「わ、わかりましたよー」
と驚き、おびえながらパンツを脱ぐと、トイレのタイルの上に四つんばになりお尻を突き出しました。男はハアハア言いながらカチャカチャとズボンのベルトをゆるめ、ギンギンになったさらに大きいサオを引っ張り出し、妻のアソコを少し舐めサオをあてがいました。そして妻の腰を両手で掴みそのままいっつきに奥まで挿入しました。
妻「キャー、いたい、いたいよー、そっとしてー」
男B「ごめん、が、がまんしてー、たのむ」
と言うと男は妻の頭をおさえるようにして黙らせ、激しく腰をふり奥に突き刺すと同時にまた大量の薬を妻の中に投与しました。そして男はゆっくりとサオを抜き出すと、妻の中から大量の白薬がプッーと吹き出てきました。
妻「いたいわー、もう、おじさん下手やわー、信じれん」
すると男Bは妻の肩と頭をおさえ、また四つんばに組み伏せ
男B「ごめん、ごめん、今度そっとするから」
と笑いながらまた妻の中に挿入してきました。
妻「えっ、ちょっと待って、もういややー、うそー・・・うぐっ」
そしてまた男は激しく妻を突き刺し妻の中に、幸せそうに「最高やー」と言いながらすべてを放出しました。
その後も男AとBはもう一回ずつ妻に薬を入れた後、やっと妻を解放しました。

8月7日土曜日
私は仕事だけど妻は休みですもちろん気になる私は「今日はどこへいくんやー」と妻に聞きました。すると妻は「あれー、あんたの友達のX山さん昼に来て子供と遊んでくれるって言っとったから家におるよー、あれーあんた知らんかったー」と言いました。
確かにX山とX田が夜遊びにくるとは聞いていたけど、自分は夜来るものだと思っていたのでビックリし、妻に
「なんで昼からくるんよ」
と聞くと妻は
「えー、X山さんとX田さん土曜日遊びに来る時はいっつも昼ごろから来て子供とプロレスごっこしたりして、私達と遊んでくれるんよー、あれー私言っとらんかったけー、ごっめーん」
そいえばX山とX田はよく土曜日に遊びにくるが、いつも自分が帰るとすでに家に上がっていることがよくあります。
(プロレスごっこ・・・・・)私はすごい胸さわぎを感じながら会社へ行きました。
会社では昼になるにつれてそのことがますます気になり、仕事がまったく手につかない状態になったので、上司に怒られながらも早退し家に行くことにしました。
そして家に2時頃たどり着くと、確かにX山とX田の車それと約束していないX井の車の3台が止まっており、私はどうしようかと迷いながら家の庭のほうからリビングの様子を伺いました。

