結婚して2年目の妻を・・・ (寝取られ体験談) 7066回

2020/09/19 22:46┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
いつも覗いてるNTR系のチャットで、興味を惹かれる
待機コメントの人がいました。

「〇〇地区、人妻限定、多目的トイレで奥さん生マンコ
されたいM夫募集」

住んでいる地域もコメント内容も自分にピッタリで思わ
ず入室してしまいました。

自分は寝取られ願望の強いM男ですが、妻に願望を伝え
ても中々了承をもらえずにいました。何年も願望を伝え
ているせいか、妻は完全拒否という感じではなくなって
半ば呆れているような反応になっていました。

男のプロフィールは、ひろし48歳、既婚、身長180
cm82kg。妻のプロフィールは、涼子34歳、身長
163cm48kg、Eカップ。自分、34歳、結婚2
年目、子供なし。

チャット部屋で涼子のことを伝え、着衣の全身画をアッ
プすると男は電話で話そうかと言ってきました。自分は
緊張しながらも教えられた番号にかけました。

「もしもし」
「あーもしもし、奥さん涼子だっけ、いい女だねぇ」
「あ、ありがとうございます」
「色白で巨乳、たまんらんなぁ、奥さん連れて来られる
ならハメてあげるよ」

男は公衆トイレで数々の人妻を犯していて、ハメ撮り動
画や画像をたくさん見せられました。ガタイのいい男が
逞しい肉棒で荒々しく人妻を犯していて、見ながらすぐ
に勃起してしまいました。

「自分の大事な奥さん同じように犯されたいんじゃない
の?」
「ああ、」
「生チンポで奥さんのメス穴に射精しまくってあげるよ
?」
「ああ、はい、、」
「俺さ、ああいう粗末な場所で人の奥さん犯すのたまら
ないんだよねー」
「はい、、」
「公衆便所で奥さんのことチンポ便器のように扱ってあ
げるよ」

自分は男の言葉に興奮しまくって、涼子を説得すると伝
えました。男からは実際の動画や画像を見せて話すよう
に言われました。

自分は今までにないくらい本気のトーンでこの男とのプ
レイを涼子にお願いしました。最初は当然拒否、何度も
何度も自分の為とか一度だけとか本気でお願いし続けま
した。

「ホントにするの?」
「うん」
「もー、何かあったらどうするの?」
「一生のお願い」

初めて涼子の態度に軟化が見られた気がして、自分は押
しまくって、取り敢えず一緒に動画を見る了承を得まし
た。男から今までも動画で欲情させて、そのまま公衆ト
イレに連れて来させたことが何度もあると言われていま
した。

男に涼子と動画を見ることを伝えると段取りを言われま
した。

・出来るなら車内で動画を見るように仕向ける
・車内で濡れていることを確認したら、公園に向かうこ
とを伝える
・公園に向かいながら男に電話をする(カーナビ経由で
電話をして涼子にも聞こえるようにする)
・公園は男がよく使用している自分達の自宅から車で1
0分ほどの場所にする

男と計画実行の日を決めて、その日に自分は涼子と買い
物に出かけました。21時半くらいに自宅に戻り、自宅
駐車場で動画を見せることにしました。

いよいよ計画当日、自分は緊張しながらも平静を装って
自宅への帰り道に助手席の涼子にタブレットを渡して男
の画像を見せました。

「涼子それこの前話した人の画像」
「え、なに、、」
「何枚かあるから見てみて」
「えー、、」

涼子は嫌そうな態度でしたが、自分は運転しながら強引
に見るように言いました。

「すごくない?」
「んー」
「その大きいので涼子犯されたいよ」
「えー、、」

男が公衆トイレで人妻を犯している画像を数枚見せまし
た。巨大な肉棒がズッポリ人妻のアソコを貫いていてと
てもいやらしい画像でした。

「あー涼子のこんな姿も見たくてたまらない」

少しして自宅の駐車場に到着しました。すぐに動画を再
生して涼子に見るように言いました。

「これ〇〇公園だよ」

動画では男の激しいピストンに声を上げながら喘いでい
る人妻が映っていました。便器の上で正常位、座位、立
ちバックでも犯されていて、自分はズボンの中で股間を
膨らませていました。

「涼子、お願い」
「えー、」

最初の声のトーンより否定の感じが減った気がして更に
続けました。動画で男は当たり前のように人妻の膣内に
射精をし、すぐにしゃぶらせていました。全く萎えない
肉棒を再び挿入すると強烈なピストンを続けました。

「涼子どんな気分?」
「えー、」
「こんな風にされてみたくない?」
「んー、」

涼子のほんの少しの反応の違いに勝手に興奮して、自分
は助手席の涼子の股間に手を伸ばしました。涼子の服装
は上が黒のノースリーブのニット、下は膝下まである赤
紫のゆったりめのスカートでした。スカートの中に手を
入れて下着に触れた瞬間、声が出るほどたまらなく興奮
しました。

