あずさ先生の後輩。 (学校での体験談) 1485回

2020/10/04 14:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 放課後、帰宅しようと教室で荷物をまとめてると、あずさ先生と3人の若い男女が入ってきました。

 「あら山田君、まだ残ってたの?」
 「今から帰るところです。」
 「こちらの3人は、先生の大学の後輩。教育実習が近いので見学したいって案内してたの。」僕は挨拶をしました。
 
 「こんにちは。あずさ先輩の教え子?先輩はちゃんと先生してる?」
 「もうっ。変なこと、生徒に聞かないの。」
 「あずさ先生はいい先生です。みんな慕ってます。」
 模範的な答えで、あずさ先生も面目が保てたようです。その時、僕はアイデアが浮かびました。

 「あずさ先生、お願いがあるのですが。」
 「何?山田君。」
 「また、性指導お願いしたいです。」
 「あっ、せ、性指導……?あ、後でいい?」あずさ先生は困ってるようです。
 「出来れば、今ここで。」
 「あずさ先輩、いいですよ。私たち待ってますら。」
 「性指導も見てみたいし。」結局、あずさ先生、性指導をしてくれることになりました。


 「じゃあ、ズボンを下ろすね……。」あずさ先生の後輩が見てる前で、性指導が始まりました。やはり後輩には見せたくないようです。
 「下着も下ろすよ……。」
 僕の性器が露になりました。
 「あずさ先生、半勃起なので、いつものように先生も脱いでください。」
 「う、うん……。」
 あずさ先生もブラウスとスカート、下着も脱ぎ全裸になりました。
 「どう?山田君。興奮してきた?」
 「はい。」
 後輩の人たちも目の前の光景に釘付け。女性の方は口元を押さえて見てます。
 
 あずさ先生はいつものように、口で性器を慰めてくれてます。一度、スイッチが入るとあずさ先生は激しいです。
 「みんな……。これが性指導……。生徒たちを射精させるの……。恥ずかしがったらダメなのよ……。」
 もちろん、あずさ先生の胸や膣、お尻の穴まで後輩に見られてます。先生はどんな気持ちなんでしょう?
 「すごいでしょ……?高校生のちんちん……。見た目は大人とかわりないわ。」
 「あ、あずさ先生、イキそう………」
 「いいよ。山田君。射精して、いっぱい……。」

 大量に放出し、後輩の女性のスカートまで届きました。
 
  
 
 
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44832/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用