すると確かにX山とX田、それと約束のしていないX井がリビングで座り妻と話をしていました。
私はさらにリビングがよく見えるところに移動し様子を伺いました。すると楽しそうな笑い声が聞こえ話がはずんでいる様子でした。
しばらくして子供が「おじちゃんプロレスしよー」と言うとX山が「よっしゃー、やるかー」と言い2人で遊び始めました。妻とあとの2人はそれを見ながら笑いずっと話をしているだけだったので、私は(友達だし心配しすぎかなー)と思い玄関から入ることにしました。
ところがそこでX山がなんと
X山「よーし今度は2人チームで対決だー」
と言い、さらに
X山「XXちゃんとママ対おじちゃん達で対決だぞー」
子供「いいよー」
妻「ええー、また私もやるのー」
X井「じ、じゃー、俺レフリーする」
と言うとみんな立ち上がりました。私の心配はやっぱり的中していたのです。さらに物陰に隠れていて見えてなかった妻の姿が見えた時、私はさらにビックリしました。こんな時ぐらいはジーパンをはいているだろうと思っていましたが、妻はいつものワンピースでしかもノーブラで乳首が透けてくっきり浮き出ており、歩く度にささえがない胸がプルンと左右に揺れているのが分かりました。
私は(まっ、まさかこんな格好でやるのかー)と思い、唾をゴクリと飲み込みその場で様子を見ることにしました。
するとプロレスごっこが始まり、最初に子供とX山がらりはじめ、しばらくするとかなわないと思った子供が妻にタッチし妻が出てきました。
最初は手を掴み合っているだけでしたが、そのうちX山が少し力を入れると妻は床にお尻を落として倒れてしまいました。すると当然妻のスカートは完全に捲り上がりパンツが丸見えなってしまい、男達はピタリと動きを止め妻のその格好をしばらくじっと見つめてました。
すると妻が「いたたー、えっ、どうしたんみんな」と言うと3人とも我に返り、X山が「いっ、いや、何でもないよ」と言いながら妻にプロレスの技をかけ始めました。
X山は妻の足をとり自分のほうに引き寄せると、妻のスカートはさらにずり上がりお腹から下乳まで見えてしまい、レフリーのX井はまたそれを呆然と見ていると、妻は何とか逃げ出し子供と交替しました。
しばらくしてまた妻が出てきて、最初はX田と軽い取っ組み合いをしたりしていたが、そのうち男達は激しく技をかけ始めました。
まずX田は妻を後ろから羽交い締めにし、技をかけるふりして妻の胸にさりげなくタッチし、そのまま妻を座らせると妻の足を持ち上げフォールする格好にしました。
すると妻は体を丸めた形になり、スカートは完全に捲り上がりむき出しのお尻だけが上に突き出された格好になり、そのまま身動きがとれない状態になりました。
するとレフリーX井がフォールされた妻に近寄り「だいじょうぶかー」と言いながらお尻を眺め、そのうち妻のお尻に軽く手をあてたりしてさわり始めました。
そのうち妻は苦しいのか一生懸命もがいているため、パンツはどんどん食い込み毛やアソコの端の部分まで見えるようになりました。そのうちX山までそこに近寄り、妻が脱出するまで妻のお尻を2人で撫で回し続けました。
そのうちX山もX田も「あついなー」と言いながら服を脱ぎパンツ1枚になりました。2人ともアソコがギンギンに勃起しており、その格好でさらに妻に飛び掛かりいろんな技をかけオモチャにし始めました。
1X田・・・妻をうつぶせにすると後ろから妻に乗りかかり、妻の首を左腕で絞めると、もう片方の手で妻の胸を掴みしながら揉んでいます。そのうちスカートを捲り上げギンギンになった棒を取り出し妻のお尻にくいこませると、そのままニヤニヤしながら腰を振り始めました。
X山・・・妻をまたうつぶせに倒し、そのまま妻の両足を取るとエビ固めにしました。レフリーは丸見えになったアソコにいたずらし始めました。指でつまんだり、グリグリいじったり、揉んだり、そのうち調子にのりパンツをずらしアソコを丸見えにさせると2人で「オー」とか言いながら覗き込んでいました。
X山・・・妻にコブラツイストをかけ、また片手で妻の胸を掴むと揉みしだき始めました。レフリーは妻のスカートを捲り上げると両手で妻のお尻の肉を掴み揉みながら感触を楽しんでいます。
X田・・・さらに遠慮しなくなり、今度は妻を逆さに抱え上げパイルドライバーの形にすると、スカートの捲くれた妻のアソコに顔をうずめ、さらには妻の口元にギンギンの自分の棒を擦り付けています。そのうち妻が「苦しいー」と口を開けると、X田の棒の先がパンツごしに妻の口に突っ込まれてしまい、X田は「あー」と言いながらそのまま妻の頭を片手で押さえてしまいました。妻はもがき咥えながら「ほれ、はにー、ふるひー、はふへへー」と苦しんでいます。
そのうちレフリーが捲れているスカートをさらにずり下げました。すると妻の顔は捲れたスカートで完全に見えなくなり、顔と腕以外すべて丸見えの状態で、X井はむき出しになった生乳を揉み始めました。
X山は子供にそれを見せないようにして「あっちでおやつあげるね」と言いながら子供を連れて部屋から出ていきました。
子供が部屋を出ていくと、X田は妻をそのままの状態で倒し、X井は妻が横になるとすぐ妻のスカートを妻の頭の上でしばってしまいました。すると妻は腕と顔だけがスカートの中にくるまり身動きの取れない状態なり、腕、顔以外は生乳もパンツも丸見えの格好で妻は「苦しいー」と言ってます。、2人はその格好をしばらくニヤニヤ眺めた後、妻に飛び掛かりました。

