フリースクールの葵先生。 (露出の体験談) 2048回

2020/10/10 09:19┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 僕は中学校の時に不登校になり、フリースクールへ通ってました。
 しかし通いはするものの、 ほとんど会話もせず孤立してました。
 ある日、葵先生が、
 「小学生の部の教材で、ドングリがいるので集めるの手伝ってよ。」
 と、車で近くの森まで僕を連れ出しました。

 ドングリを集めながら、
 「もっと人と会話しないとダメだよ。少しずつでも、ね。」
 「ずっとこのままって訳にはいかないし、将来の夢とかもあるんでしょ?」
 と話してくれました。きっと葵先生は、それを伝えたくて僕を連れ出したんだ、と思いました。

 「ドングリはこのくらいで大丈夫かな。少し散歩しよっか。」
 と森を少し歩きました。
 「あー、静か……鳥のさえずりしか聞こえないね。。いいよね、こういうの。」
 確かに秋にしては暖かく、安らぐようでした。

 「知ってる?ネット情報だけど外国では裸になって、森林浴をする場所があるんだって。ねぇ、私たちもしてみよっか。」
 葵先生は少し照れくさそうにしながら、ジーンズとシャツ、下着も脱ぎ全裸になりました。
 「あんまり、見ないでよ。恥ずかしいんだから。君も早く脱いでよね。」
 葵先生は巨乳ではありませんが、細いウエストと丸みのあるライン、何より初めて見る女性の裸に僕は興奮してました。
 僕も葵先生のように裸になりました。先生はいたずらっ子のように裸足で森を歩きました。
 その後ろ姿に我慢できず、僕は葵先生を抱き締めました。
 「ちょ、ちょっと。そういのは……。ダメだよ……。」
 しかし柔らかな身体に触れてると、固くなった性器を葵先生に入れたい衝動に駆られました。
 「だ、ダメ……。そういうのは好きな人同士で……。」
 葵先生は拒もうとしてしてますが、華奢な彼女は非力で、僕は後ろから性器を葵先生の膣に当てがりました。
 そこはもうヌルヌルで、すんなり挿入することができました。
 「ん……。あっ……。だ、ダメ……。」
 しかし、僕は腰を前後に性欲のまま、動かしました。
 葵先生は必死に喘ぐのを我慢してるように見えました。。数分もしない内に、僕は絶頂に達し、葵先生の中に大量に放出しました。
 地面の上に、横たわる葵先生は、
 「この事は2人の秘密だから……。ナイショだよ……。」
と、言い立ち上がりました。
  

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44842/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用