佳子ちゃんのお見舞い。 (従姉妹との体験談) 6354回

2020/11/27 13:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 高校の時に交通事故で入院しました。重症ではないのですが、右手首と脚を骨折しました。
 初めの頃は、同級生などがお見舞いに来てくれましたが、三週間目になるとみんなも忙しいらしく、訪れる人もなくなり退屈な毎日でした。
 そんな時に、従姉妹の佳子ちゃんが突然お見舞いに来てくれました。

 佳子ちゃんは僕より6つ年上で、会社勤めをしてました。小学生の頃は、お正月やお盆に遊んでもらってたけど、会うのは久しぶりでした。

 「優くん、大丈夫だった?お見舞い遅くなってごめんね。」
 「うん、大丈夫。佳子ちゃん………年上にちゃんは変か。佳子さん……。」
 「いいよ。佳子ちゃんで。優くん久しぶりだけど、おっきくなったね。」
 
 (おっきくなったのは佳子ちゃんの方………。)と思いました。昔はショートカットで男の子みたいだったのが、サラサラのセミロング、化粧もし、パンツスーツを着ていてきれいな大人の女性に佳子ちゃんはなってました。

 「何か必要な物とか、してほしいこととかある?」
 「必要な物はないけど………。」
 「何?何でも言ってみて。」
 「右手がこれなもので、こっちの方が処理出来ず……。静めてもらいたいのだけど。」

 僕は自分の股間を指さしました。佳子ちゃんも最初はわからないようでしたが、ハッと気づいたようです。

 「あ、ああ。ゆ、優くんもそういう歳だものね。………。う、うん。いいよ。私で良ければ。」

 佳子ちゃんは僕の下半身に移動し、パジャマと下着をゆっくり下ろしました。
 既に佳子ちゃんの魅力で性器は半勃になってました。

 「それじゃあ、触るよ……。」
 佳子ちゃんの細い指が、性器に触れました。佳子ちゃんの恥ずかしそうな表情で、完全にそそり勃ちました。

 「あ、あぁ。優くんの立派………。」
 指を上下に動かし、刺激し始めました。佳子ちゃんも、もうそういう行為をしたことがあるんだと思いました。 

 「優くん、気持ちいい………?」
 「うん。佳子ちゃん、上手いよ。よく彼氏とかにしてるの?」
 「えっ?た、たまに………よ。」
 「口とかでもしてるの?」
 「う、うん……。」
 「佳子ちゃん、僕にも口でしてよ。」
 「ゆ、優くん……。おばさんたちにはナイショよ……。」

 佳子ちゃんの唇が、僕の亀頭に触れ、肉棒を咥えました。今までに無い気持ち良さでした。
 僕は無事な左手で、佳子ちゃんのおっぱいを触りました。そうこうしてると、絶頂が近づき佳子ちゃんの口内に射精しました。

 佳子ちゃんは精子は飲まずに、ティッシュに出しました。
 「スッキリした、優くん?」
 「ありがとう。佳子ちゃん、気持ち良かったよ。またお願いして良い?」
 「う、うん。い、いいけど………。」

 次の週にまた来てくれる約束をしました。今からとても楽しみです。
 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):1  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44877/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用