子供が部屋を出ていくと、X田は妻をそのままの状態で倒し、X井は妻が横になるとすぐ妻のスカートを妻の頭の上でしばってしまいました。すると妻は腕と顔だけがスカートの中にくるまり身動きの取れない状態なり、腕、顔以外は生乳もパンツも丸見えの格好で妻は「苦しいー」と言ってます。、2人はその格好をしばらくニヤニヤ眺めた後、妻に飛び掛かりました。
2人は妻の胸に飛びかかると我を忘れ、まるで一つのオモチャを奪い合う子供のように妻の胸を掴み揉みながら引っ張り合いました。
妻は「ちょっとー、イタター、やめてっ」と言ってますが、2人とも完全に我を忘れ妻の声が聞こえない様子で妻の体をさらに弄び始めました。
そのうちオッパイの奪い合いに負けたX田は今度は妻の股間のほうに移動しさわり始めました。X田は中指で円を描くように妻のアソコをグリグリといじった後、妻のパンティーに手をやると一気にパンティ−をおろしてしまいました。
X井は両手で妻の乳を掴み乳首を吸っていたが、それに気付くと吸うのを止めX田と一緒にアソコを覗き始めました。
2人は何とも言えない顔をしながらしばらく眺め、そのうち片方ずつの足を持つとグイッと妻の足を股裂きみたいにして広げてしまいました。すると妻のアソコはパックリと開き、さらにX井は指と指で妻のアソコをグイッと広げました。
妻「イターイ、も、もうやだー、やめてー」
X井「も、もうちょっとやから、ごめん、ハアハア」
X井はそう言いながら、そのまま妻のアソコに顔を近付けアソコをソーッと舐め始めました。そのうちX井は「もう、だめや」と言いだすと自分のパンツをおろし、いきり立った棒を取り出しました。
そして妻のアソコの入口に棒の先っぽをあてがいニヤニヤしながらこすり付けた後、ゆっくりと挿入していきました。

ヌプヌプー
X井「うわぁぁ、あぁ、気持ちえぇぇ−」
X田「まじー、早くしろー」
妻「イイヤー、ヤー、うー、な、何しとるぅー」
X井「わ、技や、技かけとるんや、ごめんな、す、すぐ終わるからガマンしてー」
そしてX井はゆっくりと腰を動かしストロークさせていきました。相当気持ちいいらしく、X井は顔を上に上げヘラヘラしながらよだれを垂らしています。そのうちX井は表情が変わったたか思うと
X井「あっ、やべっ」
と言いながらあわてて妻のアソコから棒を抜き出しました。すると妻のアソコから大量の液体が流れ出てきました。

X井は私の妻に中出ししてしまったのです。

そしてX井はあせった表情でオロオロしていると、X田がX井の耳元で何かささやきました。するとX井は安心した表情に戻りました。

私はそれを見てX田がX井に何と言ったのかなんとなく分かりました。なぜなら私はX田には妻がおたふくのせいでもう妊娠が出来ないことを言ったのです。たぶんX田はX井のそのことを言ったのでしょう。

妻は足を開きアソコから液体がたれているあわれな格好で「えっ、なに、何やばいの?もうやめてよー」と言っているが、X田は妻の言葉を無視しながら妻の両足を持ち上げ、妻のアソコに自分の物をあてがいました。そしてX田は先っぽを入り口にあてると一気に挿入していきました。

ズブッ、ズブズブー
妻 「ヒィ、イターイ、イターイ、もういやぁーむ」
X田 「・・・・・・」

X田は表情を変えずそのまま奥まで突き刺すと、X井とは反対に激しく打ちつけるように腰を振りました。

妻 「ヒー、ヒャー、やー」
X田 「・・・・・・・」

X田は遠慮なしに腰を振り、そのうちなんとスカートごしに私の妻の唇にキスをしながら腰を振り始めました。

妻 「んぐっ、んー、んん?、んー」

そしてさらに腰の動きが激しくなっていき、妻の体を丸めるように抱きながら奥の奥まで挿入し、そのうち動きが止まったかと思うと腰をビクンビクンと痙攣させました。
X田はいってしまった後もしばらく「むふー、むふー」と言いながら腰を円を描くように動かし余韻を楽しみ、自分の液体のすべてを妻の中にしぼり出している感じでした。
そしてしばらくしてX田は自分の物をやっと抜き出しました。すると妻のアソコからはX井のときよりもさらに大量の液体がプッーと吹き出してきました。