「あ〜凄い濡れてるよ」

涼子の下着は愛液でグチョグチョでした・・

「涼子お尻上げて」

恥ずかしがる涼子から無理矢理下着を脱がしました。ク
ロッチは見たことないくらい愛液でベットリでした。タ
ブレットをダッシュボードの上に置いて、夢中でキスを
しながらアソコに指を延ばしました。嫉妬するくらい濡
れていてアソコから愛液が溢れ出していました。指でワ
レメを弄りながら言いました。

「今日このまま公園行こ、ね」
「え、、」
「もう我慢出来ない、お願い」
「行ってどうするの、、」
「今日ね、この人と涼子連れて行くって約束してるんだ
よ」
「、ホントに言ってるの?」

涼子にディープキスしながらアソコを2本指で掻き回し
ました。

「クチュクチュ、、」
「お願い、涼子のことあのチンポで犯されたい」
「ぁぁ、」
「一生のお願い、今日だけ許して」
「、ダメだよ、、」

涼子はそう言いましたが、自分が涼子の愛撫を止めて車
を走らせようとしても何も言いませんでした。自分は心
臓がバクバクしながら車を公園に向けて走らせました。
すぐに予定通りカーナビ経由で男に電話をしました。

「もしもし、今向かってます」
「分かった、奥さん聞こえる?」

涼子が自分の方を向いて自分は返事をするように言いま
した。

「聞こえます」
「良かった、今もう下着は脱いでるかな?脱いでたらそ
のままオマンコ弄ってごらん」

涼子はまた自分の方を向きましたが、言う通りにしてと
懇願しました。

「足開いて、公園着くまでオマンコグチョグチョにして
ごらん、そしたらさっき見たチンポで奥まで犯してあげ
るから」

再度自分が促すと、涼子はゆっくりスカートの中に手を
入れて股間を触りだしました。自分はズボンの中でパン
パンに勃起して痛いくらいでした。

「多目的トイレに入ったら、下は全部脱いで便器に座っ
て、オマンコ開くんだよ」

スカートに隠れて見えないものの、涼子が初めてアソコ
を弄る姿を見てたまらなく興奮していました。

「私が着いたらノックして旦那さんにドア開けてもらう
けど、チンポ欲しかったらきちんと股開いてオマンコ弄
るとこ見せてね」
「ぁ、、」

男の言葉に興奮したのか涼子の喘ぎ声が少しだけ漏れま
した。

「これからグチョグチョマンコに極太チンポ捩じ込まれ
ると思うとたまらないでしょう」
「、、」
「子宮まで届くチンポに犯されること想像したら興奮す
るでしょう?」

涼子の指の動きが少し早くなっただけでたまらなく興奮
しました。

「今日だけだから、旦那さんの為と思ってスケベなこと
楽しもうねぇ」

こうして22時、約束の公園の脇にある駐車場に到着し
ました。男に到着したことを伝え、公衆トイレに向かい
ました。涼子の気持ちは知る由もありませんでしたが自
分は緊張でどうにかなりそうでした。夜の公園を人目を
気にしながら歩き、多目的トイレに入りました。

トイレに入っても涼子は無言で、男に言われた通り便器
に座りました。スカートを脱ぐのを少し躊躇っていまし
たが、自分が脱がそうとすると抵抗なく応じました。パ
ンプスは履いたままスカートを棚に置いて、下半身露わ
の涼子を見てたまらなく興奮しました。足を開かせてワ
レメに手を伸ばすとトロトロの愛液が溢れていて、自分
の指は愛液でベットリになりました。

そしてすぐ、「コンコンコン」とドアをノックする音が
して緊張が最高潮に達しました。大事な涼子を犯される
と思うと信じられないほどの嫉妬心が急激に襲ってきま
した。自分はひろしの確認をしてドアを開けました。

「どーも」

男は落ち着いた雰囲気で、自分には目もくれず涼子に近
づきました。巨漢な男を目の当たりにして、自分は嫉妬
で頭がクラクラしていました。自分は入口付近の壁側に
立ち尽くしていました。

「あ〜たまらん奥さんだねぇ」

涼子は開脚し紅潮した表情で男を見ながらもどうしたら
いいか分からない様子でした。

「ほら、さっき話したようにそのグチョグチョマンコ弄
ってごらん」

男はズボンを脱ぎ、パンツを下ろしながら言いました。

「これ欲しくて来たんでしょ?」

男の肉棒はギンギンに勃起していました。動画で見るよ
りずっとごつく、血管が浮き出た肉棒にたまらなく嫉妬
しました。男は勃起した肉棒を涼子に見せつけるように
ゆっくりしごきました。

