イチジクの葉っぱのみで、農協祭りに。 (露出の体験談) 1799回

2020/10/28 09:58┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は農協に勤めてます。
 村の特産品はイチジクで、今度の農協祭りで全裸にイチジクの葉っぱを股間につけて、盛り上げてくれ。と頼まれました。
 もちろん断りましたが、若い者が他にいないという理由で、同僚の三穂子ちゃんと一緒にする事になりました。
 
 当日、三穂子ちゃんと応接室で準備をしました。一応、背中を向けて服を脱ぎ全裸になり、イチジクの葉っぱを着けました。葉っぱに紐を通し、腰に巻くという心細いものです。
 
 「三穂子ちゃん、準備できた?」
と、振り向くとほぼ全裸の三穂子ちゃんが大きな胸を隠してました。
 「山田さん、こんな姿で人前に出るの、恥ずかしいです。」
 童顔の三穂子ちゃんでしたが、身体は立派な女性そのものでした。
 「や、山田さん………。」
 彼女の視線が下からそらし、赤い顔をしてました。気付かないうちに、私は勃起して葉っぱを押しのけてました。
 「ああ、ご、ごめん。せ、生理現象だよ。三穂子ちゃんがエロくて。これはまずいよね。」
 「あ、あの、どうしますか?」
 「やっぱり、一度射精しないと治まらないと思うよ。三穂子ちゃん、手で良いんで抜いてくれない?」
 「手ですか……。」

 三穂子ちゃんは横に来て、私の怒張した性器を握りました。彼女の甘い香りを嗅ぎ、ますます興奮しました。
 「山田さん、イきそうですか?」
 「うん、もうチョイ……。」
 正面の三穂子ちゃんの胸を黙って触りました。白く、とても柔らかいです。
 「あっ………。」
 彼女から声が漏れ、そのまま股間の葉っぱを捲り、膣を触ろうとすると、彼女は無毛でした。
 「実は私、体質的に下の毛が生えないのです……。」
それを聞いて俄然興奮した私は、彼女のクリを剥き、摘まみました。膣はもうグッショリです。

 「や、山田さん、イ、イクっ!」
私も同時に達し、彼女のお腹に射精しました。


 時間が来て、私と三穂子ちゃんは会場に出ました。

 来場者にイチジクを配る係でしたが、三穂子ちゃんは終始赤面の笑顔で仕事をしてました。男性からは握手や求められたり、おっぱいを触られたりして、股間を濡らしてました。

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):1  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44859/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用