怖がりの姉。 (姉との体験談) 5368回

2021/01/25 14:23┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 僕の姉ちゃんは小さい頃から、怖がりで特に心霊や宇宙人が苦手でした。それは大人になっても変わりませんでした。

 「優くん、一緒にお風呂入らない?」
 応接室でテレビを見てると、タオルを巻いた姉ちゃんが怯えながら入って来ました。
 「姉ちゃん、また?」
 「今日は風が強いし、お父さんたちは旅行でこの家には二人きりだし……。ね、いいでしょ?たまには。姉弟なんだから。」

 家は祖父の代からの古い屋敷で、無駄に広くやや怖いといえば怖いですが、
 「姉ちゃん、僕たち25才と21才だよ。」
 「お願いっ。今夜だけ……。」仕方なくお風呂へ向かいました。

 脱衣場で姉ちゃんはタオルを外し、裸になりました。大学のミスキャンパスにもなったこともあり、弟から見ても美人です。背も高くグラビアアイドルのようです。僕も裸になり、浴室に入りました。
 
 「優くん、どう?お姉ちゃんのオッパイ。大きくなった?」
 「ん、わからないよ。」
 「優くん、照れてるの?かわいいー。」
 「姉ちゃん、僕、風呂入らないよ。」
 「あー、ごめんごめん、優くん。身体洗ってあげるから。座って座って。」

 姉ちゃんはボディソープを泡立てると、手とオッパイにつけて僕の背中と性器を擦ってくれました。
 「優くん、気持ちいい?」
 「うん、き、気持ちいいよ。」
 「彼女さんよりも?」
 「う、うん。」
 姉ちゃんのオッパイは、僕の歴代彼女よりも立派で、どこで覚えたか性技もすごいです。片手で棒を優しく擦りながら、片手で袋を揉みほぐしてくれます。
 「優くんの固いねえ。何かお姉ちゃんも気持ちよくしてほしくなっちゃった。いいでしょ?」
 「う、うん。」

 僕と姉ちゃんはマットの上でシックスナインの形になりました。姉ちゃんは上から僕の性器を舐めたり、咥えてたりしました。美人でいいよなあ、お前の姉ちゃんとみんなから羨ましがられた姉ちゃんが、僕の上で股を開いて痴態を晒してます。
 姉ちゃんのクリトリスを甘噛みすると、ビクッと反応しました。
 
 姉ちゃんは僕の上でクルリと反対になると、痴毛とクリトリスで素股プレイをしました。
 姉ちゃんが腰を調整すると、僕の性器がヌルヌルの膣に治まりました。
 「あっ!ご、ごめん。は、入っちゃった。じ、事故だよね。」
 「う、うん、事故だからしょうがないよ。」
 「せっかくだから、ちょっと楽しもっか。」
 姉ちゃんは、女性上位で大きな胸を揺らしながら激しく動きました。
 「ああっ!だ、ダメっ!優くん、い、イクっ!またイッちゃうっ!」
 姉ちゃんは僕に、しがみつき何度も絶頂を迎えました。
 僕も我慢しきれず慌てて膣から抜き、射精しました。

 
 



出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44983/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用