担任の佐伯りつ子先生。 (教師との体験談) 3743回

2020/10/20 21:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 僕の通っている学校では年に一度、精液検査があります。採取するのは担任の先生で、専用の容器に入れてくれます。

 僕のクラスの担任は佐伯りつ子先生。音大出身で、色白な美人。セミロングで男女問わず生徒から人気があります。推定で、25才くらい。まだ未婚。155センチくらいで、スタイルは良さそうですが、目立たない服装が多いので不明です。

 「これでホームルームは終わります。みんな、気を付けて帰るのよ。………それと、今日から精液検査があるので順番の人は残って………。」
 いつもは明るい佐伯先生も、このあとの精液検査で表情が少し暗いです。
 教室には今日採取する僕を含む男子と、見学の女子が数人残ってました。

 「それでは、相田君………採取しようか………。」あまり気が進まない感じです。
  「相田君、性器を………出して…………。」僕はズボンと下着を下ろし一物を露出しました。キャーと見学の女子が騒ぎました。
 「相田君、あんまり元気ないね………。昨日、した?」
 「いえ、してません。あの、佐伯先生も脱いでもらえませんか?去年の美都子先生は脱いでくれました。」

 「あっ、そ、そうね……。」と言い、佐伯先生は脱ぎ始めました。少し躊躇しながらも下着も脱ぎ、真っ裸になりました。
 「それでは続けましょうか。」
 実はこの時、佐伯先生には婚約者がいたそうで、それなのに教え子に裸を晒しながら、射精の手伝いをする……。どんな気持ちだったのでしょう………。 

 佐伯先生の裸体は胸も大きく、すぐに興奮しました。慣れてる感じも隠さず、佐伯先生は僕の性器を擦ってくれました。
 「あっ、先生、い、いくっ………。」
 すぐに限界に達し、僕は射精しました。

 「相田、はやーい!」と女子に冷やかせれました。

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44851/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用