X田 「ふー、すっきり、はー」
妻 「・・・・・・・」

そしてX田はすぐ自分のパンツをはくと、あたり前の様にすぐ部屋を出て行き、代わりにX山が入ってきました。X山もまたあたり前の様に妻を[よいしょ」と後ろ向きにさせるとそのまますぐ挿入していきました。
この2人は今日が始めてではないのかもしれません。以前から妻を弄び、犯していたのでしょう。
そしてX井2回、X山1回、X田は3回、妻と楽しんだ後やっと妻のスカートを戻し解放しました。

妻 「もう今日の技、特に痛かったわ、もうプロレスはしたくないし、もうせんわー」
X山 「ごめん、ごめん、次はやさしくするからー」

私はその日からもう友達を家に呼ぶのを止めました。X田、X山も何となくバレタと思ったのかそれ以来連絡もして来なくなり私を遠慮するようになりました。

9月4日、義弟
私の妻には妹がおり、その夫(自分の義弟にあたる存在)は自分より二つ年上ですごいしっかりした人です。すごいまじめで市役所に勤めており、いろんなボランティア活動にも積極的に取り組むすばらしい人で、義弟ながら私は逆に兄のように慕い尊敬していました。しかしそんな義弟までもが義理の姉でもある自分の妻を視姦し、さらにひどいイタズラまでしていたとは私はその日まで夢にも思っていませんでした。

その日私達の住んでる街ではちょっとした祭りがあったので、私達は妹夫婦を自宅に呼び食事会をすることにしました。
そして夕方頃、妹夫婦は子供を連れてやってきました。ちょうど私達の子供と同じ年の女の子がいるので、私達の子供も喜びすぐ一緒にはしゃぎ始めました。
しばらく居間でくつろぎ話をした後、妻達は料理の支度を始めたので私と義弟は子供達を連れて露天を見にいきました。露天は納涼祭程度の小さな規模で、私達はしばらく金魚すくいに熱中した後、やきそばと焼き鳥を買い家に戻りました。
家に戻るとすでにご馳走がならべられており、子供達も「ワーイ」と喜びみんなで乾杯をしてご馳走を囲みました。子供達は大きなエビフライを手に取ると「パパー、これヘビだよ、ヘビー」と言って私達を笑わせたりして、それはもうとても楽しい食事会でした。
しばらくご馳走を楽しんだ後、義弟は車からめずらしいウィスキーを持ってきました。そのウィスキーは義弟がいつも飲んでいるらしく、妻も何度か妹の家で飲んだことがあると言ってました。

そして義弟は私達3人にそのウィスキーをつぎました。義弟はロックで飲んだほうがいいと言うのでそのまま氷だけ入れて飲んでみました。そのウィスキーはけっこう甘く飲みやすい感じでしたが、後からお腹の中がカッーと熱くなるぐらいアルコールが高いものでした。
妻や妹は飲みやすいせいか2人とも弱いくせにどんどん飲んでいるので私は(大丈夫かー)と思い見ていました。
そしてしばらく笑いながら飲んでいると子供達が眠たい様子だったので寝室に寝かしにいきました。妻や妹は完全に出来上がってヘラヘラしながら子供なんかおかまいなしの状態だったので、しかたなく私が子供達を寝室につれて行きました。
私は子供達にお話をしてあげました。そのうち30分くらいして2人ともやっと寝ついたので、私はトイレをして部屋に戻りました。
3人は相変わらず飲んでおり、義弟はもともとお酒がすごい強いのでしっかりしているが、他の2人は弱いので完全に目が座って話方もロレツがまわってません。
私はあきれながらその場に戻りビールを開けました。そしてビールを飲みながら妻のほうに目をやった時、はじめて妻の格好に気付き(ありゃー)と心の中でつぶやきました。
妻はいつものワンピースにノーブラです。しかも酔っ払っているため足が開かれて正面の義弟からはパンティーがが丸見えになっていました。胸のほうも酔っ払って肩を落としているため、ゆるい胸元がさらに下がり片側の乳首が時おり見え隠れするほどでした。
しかし本当の兄弟のように思っている義弟なので、私はそれほど心配せず義弟も気にしていない様子だったので、私は妻に足を下ろすようにと合図し体育座りの妻の足を伸ばす様にさせると、そのまま楽しくまた飲むことにしました。

