あずさ先生の性指導。 (学校での体験談) 2239回

2020/10/03 09:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 副担任のあずさ先生、数週間がたち学校にも慣れて来ました。清楚な感じで、他のクラスの人に羨ましがられます。

 「今日はこのあとの授業は体育だけど、何をするかは決まってません。みんな希望はある?」あずさ先生が
ホームルームで聞いてきました。

 「あずさ先生、今日は蒸し暑いので、水泳がいいです。」僕は言いました。
 「水泳?でも、水着の用意してないでしょう。」
 「実は僕たちは用意してます。」
 「先生、水着が無いの。」
 「あずさ先生は裸でいいじゃないですか?」
 「えっ、は、裸で教室の外に……?」
 
 「それじゃあ、早く用意してプールに行きましょう。」僕たちは早速制服を脱ぎました。
 「ここで脱いで行くの?」
 「そうですよ。あずさ先生もですよ。手伝いますよ。」
 
 僕たちは教壇のあずさ先生に近づき、服を脱がし始めました。
 「あっ、じ、自分でできます……。」
 「まあまあ、手伝いますよ。」
 先生の身体を触りながら、全裸にしました。
 「いつも、下着無くなるんだけど、持って帰らないでね……。」
 「はーい。」
 あずさ先生、何度と裸になってるのですが、とりあえず両手で胸と股間を隠します。
 「先生、早く行きましょうよ。」
 あずさ先生の手を引き、教室を出ました。


 「あずさ先生、どんな気分ですか?」
 「は、恥ずかしいわよ。成人した女性が裸で野外なんて……。みんなイジワル……。」
 プールサイドで青空の下で、あずさ先生は全てを晒してます。
 「先生、あの、授業の前に性指導をお願いしたいのですが。」
 「こ、ここで?い、いいけど……。」
 あずさ先生は僕の前で座ると、水着を下ろし固くなった男性器を持ちました。
 「山田君はいつも元気ね……。」
 「あずさ先生を見てると、つい。」
 先生の柔らかい唇が僕の性器を包みました。あずさ先生も最近は積極的で、おっぱいを僕の太ももに押し付け、両手を使い射精に導いてくれました。

 

 
 
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44830/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用