「ほら、これ欲しかったら奥さんのスケベな姿見せて」

涼子は男の方を見てワレメを弄り出しました。2本の指
でワレメ全体を撫で回す姿を見て、たまらなく興奮して
自分も肉棒を出してしごいてしまいました。

「あ〜いいね、スケベな奥さん入れてあげるよ」

その時はあっという間に訪れました。男は慣れた様子で
便器に座っている涼子を浅く座らせマンコを上に向けま
した。その光景だけで自分は心の中で情けない声を漏ら
していました。男は涼子のスネを持ち、2度入口を往復
させた後、カリ高のごつい肉棒を生でズブリと挿入しま
した。

「、、ああっ、」
「あ〜奥さんたまらんわ」

涼子は声を上げ、男は下品な声を漏らしながらピストン
を始めました。目の前の男を受け入れて喘ぐ涼子を見た
瞬間、自分は意思とは関係なく射精してしまいました。

「奥さんマンコグチョグチョだね、よっぽど欲しかった
んじゃないの?」
「、、ああっ、」

自分の射精など構うことなく男は涼子を奥深くまで犯し
続けました。

「、、やっ、ああっ、、」
「あ〜奥さんのマンコ最高だねぇ」

巨漢な男が遠慮する様子もなく、色白な涼子の足を広げ
て膣内を堪能していました。

「奥さんもっとたくさん突いて欲しいでしょ?」
「、ああっ、、」
「もっとしてあげるからおっぱい自分で見せてごらん」

男が奥までゆっくり出し入れしながら言うと、涼子はニ
ットを捲くり上げてブラジャーに手をかけました。男の
言いなりになる涼子を見てたまらなく嫉妬したのに、自
分はまた情けなく勃起してしまいました。

「ほら、もっとオマンコしたくない?」
「、ぁぁ、、」

涼子は顔を紅潮させながら男の前でブラジャーを外しま
した。プルンとEカップの乳房が露わになり、薄茶色の
乳首はビンビンに勃起していました。

「あ〜奥さんたまらん乳してるなぁ」

男は涼子の勃起した乳頭に吸いつきながら肉棒を打ち付
けました。涼子の裸を見られ、簡単にセックスをされて
想像よりずっと嫉妬させられていました。

「ああっ、やっ、、」
「ズパンッ、ズパンッ、」

男が涼子の乳房を掴んだりする様子を見て、改めて道具
扱いを受けている印象を突きつけられていました。男は
自分に遠慮する様子もなく、巨大な肉棒を奥まで繰り返
し打ち付けました。

「、、ああっ、イキそうっ、、」

涼子のその言葉ですぐに次の嫉妬心が襲ってきました。
自分のセックスで涼子が中イキしたことはありませんで
したが、涼子は男の肉棒であっという間にその時を迎え
ました。

「ズパンッ、ズパンッ、ズパンッ、」
「、、ああっ、イクッ、イクッ、、」

涼子は自分が聞いたことのない言葉を連呼し、体を痙攣
させながらいとも簡単に絶頂に達しました。

「ああっ!イク〜、、」

涼子は甲高い声を上げながら果ててしまいました。自分
はガマン汁と精子でグチョグチョになった肉棒を夢中で
しごきながらその光景を見ていました。

「旦那さん、奥さんいい声で鳴くね?」
「ああ・・」
「マンコの具合もたまらんね、ヒダヒダがチンポに絡み
付いてくるよ」

男は涼子の足首を掴んでゆっくりピストンしながら再び
自分に言いました。

「結婚して何年だっけ?」
「に、2年です」
「2年も早漏チンポで奥さんに我慢させてたの?」
「ああ・・」
「こんないい奥さんもっと早く差し出さないとダメでし
ょう?」
「あああ・・・」

男はそう言うとストロークを大きくしながら再び涼子を
犯し出しました。イッたばかりの涼子でしたがすぐに快
楽に満ちた声を上げました。男が肉棒を打ち付ける度に
涼子の乳房が揺れてたまらなく興奮しました。

「あ〜たまらん乳の奥さんだなぁ」
「、、ああっ、ああっ、、」

動画で見た他の人妻と同じ扱いを同じ場所で大事な涼子
がされていました。涼子をチンポ便器のように扱うと言
っていた男のピストンにギンギンに勃起しながら嫉妬も
しまくっていました。

「、、ああっ、またイッちゃう、、」
「ほらいいよ、奥さん、またオマンコイッてごらん」
「ズパンッ、ズパンッ、ズパンッ、」
「、、あああっ、やっ、イクッ、イッちゃう!」

便器の上で男の逞しい肉棒を奥深くに差し込まれたまま
涼子はまた絶頂に達してしまいました。男は肉棒を引き
抜きフラフラの涼子を立たせると、ニットも脱がせて全
裸にしました。

