入浴介助で大学生と。 (看護婦の体験談) 4203回

2020/10/20 15:43┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は23才の看護士。割りと大きな総合病院で働いてます。
 整形外科にいるのですが、中年の患者さんが多い中で若い男性患者さんを見つけました。

 手首を粉砕骨折して入院している佐野君は、某公立大学に通ってるそうです。甘いルックスで身長も高いです。

 その佐野君を入浴介助する事になりました。通常は二人ですが、忙しいので一人が多いです。
 
 「佐野君、お風呂久しぶりじゃない?」
 「そうなんですよ。一週間ぶりなんて生まれて初めてですよ。」
 脱衣室に二人っきりです。
 「それでは脱がしますよ。」
 「あの、自分でできます……。」
 「いや、任せてください。」
 スポーツマンっぽい筋肉質の、引き締まった上半身が見え、ズボンと下着も脱がすと男性器が露になり、何か変な空気になりました。

 「あの、本当は入浴介助用のウェアがあるのだけど、今日は忘れてしまって。………だから、私も裸で……。ごめんなさいね………。」
 そう告げて、私も全裸になりました。
 「いつもは、裸では無いのよ……。あんまり見つめないで……。」
 
 彼を座らせて、身体を洗いました。スポンジは使わず手に泡を絡ませ、優しくゆっくり洗いました。
 若い男性なので、やはり雄々しく勃起しました。
 「佐野君、ここ元気……。溜まってる……?」
 「は、はい……。」擦ると熱く、とても固いです。
 「佐野君、ナイショにできる?」
私は彼に向かい合う形になり、男性器を私のに導きました。実は私も、欲しくて我慢出来ませんでした。
 「ああっ……。は、入ったわ……。」
久しぶりの性行為に早くもイキそうでした。
 「あっ…き、気持ちいいです。看護士さんっ。」
 「あ、私も……。だ、ダメ……。イッちゃう……。」

 結局、浴室で二回、脱衣室で一回してしまいました。彼の次の入浴が待ち遠しいです。
 
 
 
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44848/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用