入浴介助で中年男性と。 (看護婦の体験談) 3489回

2020/10/20 16:22┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は23才の看護士です。今日は田辺さんという入院患者の入浴介助でした。
 田辺さんは50才前の中年男性で、お腹が出て頭髪も薄く、私の身体をやらしい目付きで見てくるので、少し苦手でした。
 (仕事とはいえ、嫌だな……。さっさと終わらせよう……。)
 田辺さんと脱衣室に入りました。
 
 「看護士さん、脱がせてよ。」
 甘えた口調で言ってきました。
 「田辺さんは手首の骨折なので、一人で大丈夫ですよ。」
 田辺さんはニヤニヤしながら言いました。
 「看護士さん、佐野君とは大違いだな。対応が。」
 「えっ?」
突然の佐野君の名前に驚きました。
 「佐野君、退院の前に色々教えてくれたよ。お風呂のことも……。」
 「あっ、あの……。」
 「私はここの部長とも懇意でね。まあ、とりあえず、佐野君の時のように全裸でお願いしようかな。」

 まさか佐野君の口がこんなに軽いとは……。言い訳も出来ず、言われた通り私は全裸になりました。こんなおじさんの前で……。屈辱です。
 「佐野君の言ってた通り、形のいいおっぱいだな。お腹は胃下垂何だって?」
 骨折されてない手で、身体中を触られました。
 「さて、続きはお風呂でしようか。」

 もちろん浴室では、佐野君にしたように素手で全身を洗わせられました。田辺さんは、私の身体も隅々まで触り、座位の状態で挿入させられました。
 「看護士さん、どうだい?気持ちいいかい?」
 「あっ、そんなこと……。」
 悔しいですが、佐野君より形の良い田辺さんの男性器に感じてしまい、声を押さえるのに必死でした。
 田辺さんとのキスも許し、涙目で舌まで絡ませてしまいました。
 田辺さんは遊び慣れていて、私を何度もイかせたあとにたっぷり膣に射精しました。
 「あー。気持ち良かったよ。看護士さんも良かったんだろ。私の身体に爪痕を残すくらいだもんな。」

 浴室に横たわる私は反論できませんでした。こんなに絶頂を迎えたのは初めてでした。
 
 また田辺さんに、抱かれるのを期待している私に気付きました。

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44849/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用