佐伯りつ子先生がプールで。 (教師との体験談) 2516回

2020/10/25 09:31┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 今日の三時間目は水泳でした。プールサイドで準備運動をしてると、担任の佐伯りつ子先生がやってきました。
 「授業中すみません。じつは、相田君の精液検査だけ紛失しまして……。提出が午前中なので、今から採取よろしいですか?」
 「そういうことなら全然構いません。相田君、採取してもらいなさい。」
 体育教師はなんだ、そんなことかのように許可しました。
 「相田君、二度もごめんね。体調はいい?」
 「はい、普通です。」
 「良かった。じゃあ、採取するね。」

 佐伯先生は、ゆっくり僕の水着を下ろしました。
 「あの、佐伯先生も脱いでもらえませんか?僕だけプールで裸って恥ずかしいです。」
 「えっ、外で?………教室に移動する?」
 「時間がもったいないのでここで良いです。先生、脱ぐの手伝いますよ。」
 
 佐伯先生のポロシャツとジーンズを脱がし、下着にしました。薄いピンクのブラとショーツでした。
 「相田君、大人が外で裸って恥ずかしいんだけど………。下着じゃダメ?」
 「僕ももう全裸なんだから。先生もですよ。」
 僕は、佐伯先生の下着も脱がし、生まれたままの姿にしました。
 「ああ、先生恥ずかしいよ……。」
身体を隠しながら、佐伯先生は呟きました。豊満な裸体が空の下に晒されてます。他の生徒も囲んでみてます。

 「相田君、勃起してるね。」
 佐伯先生は、僕を寝かせて性器を擦り始めました。その間、佐伯先生の大きな胸を揉みました。とても柔らかいです。

 直後、無事射精しました。
 「先生、せっかくだから泳いでいきなよ。」
 「ええっ?水着も無しで?」
 僕は佐伯先生の手を引っ張り、プールに落としました。濡れた髪、水面に浮かぶおっぱい、何より成人した女性が裸でプールという状態が官能的でした。

 「もう……。裸で泳ぐなんて、幼児以来だよ。」
恥ずかしそうに言う佐伯先生。授業が終わりましたが、タオルがないので両手で身体を隠しながら、裸で校舎へ戻って行きました。
 
 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44855/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用