「奥さんマジでたまらん体してんなぁ」

そう言うと男は便器座り勃起したままの肉棒をしごきな
がら言いました。

「まだチンポ味わい足りないでしょ?」
「、、、」
「ほら、今度は自分で跨って入れてみな」

男は涼子を引き寄せました。涼子に肉棒を持たせると涼
子は男を跨いでガニ股になり肉棒をワレメに宛てがいま
した。涼子の卑猥な姿と男が涼子の乳房を掴むようにし
ているのを見てたまらなく嫉妬しました。

「そうそう、旦那さん奥さんのそういう姿喜ぶから見せ
てあげて」
「、、ぁぁ、」

涼子は対面座位で男の大きな亀頭を入口で2度往復した
後、ズッポリ根元まで咥え込みました。

「あああっ、、」
「あ〜いいマンコ、奥さん自分で出し入れしてごらん」

男にそう言われると涼子は男の肩に手を置き、上下に肉
棒をしごくように出し入れしました。横から見ていると
動く度に快楽に満ちた表情をする涼子と、縦に揺れる乳
房がたまりませんでした。

「ああっ、すごいっ、、」
「どう?奥さん、奥まで当たるでしょう?」

涼子は切なそうは表情で頷きました。

「もっと激しくしていいよ?旦那さん気にしなくていい
から奥まで打ち付けてごらん」

男にそう言われると涼子は徐々に激しく尻を上下に動か
して声を上げました。

「ビタンッ、ビタンッ、」
「ああっ、すごいっ、、」
「旦那さん、後ろからマンコズッポリ咥えてるとこ見て
ごらん」

自分は言われるままに涼子の背中側に回り、結合部分を
見ました。見た瞬間情けない声を漏らしながら猛烈にし
ごきました。涼子の肉ビラは男のごつい肉棒で押し広げ
られていて、男の肉棒は白濁液を大量に絡め取って出入
りしていました。

「ああっ、、あああっ、、」

涼子は気持ちよさそうな声を上げながら、肉棒の出し入
れを繰り返しました。

「ズプププ、ヌプププ、」
「ああっ、あああっ、、」

初めて見る結合部に嫉妬で頭がおかしくなりそうでした
が、涼子は何度も尻を上下させて喘いでいました。どん
どん男の肉棒に纏わりつく白濁液が増え、玉袋まで溢れ
てたまらない気持ちになりました。

「あ〜奥さん気持ちいいわ」
「あああっ、、、」

男はそう言うと涼子の腰を掴んで更にピストンの速度を
上げさせました。

「ああっ、すごいっ、、」
「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」

涼子は自分とあまりに違う大きな肉棒に犯されながら快
楽の声を上げ続けました。

「ああっ、またイッちゃう、、」
「ビタンッ!ビタンッ!ビタンッ!」
「、、ああっ!イクッ、、イクッ、、」
「いいよ、ほらっ」
「、、、あああっ!イク〜!」

涼子は肉棒を根元まで咥え込んだまま尻を震わせ、腰を
前後にビクンビクンと痙攣させながら果ててしまいまし
た。

「、、あああ、、、」

涼子のこんな声を聞かされるなんて想像もしていません
でした。

「奥さんこのチンポ気に入ってくれた?」

涼子は小刻みに2度頷きました。

「今度は俺のこともイカせてよ」
「ハァ、ハァ、」
「今みたいにオマンコでもっとたくさんチンポしごいて
くれる?」

自分は男の言葉を聞いた瞬間、この後に動画の中で男が
他人妻に射精していたことを思い出しました。涼子は肩
で息をしながらも男に言われた通り、再び肉棒の出し入
れを始めました。

「、ぁぁ、、」
「ズプププ、ヌプププ、」
「旦那さん、チンポしごきながらちゃんと見てなよ?」

自分はこれから涼子の中に射精される事実が頭に浮かん
でいたのに情けない声を漏らしながら夢中でしごき続け
ました。

「ああっ、あああっ、、」
「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」
「あ〜いいよ、奥さん」

男の巨大な肉棒は何度も何度も涼子のアソコ押し広げ奥
深くまで貫きました。

「ああっ、すごいっ、、」
「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」

肉棒が出入りする度に白濁液が糸を引いて、涼子は再び
快楽に満ちた声を上げながら繰り返し尻を上下させまし
た。

「あ〜奥さんのマンコ気持ちいいわ」
「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」
「あああっ、またイッちゃう、、」

