絵画サークルで性行為を……。 (露出の体験談) 4159回

2020/12/30 14:17┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 あの日以来、私は絵画サークルで裸にならない時はありませんでした。
 「男性ヌードと並んだ方が、男女の違いが鮮明になりいいよ。」ということで、裸の男性と並んでモデルをすることになりました。
 「よろしくね、奈緒さん。」松下さんは私より歳上です。自身の性器を隠そうとせず、既に勃起してました。
 直視出来ない私を見て、更に性的興奮をしてるようでした。
 「それじゃ、少し抱き合うようなポーズを、とろっか。」
 松下さんが近づき、私の裸体に手を回しました。優しく、感じさせるような触れ方で、事実私は感じてしまいました。
 松下さんの男性器が、私のお腹に触れました。固く、熱いです。
 「ん、んん……。」
 「もう感じてるの?奈緒さん。」
 「そんなこと……。ありません……。」
 「触っていいんでよ、私のちんちんに。」
 「だ、大丈夫……です……。」
と、言いながら私は我慢出来ず、男性器に手を伸ばしてしまいました。
 「奈緒さん、やっぱり触りたいんじゃない。」サークルのメンバーから笑いがでました。
 気がつくと私は松下さんの身体に胸を押し付けながら、擦ってました。それだけでは満足出来ず、ひざまつき口で奉仕を始めました。
 「もう、奈緒さん……。大好きでしょ?ちんちん。」
 「ああっ……。す、好きです……。だ、大好きです……。ちんちん……。もう我慢できません……。」
 
 私は後ろ向きになり、立ったまま後ろから松下さんに挿入してもらいました。
 はしたなく激しく悶える姿を、皆に見られてしまい、更に感じてしまいました。もう普通の性行為では満足できません……。
 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44903/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用