登山での出来事。 (複数での体験談) 5722回

2021/02/20 14:57┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は27才の会社員。趣味で山登りをしてます。

 その日も、近くの山へ紅葉を見に行きました。何度か登ったことのある山で、頂上まで一時間くらいです。

 基本、マイペースな私はいつも一人で登山してますが、その日は頂上近くで足を捻ってしまいました。
 
 歩くと足に痛みがありました。どうしよう、と困ってると3人組の男性が声をかけてくれました。

 「どうしましたか?何かお困りですか?」 
 「ち、ちょっと足を痛めたみたいで……。」
 「捻挫ですかね?無理をすると悪化しますよ。僕たちがおんぶしますよ。」

 彼等の好意に甘えて、おんぶしてもらいました。聞くと、彼等は某大学の登山部で、練習がてら登っててそうです。確かに体格も良く、150センチの私を軽々背負ってくれました。とても明るい人たちで、雑談をしながら頂上まで行きお昼を食べました。

 下山してる時に、「この脇道を抜けると小川があるんですよ。行ってみませんか。」と、言われました。もちろん断る権限などありません。

 細い道を抜けると小川がありました。
 「ちょっと降ろしますよ。」
 「は、はい。」実は何か彼等の様子が変わってるようでしたが、気付かぬ振りをしてました。

 「実は3人で決めたのですが、今から恵理子さんとやらしいことをしようと。」
 「え、ええっ?」
 「抵抗されると、可愛いらしい服を破るといけないので、自分で裸になってくれると嬉しいんですけど。どうしますか?」
 
 もう私には、拒否する権利はないようでした。確かに大声を出しても助けなど来そうにありません。

 「ぬ、脱ぎます……。自分で脱ぎます……。」
 私は震える指で、シャツのボタンを外しました。彼等はニヤニヤと見てます。
 私は下着姿になり、それも脱ぎ、生まれたままの姿になりました。

 「やっぱり恵理子さん、巨乳だよ。」
 「おんぶしてるときから背中に感触があって、勃起してしまったよ。」
 「さて、俺たちも脱ぐか。」

 彼等も全裸になり、一斉に私に襲いかかりました。六本の手が私の身体を触りました。
 我慢出来ないのか、すぐに後ろから挿入されました。私はせめてのプライドを保つ為に、感じまいと決めました。

 しかし、三順目になった頃には私は自分から腰を振ってました。
 「あぁ、き、気持ちいい………。も、もっと突いてください………。」
 彼等の若く耐久性のある精力に、屈してしまいました。週に二、三回は自慰をする私なので、性行為が好きというのもありました。
 野外でケモノのように交わって、私は何度も絶頂を迎えました。
 
 結局、我を忘れるほどやられてしまいました。下着は取られてしまいましたが、ちゃんと帰りもおんぶして駐車場まで連れて行ってくれました。

 
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):6  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45007/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用