涼子が泣き声のような声でそう言うと、男は涼子の尻肉
を掴んで更にピストンを早めました。

「ああっ、あああっ、、」
「じゃあ奥さん一緒にイこうか?」

涼子は中に出されるとは知らず、夢中で腰を振りながら
頷いて返事をしました。

「ビタンッ!ビタンッ!ビタンッ!」

涼子は男に尻を掴まれながら、夢中で肉棒をアソコ奥深
くまで打ち付けました。

「あああっ、すごいっ、、」
「ビタンッ!ビタンッ!ビタンッ!」
「ああっ、イッちゃうっ、、」
「あ〜奥さん、俺もイクぞ」
「ビタンッ!ビタンッ!ビタンッ!」
「ああああっ、、イクッ!イクッ!」
「あ〜出すぞ!」

男は涼子の尻を掴んだまま、肉棒を根元まで入れた状態
で射精をしました。

「ドピュッ、ビュクッ、ビュルルル、、」
「ああっ、ああああっ、、」
「あ〜出る、あ〜いい」

自分の目の前で、涼子の奥深くに男の長い射精が行われ
ました。男の下品な声と結合部から溢れ出る精子を見な
がら、自分も情けない声を出しながら精子を床に撒き散
らしてしまいました。

「奥さんごめんね、旦那さんの了承もらってたから中に
出しちゃったよ」

涼子が立ち上がって肉棒を引き抜くとアソコから大量の
精子が垂れました。自分は顔が熱くなりながら少し横に
移動しました。

「奥さん精子掻き出してあげるよ」

涼子は赤らんだ表情でどうしたらいいか分からない様子
でした。男は涼子をその場で立たせると、2本の指を膣
内に入れました。

「足開いて、そう、ガニ股になってごらん」
「クチャ、クチャ、クチャ、」

男が指で涼子の膣内を掻き出すと、こんなに出したのか
と思うくらいの精子が床に垂れました。

「、、ぁぁ、」

男は涼子の表情を見ると何かを察したように、涼子の乳
頭をしゃぶりながら膣内を再び掻き回しました。

「クチュ、クチュ、クチュ、」
「、あああ、、、」

男がいやらしい舌使いで乳首を舐めまわしながら2本指
で膣内を掻き出すと、涼子は下半身を震わせました。

「クチュ、クチュ、クチュ、、」
「、ああっ、いや、、」
「我慢しなくていいよ?」
「、、ああっ、」

男が指の動きを早めるとほんの数秒で涼子はまた声を上
げました。

「、、あああっ、出ちゃう、」
「クチュクチュクチュ、、」
「いいよ、ほら、奥さん」
「、、ああああっ、いやっ、出ちゃうっ、、」

涼子は腰をビクンビクンと痙攣させながら大量の潮を吹
きました。

「あああっ!ああんっ、ああんっ、、」

初めて見る涼子の潮吹きにたまらなく興奮してまた勃起
してしまいました。男は涼子を真ん中のスペースに移動
させ、自分はそのまま便器の近くにいました。

「奥さん俺まだ出来るよ?」

男の想像以上のセックスや涼子が簡単に絶頂させられて
しまうこと、初めて見る潮吹きで涼子がこの男の虜にな
ってしまうのではないかと不安にもなっていました。男
はしごきながら涼子に近づくと、涼子をその場にしゃが
ませました。

「ほら、しゃぶって」

男は半勃起の肉棒を涼子の口元に持っていくと、頭を掴
んで口内に捩じ込みました。その乱暴な扱いもたまらな
く嫉妬しました。

「、、んぐ、んあ、」
「ほら、舌使って気持ちよくして」

涼子が肉棒を頬張ると男は涼子の頭を両手で掴んで腰を
前後に動かしました。

「、、んぐ、ジュル、」
「あ〜いいね」

複数回口内を往復させると、涼子は観念したように男の
肉棒を受け入れました。

「ジュルル、ジュパ、、」

涼子が頬を窄めて男の為に肉棒を奉仕する姿は想像より
ずっと嫉妬心を掻き立てられました。

「ジュチュ、ジュチャ、、」
「あ〜いい」

暫く涼子は男の腰の辺りを両手で掴んでフェラチオを続
けました。

「ジュルルル、ジュポポ、、」
「抑えないから自分でちゃんとしゃぶって」

涼子は男にそう言われると、一度肉棒を口から離し片手
で握りました。涼子は赤らんだ表情で肉棒を見た後、亀
頭を舌でグルンと舐め回すとスイッチを入れたように竿
の先から根元まで舌を這わせました。

