自宅のプールで。 (姉との体験談) 4191回

2021/02/03 15:14┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 我が家は少し裕福で、自宅の庭に小さいですがプールがあります。
 夏の蒸し暑い日に、僕は一人浮き輪で浸かってました。そこに、姉が帰って来ました。

 「ただいま。あっ、よし君、プールに入ってるの?」
 「姉ちゃんお帰り。今日は暑いからね。姉ちゃんも入るかい?」
 「そうね、久しぶりに入りますか。」

 姉は24才。高校生の時は、芸能事務所がスカウトに来たこともある美人。弟の自分から見ても、ドキッとするときがあります。
 しばらくすると姉がやって来ました。


 「さぁて、水遊びするかな。」
 「ね、姉ちゃん、み、水着くらい着なよっ!」
 姉はタオルを持ってるだけで、一子まとわぬ全裸で庭に出て来ました。
 「平気だよ。庭は外から死角で全く見えないし。覗かれることもないよ。」
 「ぼ、僕がいるよっ!」
 「小さい頃は一緒にお風呂は入ったじゃない。」

 僕は目のやり場に困りました。姉の裸なんていつ以来かわかりません。姉は豊かな胸にくびれたウエスト、白い肌で痴毛が黒々と生えてました。

 「よし君、お願い。日焼け止め塗って。」
 「自分でやってよ。」
 「背中だけでも。手が届かないよ。」仕方なく、僕はプールから上がり、座ってる全裸の姉の後ろにまわりました。
 
 手にサンオイルをつけ、背中に塗りました。姉の素肌は柔らかいです。
 「ついでに他の所も………。」
 甘えながらいうので、腕や脚も塗りました。
 
 「お尻も塗って……。」
 姉は四つん這いになりました。性器はおろかお尻の穴まで丸見えです。
 「よし君、お姉ちゃんの恥ずかしい所見てるでしょ。エッチー。」
 「姉ちゃんが頼んだじゃないか。」
 「よし君、勃起した?」
 「してないよ。」本当は勃起してました。姉は僕の股間に手を伸ばしました。

 「勃ってるじゃない、よし君。身体は正直よね。お姉ちゃんだけ裸は恥ずかしいからよし君も脱いでよ。」
 姉は僕の水着を脱がし、野外で姉弟が全裸になりました。
 「よし君、溜まってるのじゃない?身体に悪いよ。お姉ちゃん出してあげようか?」
 姉は僕の性器を擦りながら言いました。

 「お姉ちゃん、こんな事も出来るよ。」
 姉は大きなおっぱいに僕の性器を挟みました。サンオイルがローション代わりで気持ち良いです。

 「ね、姉ちゃん、き、気持ちいいよ………。」
 「でしょ。みんなこれでイッちゃうよ。男の子っておっぱい好きよね。」
 どんだけの男にしてるのかと思いましたが、グラビアアイドルのような姉の奉仕に僕は耐えられなくなり、射精してしまいました。

 「わっ!よし君、いっぱい出したね。今度はお姉ちゃんも気持ち良くしてよ。」
 「うん……。」
 姉の性器を触ると、しっかり塗れてました。クリに指が触れるとビクッとしました。知らない間に姉はエロ姉ちゃんになってました。
 
 
 
 

 
 
 
 
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/44987/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用