おっとりしたお嬢様と… (出会い系での体験談) 4369回

2020/11/14 01:04┃登録者:ヤマト┃作者:ヤマト
出張で名古屋へ行った時の体験談。

仕事も終わりムラムラしていたので、メッセージを送っていました。

すると、今夜会えるというような方がいたのでメッセージのやり取りをして、名古屋駅前で待ち合わせ。

来たのは、櫻坂46の関有美子似の清楚系の女の子の友香ちゃん。

高そうなワンピースを着ていました。

車に乗り話を聞くと、かなりのお嬢様らしい。

礼儀正しくこれまでの人生では出会った事のないタイプ。

お互い緊張しながら、ファミレスへ。

今年から一人暮らしを始めたらしく、ご飯作るのが面倒臭い時にくるので、ファミレスはよく来るらしい。

歳は同じ位ですが、住んでいる環境の差があり、会話がなかなか続かなかったのですが、坂道グループの話をした途端上手くいきました。

お腹もいっぱいになり、2軒目のカラオケへ。

乃木坂のおいでシャンプーや櫻坂のサイレントマジョリティーなど坂道グループの曲で盛り上がり、良い雰囲気なので手を繋いでみる。

ずっと女子校らしく男慣れしていないので、手を繋ぐだけで照れていて可愛らしい。

キスをすると顔がもう真っ赤。

ヤマト「初めて?」

友「は・・はい//。」

こんな可愛い女の子の初キスの相手が私だなんて・・・

ウブな彼女の反応を楽しみながらイチャイチャしました。

お互いここで始めちゃいそうな位興奮していたので、カラオケを出てラブホへ。

部屋に着くとシャワーも浴びずベットへ。

イチャイチャしながらお互いに脱がせ合い下着姿に。

友香ちゃんの下着は清楚な薄いピンク色の上下でとても可愛いらしい。

ヤマト「可愛いね。」

友「・・っ//。」

照れる姿が本当に可愛い。

ブラを外すと以外と大きな胸が・・・

どうやら着痩せするタイプみたい。

焦らすように薄いピンク色の乳首の周りを愛撫。

ゆっくり時間をかけて愛撫した後乳首を愛撫。

友「んっ・・」

と。

パンツを触ると下着の上からでのわかる位濡れていて、シミになっていました。

ヤマト「めっちゃ濡れてんじゃん。」

友「・・・//。」

パンツを脱がせるとおっとりとした見た目からは想像できないモジャモジャ。

友「毛深いのコンプレックスなんで・・・」

申し訳なさそうな顔をするので

ヤマト「毛深いの好きだよ。」

と安心できるように笑顔を見せてマンコをクンニしてあげました。

クリを舐めると、ビクッと反応。

攻守交代して彼女の番

友「こんな硬くなるんですね」

興味深々にチンコを触る。

友「また大きくなってきました。」

友「舐めますね」

ペロペロと亀頭を舐める。

初めてなだけあってぎこちない。

ヤマト「咥えて・・・」

パクっと咥えてフェラ。

くちゅ・・くちゅ・・・とんっ

ヤマト「・・・ぃたっ。」

歯が当たってしまい痛みが・・・

友「あぁ・・すいません・・・」

申し訳なさそうな顔の友香ちゃん

友「大丈夫だよ」

と慰め頭をナデナデ。

テンションが下がってしまったので、ベットでイチャイチャしました。

ヤマト「そろそろ挿れていい?」

友「よろしくお願いします」

正常位でチンコを割れ目を優しくこすり、ゆっくり優しく挿入していきます。

友「・・・っ」

入れた瞬間友香の顔がこわばるのがわかりました。

ヤマト「友香、大丈夫?」

友「・・ちょっと・・・痛いです」

動くと痛いと思って、中に入れたまま頭をナデナデして軽くキス。

友「動いても大丈夫だと思います」

彼女が言うのでゆっくりピストン

ヤマト「痛くない?」

友「はい、大丈夫です」

どんどんピストンのスピードを上げていくと、感じるようになってきたらしく

「っあん・・っあん・・っあん」

と喘ぎ始める。

友「ぁあ・・やばい・・逝くっ・・」

と。

逝った反動で締まりが良くなり、私も逝ってしまいました。

ヤマト「どう卒業してみて・・」

友「最初は痛かったけど、後の方は気持ち良くなれました。」

しばらくの沈黙があり、

友「・・・もう一回したいです」


2回戦はバックでやる事に・・・

友香ちゃんを四つん這いにして眺める

友「えぇーなんなんですか・・・」

恥ずかしがる姿が最高に可愛い。

ヤマト「友香ってM?」

友「ちっ違いますよ」

ヤマト「だってさっきより濡れてるよ。」

友「そんな事ないです//早く入れてください///」

チンコを友香の秘部に当ててスリスリさせて、また焦らす。

友「もう、まだですかー//」

おっとりした喋り方、エロい後ろ姿、照れて真っ赤になる所全てがたまらない。

ズブズブズブ…友香の中にゆっくり挿れる。

友「すごいですね・・さっきより・・」

パンパンパン…可愛らしいお尻を打ちつける音が響く。

友「っあん・・あん・・あん」

小刻みについたり、ゆっくりにしたりして友香の中を楽しむ。

友「あん・・やばい・・逝っちゃう・・」

友「逝く・・逝く・・」

どうやら逝ったようで締まりが良くなる。

パンパンパン…気にせず奥をつき続け2度目の射精。

お互いに疲れたのでベットでぐったり。

ヤマト「お風呂行こっか。」

2人でお風呂に入りイチャイチャ→3回戦…

様々な体位で楽しみました。


彼女は名古屋住みだったので、ワンナイトになってしまった事が残念でした。

もしよろしければ「ヤマトの長野の出会い系体験談ブログ」で検索してみてください

出典:https://inaka.fc2.xxx/
リンク:https://inaka.fc2.xxx/
  投票  (・∀・):2  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44868/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用