「あ〜奥さんエロいねぇ」

自分にしている時の舌使い、何より表情がいつもとまる
で違う物でたまらなく胸が締め付けられました。

「ジュチャ、チュパ、、」

夢中で男の肉棒に奉仕する姿を見て、益々男の虜になっ
ているのではと不安に感じていました。

「奥さん、またチンポハメて欲しかったらマンコ弄りな
がらしゃぶりなよ」

男はしゃがんでいる涼子の足を開かせると、涼子は右手
を股間に伸ばしました。

「ジュルル、ジュパ、、」
「ほら、普段もっとはしたなくマンコ弄ってるんでしょ
う?」

涼子は左手で肉棒を持ち、夢中で口内を往復させながら
右手はグチョグチョのアソコを回すように弄りました。

「ジュチュ、ジュチャ、ジュチュ、、」
「そうそう、スケベな奥さんの姿ちゃんと見せて」

見たことのない涼子の姿を再三見せつけられ、自分のア
ソコは痛いぐらい勃起していました。

「じゃあ今度は、そこに手ついてケツこっちに向けてご
らん」

男は涼子に低めの洗面台に手をつかせました。

「ほら、もっと足開いて、膝曲げてマンコ突き出してご
らんよ」

涼子は男の言いなりになり、そのはしたない格好にたま
らなく興奮しました。

「まだこのチンポと交尾するんでしょう?」
「、ぁぁ、、」

男はギンギンに勃起した肉棒を涼子の尻のワレメ擦りな
がら言いました。

「奥さん、旦那以外のチンポの前でマンコずっとグチョ
グチョにさせて、スケベな女だねぇ」
「、ぁぁ、、」
「真面目そうな顔して、こんな格好でチンポ欲しがって
たまらんなぁ」

男は亀頭を膣口に押し付けながら続けました。

「もっとチンポ欲しいの?」
「、、、」
「ほら、どうなの?」
「、、欲しい、です、」
「じゃあ俺の言うこと口に出して言いな」

男は涼子の尻肉を広げるように掴み、亀頭を何度も膣口
押し付けながら更に言いました。

「涼子のメスマンコに」
「、、、」
「ほら、言いなよ」
「、、ぁぁ、涼子のメスマンコに、、」
「ひろしさんの逞しいチンポブチ込んで下さい」
「、ひろしさんの逞しいチンポブチ込んで下さい、、」
「ハハ、よく出来ました」

涼子が泣き入りそうな声で言うと、男は肉棒を涼子の奥
深くまで捩じ込みました。

「、、ああああ、、、」

涼子が漏らした喘ぎ声で、嫌でも気持ちよくてたまらな
いのだと思い知らされました。

「ズプププ、ヌプププ、、」
「あああっ、ああああっ、、」

男が涼子に打ち付ける度に涼子の尻肉が波打っていまし
た。

「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」
「ああっ、すごいっ、、」
「何がすごいの?」
「ああっ、、」
「ちゃんと言わないと止めるよ?」
「、、ああっ、ああっ、、」
「ほら、はしたない言葉でいいな」
「、、ああっ、チンポすごいっ、、」

男の激しい打ち付けはこれでもかというくらい続きまし
た。

「ズパンッ、ズパンッ、ズパンッ」
「ああっ、ああっ、、あああっ、、」
「奥さんこのチンポ好き?」
「ああっ、好きです、、」

涼子の乳房は男の一突きごとにブルンブルン揺れて、涼
子はまた甲高い声を上げました。

「、、ああっ、イキそうっ、、」
「またイクのか?」
「、、イキそうっ、」
「じゃあ、大好きなチンポでまたイキますって言いな」
「ズパンッ、ズパンッ、ズパンッ」
「、、ああっ、大好きなチンポでまたイキますっ、」
「あ〜ほら、いいぞ」
「、、ああっ、イクッ、イクッ、、」
「ズパンッ、ズパンッ、ズパンッ」
「、あああっ、イクッ!イッちゃう!」

涼子は男の巨大な肉棒を奥深くに捩じ込まれたまま、両
足を震わせながら果てました。男はすぐにピストンを再
開しました。

「次は旦那が言う番だよ」
「ズパンッ、ズパンッ、」
「私の精子奥さんの何処に出せばいいの?」
「、、ああっ、」

男は涼子の腰を掴み、繰り返し涼子に打ち付けながら自
分に言いました。

「あ〜チンポ気持ちいいわ、ほら、精子上がってきたよ
?何処に出せばいいかちゃんと言いな」
「ズパンッ、ズパンッ、ズパンッ」
「、、ああっ、、あああっ、、」

変態男に涼子を犯されているのに、自分は夢中で肉棒を
しごきながら答えました。

「あああ、涼子のオマンコに出して下さい、、」
「涼子のオマンコにたくさん射精して下さいだろ?」
「ああああっ、涼子のオマンコにたくさん射精して下さ
いっ、、」

男は自分の言葉を聞くと、更にピストンの速度を上げて
涼子の尻に打ち付けました。

「大事な奥さんに射精されるとこちゃんと見てな」
「ビタンッ!ビタンッ!ビタンッ!」
「、、ああっ、おかしくなっちゃう、、」
「あ〜出るぞ」
「ビタンッ!ビタンッ!ビタンッ!」
「あ〜イクぞ、ああ〜」

