性処理係の志桜里先生。 (学校での体験談) 3244回

2021/01/05 13:10┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は24才の小学校の先生です。ある日、放課後の空き教室で
同僚の山口先生から相談を受けました。

 「志桜里先生、僕もそろそろ29才なので、彼女が欲しいです。紹介してもらえませんか?」
 「紹介したいけど、私もここ地元ではないし、この辺りに友達の女の子はいないです。。」
 「………この辺りって田舎じゃないですか。」
 「そうですね。」
 「街らしい街どころかコンビニもないし。若い女性なんていないじゃないですか。」
 「確かにです。。」
 「当然、出会いなんてないし、風俗さえもないし。僕、20代でやりたい盛りですよ。志桜里先生、どうにかしてもらえませんか?」
 「どうにかって……。」
 「とりあえず、性処理してもらえませんか?もう我慢出来ません。」

 山口先生の話も一理あると思いました。また暴発して性犯罪を犯しても大変と思いました。

 「わ、分かりました。………ええっと、どうしたら………。」 
 山口先生はズボンと下着を下ろし、私の目の前で性器を露出しました。
 「きゃっ!」反射で眼を反らしました。

 「口で慰めてくれませんか。」
 既に山口先生のは雄々しく勃起してました。グロテスクで、私の今まで見た性器より長いと思いました。

 仕方なく、私は山口先生のを舐めました。
 「志桜里先生、亀頭を呑み込むように………。」
 先っぽを咥えると喉まで当たり涙ぐみました。
 「う、気持ちいい………。玉袋もお願いします。」
 私は言われた通りにしました。袋は溜まってるのかパンパンでした。

 「ううっ、も、もうイくっ!」
 山口先生はそういうと、私の顔や髪に大量の精液を放出しました。


 

 
 

 
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):1  (・A・):1  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44915/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用