しばらくして私は久しぶりに飲んだせいか少し胃が痛くなってきたので後ろで横になり休むことにしました。
久しぶりに飲むお酒はすごい酔いやすく、私は10分くらい横になりウトウトとしていました。
そのうちしばらくして3人の大きな笑い声が聞こえてハッと目が覚めました。
3人はまだ飲んでいる様子で、義弟が「のぶちゃん、具合わるいんやろー、部屋にいって休みなよー」と何度も言ってくるのを「うーん」と答えながら私はまたウトウトしたりしていました。
そのうち少しずつ目が覚め、薄目でボーっと楽しそうな3人を見ていました。すると妻の足がまた体育座りになりパンティーが丸見えになっているのに気が付きました。
しかし私は(あーあー)と思いながらも、もう気にせずあきらめボーっと眺めていました。
しかしそのうち義弟のほうに目をやると、時折不自然な行動をとる義弟が目につき、私はだんだんと目が覚めていきました。
妻はベロベロに酔っ払い先ほどよりさらに足を開き、スカートも捲くれ上がってしまい、自分のところからでさえお腹やおへそまで見えてしまう状態で、さらにはだらーんと落とした右肩はワンピースの襟元がさらにずり下がり右乳が丸見えになっており、さらにずり下がってポロリとこぼしそうなのを乳首で引っ掛け何とか持ちこたえている状態で、乳輪の上の部分が見えているのがはっきりと分かりました。

義弟は妻が座る向きを少し変えるたびに不自然に妻の正面に移動し、妹も義弟に「あんた落ちつきないねー」と言ってます。義弟は「ハハハー」と笑いながらもまた妻の正面にまわったりしています。
私は(まさかー)と思いながら義弟の顔のほうに目を向けました。するとなんと義弟は話をしながら時折妻の股間にチラチラと目線を向けているような様子に見えました。
私はまた(まさか)と思いながら、高鳴る動悸を押さえ寝たふりして様子を見ていました。

義弟は「へー、そうなんだー」と妻の話をいいかげんに聞きながら、目を大きく開き妻のパンティーをジーっと覗いており、しかも妻が笑いながら屈むとその度に上から覗き込むようにして妻の胸を覗いています。

私は信じられなかった(あれほどまじめで、誠実で、自分も尊敬している義弟がまさか)、しかし目の前にいる義弟は確かに目をギラつかせ妻のパンティーや胸を視姦しています。

そのうち妹は完全に酔いつぶれその場で横になっていたが、そのうち静かになったかと思うとそのまま寝てしまった様子でした。

義弟は「おい、お前大丈夫かー、布団でねろよー」と妹の体をゆすりましたが妹は全く反応しませんでした。すると義弟は妹に声をかけた後、私のほうにも近寄り「のぶちゃん、どうやー」と声をかけてきました。
私はあわてて目をつぶり寝たふりをしました。何度もしつこく体をゆすってきて、そのうち妻が「疲れとるし、もうダウンやと思うよー」と義弟に言うと、義弟は私の体をゆするのを止め一瞬ニヤリと笑ってから妻のほうへ戻りました。
妻のほうに戻った義弟は妻の正面にドカッと座り、そのうちしばらくするとそのままそこで横になりました。義弟はちょうど自分の顔が妻の股間の正面にくるようにして横になり、妻の話に耳を傾けながら、もう先ほどみたいに遠慮せずジーっと股間を覗き視姦しし始めました。

しばらくすると妻は完全に目もつぶれヘラヘラ笑いながら露出がだんだんひどくなっていき、そのうち腕を後ろにつきさらに足を広げ義弟に(どうぞ見て下さい)と言わんばかりの格好になっていきました。
すると当然義弟はさらに大胆になっていき、首をのばし少しずつ顔を近付けながら遠慮なしにジーっと覗いています。
そのうち妻はバタンと足をおろしてしまいパンティーが見えなくなってしまいました。
すると義弟はさらに頭を下げ何とか覗こうとしていたが、そのうち自分や妹のほうをちらりと確認してから、ロレツのまわらない妻の話を聞きながら、大胆に妻の両足を掴むと無理矢理また妻の足を体育座りにさせました。