男は下品な声を出しながら、涼子の奥深くに射精を繰り
返しました。

「ビュルルル、ビュク、ビュルル、、」
「あ〜ええわ」

男は数回、涼子の膣内の肉棒を往復させ精子を搾り出し
ました。ゆっくりと引き抜くと、ボタッと精子が床に垂
れました。

「旦那さん、この奥さんのオマンコ、射精に使うにはも
ってこいだね」
「ああ、、」
「奥さんこっち向いて」

男は涼子を正面に向かせると、涼子は洗面台にもたれ掛
かるように立ちました。

「初めて会ったおっさんチンポはどう?」
「ハァ、ハァ、」

男は涼子に近づき、半勃起の肉棒を涼子の太ももに押し
当てながら言いました。涼子の表情を見た瞬間たまらな
く嫉妬しました。涼子は赤らんだ顔でとろんとした目つ
きで男を見ていました。

「オマンコの奥まで届くチンポ、これハメながらイクの
たまらないでしょう?」
「、、、」
「奥に射精されながらも細かくイッてたね?気持ちいい
から受け入れてるんでしょう?」
「、、ぁぁ、」
「2回射精してもまだ出来るけど、どうしようか?」

男は肉棒を涼子の太ももの間に挟み、擦るように腰を動
かしながら言いました。男は更に涼子のたわわな胸を片
手で掴みました。

「乳首もずっと勃起したままだねぇ、旦那さん、ホント
に奥さんたまらん体してるよね?」

男はそう言うと涼子の乳頭にしゃぶりつきました。

「ジュパ、レロレロ、ジュチャ、、」
「、、ぁぁ、」

男は立ったまま涼子の脚を開かせると、いやらしい舌使
いで丹念に乳首を舐め回しました。男の肉棒は2度の射
精をしたとは思えないほど再び勃起していて、男は肉棒
を涼子のワレメに擦りながら続けました。

「ほら奥さん、これでまたオマンコイキたくない?」
「、、、」
「このままチンポ捩じ込まれて、子宮口に押し当てられ
ながらまたイキたいんでしょう?」
「、ぁぁぁ、、」

男は肉棒を更に膣口に押し当てると涼子は我慢出来ない
といった表情で声を漏らしました。

「すぐオマンコトロトロにさせて、射精ナカにされるの
分かってるのにチンポ受け入れるんでしょう?」
「、、ぁぁ、」
「奥さん、このチンポ欲しくてたまらないこと旦那さん
に教えてあげてよ」
「、、、」
「欲しかったら自分でチンポ持って、オマンコ突き出し
てハメてごらん」

涼子は男に言われると男のごつい肉棒を持って、ガニ股
になりました。その涼子のはしたない姿だけで痛いぐら
い勃起してしまいました。涼子は男に言われるまま肉棒
を持って膣口に亀頭を宛てがいました。

「涎垂らしっぱなしでホントスケベなマンコだねぇ」
「、、ぁぁ、」
「ほら、自分でチンポ入れなよ」

涼子は宛てがった肉棒を自らうっとりした表情で咥え込
みました。

「ズプププ、、」
「、あああっ、、」
「あ〜奥さん気持ちいいねぇ」

男は直立したままの涼子に下から肉棒を突き上げるよう
にピストンを始めました。

「ズプププ、ヌプププ、」
「、、ああっ、いい、」

男は片手で涼子の乳房を掴みながら膣内を味わうように
出し入れを繰り返しました。

「あ〜奥さんマジでたまらんわ」
「、、ああっ、」
「ええマンコ、旦那さんこの奥さん気に入ったよ」

男は自分を見て言いましたが、自分は情けなくしごきな
がら聞いていました。

「今度はあなた方の家でしてあげようか?」
「ああっ、、」
「奥さんもそうして欲しい?」

男は繰り返し肉棒の抜き差しを行いながら続けました。

「今日で私と最後になるのと、次に自宅でオマンコ使わ
れるのどっちがいい?」
「、、あああ、」
「ねえ、奥さん、どっち?」
「ズプププ、ヌプププ、、」
「これからもオマンコされたかったら、私といやらしい
キスしようか?」

男は涼子の顔を覗き込むと涼子もとろんとした目つきの
まま男を見つめていました。キスの予感がしただけでセ
ックスとは違う強烈な嫉妬心が襲いました。

「ズプププ、ヌプププ、、」
「、、あああ、」
「ほら、どうするの?旦那に遠慮しないで教えてくれな
いとチンポ抜いちゃうよ?」
「ズプププ、ヌプププ、、」
「、、ぁぁ、」

