あずさ先生、家庭訪問。 (学校での体験談) 1853回

2020/10/04 15:55┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 例の伝染病の為に、学校も1ヶ月ほど休校になりました。自宅待機をしていると、誰か訪ねて来ました。

 「山田君、久しぶりね。元気してた?抜き打ちの家庭訪問よ。」
 「あずさ先生。こんにちは。」
 「今は一人?ご家族は……?」
 「みんな仕事でいません。」
 「そう……。」
 玄関であずさ先生と近況報告や、これからの予定などを話しました。

 「山田君、困ってることはない?相談したいこととか……。」
 「あずさ先生、久しぶりに性指導をお願いしたいのですが。」
 「あ、せ、性指導……。そうね……。いいわよ。ええっと、玄関じゃ……。」
 「先生、上がってください。」
 「それでは、お邪魔します。」
 あずさ先生は家に上がりました。

 「山田君の部屋で……?」
 「いや、お風呂でお願いします。汚れてもいいように。」
 僕の家の普通のユニットバスへ案内しました。
 「先生も濡れたらいけないので、脱いでください。」
 「う、うん。そうね。では、脱がせていただきます。何か生徒の自宅のお風呂って、変な感じだわ………。」
あずさ先生と僕は全裸になり、浴室に入りました。

 「あずさ先生、ローション使っていいですか?」
 「そんな物があるの?いいけど……。」
 僕はお湯で溶いたローションを、あずさ先生の身体に塗りました。細身の身体がピクッピクッと反応し、感じてます。
 「あずさ先生も僕に塗ってくださいよ。」
 「あっ、うん……。」
 狭い浴室で二人で塗り合いました。あずさ先生はハァハァと呼吸が荒いです。
 「じゃ、せ、性指導始めるね……。」
 ヌルヌルの指が、既に固くなった性器に絡みつきました。身体も密着して、柔らかなあずさ先生の身体を全身で感じてます。
 「や、山田君……、もう出そう……?」
 「せ、先生、ヤバいかも……。」
 あずさ先生は後ろを向き、背中で見せ、僕の性器を先生の股に挟みました。
 「挿入はダメだけど……。素股………っていうの……。山田君、腰を動かして……。」
 僕は前後にピストン運動をしました。
 「あ、気持ちいいっっ!先生、気持ちいいですっ!」
 「ああっ!い、いいよっ!い、イってっ!」
 次の瞬間、射精してしまいました。

 「あずさ先生、ありがとうございます。スッキリしました。」
 「うん。それなら良かったわ。休校で不安かも知れないけど、出来ることをやってね。それじゃあね。」
 先生は玄関を出ました。午前11時の出来事でした。

 

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44833/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用