妻「Xちゃん、ほうやろー、ほうはろー(そう思うやろー)」
義弟「そうやねー、そうやねー」

義弟は妻の話を適当に聞きながら妻の足をまた体育座りにさせ、さらにその足を広げニヤニヤしながら眺めており、時折ハアハアという義弟の息づかいが聞こえてました。
義弟に足を広げられた妻の股間は、パンティーがさらに食い込みよじれてしまい、アソコのビラビラが少し見えるぐらいにまでなってしまってます。
しかし完全に酔いつぶれてしまっている妻はされるがままの格好にも気付かずロレツのまわらない口調でしきりに義弟に何かを話しています。
そのうち妻は口数が少なくなっていき、しばらくすると全く話もしなくなりました。
義弟はずっと熱心に股間を覗いていたが、しばらくしてそれに気付くと妻に「XXちゃーん、どうしたー」と声をかけました。
しかし妻は全く反応しなくなりました。
すると義弟はまた私や妹のほうに来て軽く体をゆすり、そして寝ているのを確認すると妻のほうへゆっくりと戻っていきました。

そして妻のほうに戻った義弟は妻の肩に手をやるとゆすりながら「大丈夫ー?」と言いました。
しかし妻は完全に酔いつぶれ寝てしまい義弟の呼びかけにも全く反応しない様子で、そしてそれを確認した義弟はさらに信じられない行動をしたのでした。
義弟はチラリと私のほうを見たあと、妻の肩にあてている手をゆっくりとおろし、そして妻の胸にその手の平をそーっとあてがいました。
そしてその手をゆっくりと上下に動かし妻に小さな声で「だいじょうぶー」と言いながら妻の胸をさすり始めたのです。
義弟はそれでも反応のない妻に徐々に大胆になっていき、そのうちゆっくりと指も動かし軽く揉むようになっていきました。
そして私のほうをまたチラッと見てから妹の顔を覗きにいき、妻のほうへ戻ると今度は両手で胸を掴みゆっくりと揉み始めました。
義弟は鼻息を荒くしだんだん激しく揉むようになってきてます。3人とも意識がないだろうというその空間の中で義弟は完全に我を忘れその行為をどんどんエスカレートとさせていきました。
そのうち義弟は妻のワンピースを掴むとそれを無造作に捲り上げ妻の胸を完全に露出させてしまいました。大き目だがちょっとタレ気味の妻の乳房は義弟の目の前にさらけだされてしまい、義弟はその乳房をしばらく見つめた後、指で右乳を一回チョンとつつきました。すると妻の胸は左右にプルンプルンと揺れもう一度それを繰り返すと義弟から「ふふっ」という笑い声が聞こえました。
そして義弟は妻の生乳を下からすくい上げるように掴み、そしてさらにギュッと掴むと乳首が倍ぐらいに飛び出し、義弟はそれを見て「ウワァー、ハハハー」と声を出した後、口を尖らさせ私の妻のその乳首を吸い始めました。

「チュパ、チュパ、ウハー、ハー、チュー、チュパー」

そして吸いながらそのうち妻の足をさらに開くと手を股間にあてさすり始め、そのうち中指をパンティーの中にすべりこませイジリ始めました。卑猥な音が聞こえてきます。

クチュ、クチュ、クチュ

私はまた頭が真っ白になるくらいのカナシバリにあい、義弟の信じがたい妻に対する光景を見ているしかありませんでした。

そのうち妹が「うーん」と寝返りをうつと、義弟はビクッと動きを止めあわてて妻から離れました。
そして義弟は妹の顔を覗き込み2、3度妹の体をつつき確認すると、なんと妻を抱きかかえ部屋を出ていってしまったのです。
私は(やばい)思いつつ体が動かず、10分くらいして何とか起き上がり義弟の後を追い妻を探しました。
1階の部屋、座敷、キッチンしかしどこにも義弟はいません、すると2階からゴトッと物音がしました。
どうやら義弟は妻を2階の私達の寝室に連れていったらしく、私は這うように階段を上り2階へいきました。
そして私はそっと近づき寝室のドアのノブを掴むとゆっくりと回しおそるおそる中の様子を伺いました。