涼子の顔はゆっくり男の唇に近づきました。その瞬間た
まらなく嫉妬して情けない声が漏れました。しかし涼子
は自分に構う様子もなく男と唇を重ねました。

「チュク、、」

軽くキスをした直後、涼子の舌は男の舌に合わせるよう
に卑猥な動きを始めました。

「ジュチュ、ジュチャ、、チュチャ、」

涼子の舌の動きを見た瞬間、また勝手に射精してしまい
ました。涼子が自らの意思でする行為は想像よりずっと
嫉妬して興奮していました。

「ジュル、レロレロ、ジュチュチュ、、」
「ズプププ、ヌプププ、、」

男の肉棒が出入りしながら、遠慮のないディープキスが
延々と続きました。涼子がこの男の肉棒に夢中になって
いることをまざまざと見せつけらていました。

「旦那さん、奥さんのベロ美味しいねぇ、ホントはキス
が一番嫉妬するんじゃないの?」
「あああ・・」

男にその通りのことを言われて、しごきながら頷いて返
事をしました。

「奥さんの姿見て、次もこのチンポ欲しがってることち
ゃんと理解した?今度はあなた方の自宅でたっぷりオマ
ンコしてあげるから」

頭に無かった展開にたまらなく嫉妬していました。

「あなたの奥さんたまんないからさ、最後の射精はもっ
と深いところでしてあげるよ」

男は涼子に両手で掴まるように言うと、挿入したまま軽
々と涼子を抱えて駅弁の体位になりました。

「、、あああっ、」
「これ奥まで当たるでしょう?こんな格好でオマンコし
たことあるの?」

涼子は男にしがみつきながら首を振りました。男は徐々
にストロークを開始しながら言いました。

「ズプププ、ヌプププ、、」
「、、あああっ、」

それなりに身長のある涼子が巨漢の男に軽々と抱えられ
て、真横から見ると巨大な肉棒が繰り返し涼子の膣奥を
貫いていました。

「ビタン、ビタン、」
「、、あああっ、すごいっ、」

男は涼子の尻肉を両手で鷲掴みにしながら極太の肉棒を
打ち付けました。

「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」
「、、ああっ、ああっ、、」
「ビタンッ、ビタンッ、ビタンッ、」
「、、ああっ、すごいっ、イっちゃう、、」

男は力強く肉棒を打ち付けると涼子は全身を震わせなが
ら声を上げました。

「、、ああっ、ダメッ、イクッ!」

涼子は男の肉棒で奥深くを貫かれたまま絶頂に達しまし
た。

「、、ああっ、ああんっ、あああっ、、」

男にしがみつきながら痙攣を繰り返す涼子の姿はたまり
ませんでした。

「ほら旦那、奥さんに射精するとこ見せてあげるからこ
っち来な」

男に下から見上げて結合部がよく見える場所に誘導され
ました。涼子のアソコに男の巨大な肉棒が押し広げるよ
うに入っていて、それだけで射精しそうになりました。

「ズプププ、ヌプププ、、」

目の前で男の肉棒の涼子のアソコを往復し出しました。

「、、あああっ、」

涼子の表情は見えませんでしたが、快楽に満ちた喘ぎ声
で一層胸が締め付けられました。そこから男は徐々に徐
々にストロークを強め、涼子は男が射精するまでに痙攣
で声が出なくなるほどイカされました。

「、、ああっ、もうダメ、、」
「あ〜、奥さんええ顔になったわ、そろそろ出すぞ」

男はそういうと猛烈なピストンを開始しました。

「ズパンッ!ズパンッ!ズパンッ!」
「、、ああっ、ああんっ、」
「あ〜出るぞっ」
「ズパンッ!ズパンッ!ズパンッ!」
「、、ああああああっ、、」

自分の目の前で、男は涼子の尻をがっちり抱えたまま膣
内の奥深くに射精を行いました。

「ドピュッ、ビュルル、ドクッ、ビュルルル、、」
「あ〜ええわ」
「、、ああああ、」

目の前で他人棒が愛する妻の膣内に射精を繰り返す様は
想像を絶する光景でした。涼子は男の射精を浴びながら
体を痙攣させイキ続けていました。自分はその場でズボ
ンが汚れているのにも気づかない状態で射精していまし
た。男が肉棒を引き抜くと、さっき出したばかりとは思
えない程の精子が垂れ落ちました。

男は何事も無かったかのように服を着て、自分は汗だく
の涼子に服を着せました。

「じゃあ今日はこれで帰るけど、次も楽しみにしてるか
らね」

そう言うと男はトイレの棚の上に手を伸ばしました。

「今日のこと全部撮影しておいたからね」

男はカメラを手に取って言いました。男がいつもこうや
って撮影していることがすっかり頭から無くなっていま
した。

「この動画見たかったらいつでも連絡しておいで」
「、、、」
「自宅の寝室と奥さんのオマンコ引き換えに見せてあげ
るから」

最後まで嫉妬でたまらない気持ちでこの日は終わりまし
た。続きはまた書きます。

出典:不明
リンク:不明
  投票  (・∀・):7  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44815/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用