妻が1人でベッドの上で寝ていた。しかしその格好は普通ではなく素っ裸で足が開かされアソコが丸見えの格好になっていました。
しかもベッドのまわりには妻の服と義弟の服が乱雑にちらばっており、すると自分の視野に義弟の姿が入ってきて私はそれを見てびっくりしました。
義弟も裸になっており、私は義弟のむき出しになったペニスを見て更にびっくりしました。それ自分よりひとまわり以上大きい立派なもので、しかもこれ以上ないくらい膨張し反り返り、まるでそのペニスが怒りながら妻を見下ろしているように感じるくらいでした。
すると義弟はニヤニヤしながら妻の裸を眺め、そして自分のペニスを握りしめ上下にそれを振り回すようなしぐさをした後ゆっくりとベッドの上にあがったのです。

そして義弟は妻の股間の前に座ると足を広げさせ、さらに指でアソコをグイッと広げました。
「やったー、今日もやれると思わんだー、ラッキー」
信じられない義弟の発言、義弟はそう言い出すと妻のアソコに下を這わせ始めました。
「オ○ンコー、オ○ンコー、ウハー、ハー」
そして完全に人格を失っている義弟は自分のペニスを握り締めながら妻のアソコを一心不乱に舐め、そのうち指も入れ始めました。2本の指を強引に入れると乱暴に掻き乱しグチュグチュという音が静かな部屋の中で大きく響いています。
そのうち義弟は指を入れるのを止めその場に立ち上がりました。そして自分の大きなペニスをニヤニヤしながら2、3回しごいた後、なんと妻の顔にまたがり始めました。
「XXちゃーん、今日もチ○ポしゃぶってー」
義弟はそう言いながら意識のない妻の髪の毛を掴むと強引にうなずかせました。信じられない行為。
「やったー、いいのー」
そして義弟はそう言うと、強引に妻の口を開きその大きな先っぽを無理矢理ねじ込みました。
「うっはー、きもちいいー、フェラー、フェラー、ヘヘヘー」
そして義弟は妻の髪を掴むと上下させ無理矢理フェラチオし始めました。悪夢な光景。
「イテッ、イター、歯あてるなよ、クソッ」
義弟は急に動きを止め意識のない妻にそう暴言を吐くと、口からゆっくりとペニスをぬき出しました。そして今度は
「ねー、生でチ○ポいれていいー?、ねー」
と言いながらまた妻をうなずかせると、妻の足を持ち上げペニスをアソコにあてがい始めました。そして握り締めたその大きなペニスをゆっくりと挿入していきました。
グチュ、グチュー
「ふー、んー、ええー、きもちいー」
「あっ、きついなー、XXちゃんなかなか入らんよー」
私にとっては信じられない言葉、そしてそのうち激しく腰を振り始め
「あっあー、いっ、いきそー、XXちゃーん、かっ、顔にかけていいー?」
「や、やったー」
と言うとペニスを抜き出し妻の口もとに持っていき開かせ、そこにめがけて精子をぶちまけました。大きなペニスに比例するくらいの大量の精液はビュッビュッと音が聞こえる程で妻の口の中、顔、髪の毛まであたり一面に飛び散りました。
そして義弟はさらに何ともいえないうれしそうな顔をしながらペニスをしぼると、妻の唇に残りの精子をのじりました。
そして口元からこぼれてくるその液をすくうと妻の口にもっていき
「XXちゃん、のんでねー」
といいながら口の中にそれをねじこんでいます。そして妻からはゴクッと言うのどの鳴らす音が卑猥に聞こえてきました。悪夢な出来事。
そして義弟はすぐ復活させ2回目をやり始めました。
意識のない妻を抱え上げいろんな体勢にしてオモチャにし楽しみそのうち
「あっ、いくー、こんどは中にだすよー、いくよー」
と言うと妻の中に挿入したまま激しく腰を痙攣させました。
「はー、はー、でたー、うっ、まだでるー」
そしてペニスを抜き出すと妻のアソコを開き
「あー、出てきた、いっぱい出てきたー」
と言いながら妻のアソコから流れ出てくる精液をうれしそうに眺め、そのうち妻の腰を持ち上げると
「もったいないなー」
と言いながら出てきた精液を妻のアソコにまたもどしつっこみました。

出典:なし
リンク:なし
  投票  (・∀・):17  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44804/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用