発育測定。 (教師との体験談) 3450回

2021/03/03 17:20┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 僕の通ってる私立高校では、年に三回ほど健康診断とは別に発育測定というのがあります。

 厚生労働省から要望されたそうで、男子生徒の勃起した性器を測定するものです。
 勃起した性器を測るという為に、女の先生が専用の道具で測定してくれます。今日がその測定日です。

 「授業の前に、いつもの発育測定を実施します。みんな準備して。」
 担任の真琴先生は、今年結婚した20代後半の女性です。測定は何度かしたので慣れてます。

 「ほら、みんな、早く脱いで脱いで。」
 そう言いながら、真琴先生もブラウスとスカートを脱ぎ始めました。生徒が勃起出来るように、女性の先生も生徒と同じように裸になります。

 真琴先生は、まるで自宅でお風呂でも入るかのように教室で全裸になりました。いつ見ても胸が大きいのにウエストが細く、「エロい身体」とみんなで話してます。

 僕も制服と下着を脱ぎ、全裸になりました。制服が汚れないようにと全て脱ぐ事になってます。

 「それでは、秋山君、準備出来てる?さっそく測定しよっか。」
 出席番号順で僕はいつも最初です。僕はは膝をついてる真琴先生に近づきました。既に雄々しく勃起してます。

 「秋山君、元気いいねえ。」
 「裸の美人の先生が目の前にいたら、こうなるのは必然的ですよ。」
 「ありがと。秋山君。お世辞でも嬉しいよ。」
 真琴先生は、僕の男根に触れ、測定にはいりました。

 最後の渡辺の計測が終わりました。
 「みんな、ご苦労様。早く着替えて。」
 「先生、固いままじゃ、授業に差し支えます。」
 「うーん、それなら、また先生を見ながらシコる?」
 「はい。」真琴先生は道具を片付け、教室の真ん中に行きました。

 「どんなポーズする?こんなの?」
 真琴先生は動物のような四つん這いのポーズを取りました。
 「先生、僕たちは先生の性器が見たいです。」
 「みんな、やらしい……。もう、先生、人妻なのよ。」
と、言いながらも片足を持ち、開脚をしてくれました。

 「真琴先生、お尻の穴までバッチリ見えてます。」
 「もーう、恥ずかしいんだから……。言わないの!」
 「先生、たまには手で良いので抜いてくれませんか?」
 「ええ?う、うん。その代わり絶対ナイショよ。」 

 真琴先生は、順番に手淫で抜いてくれました。射精する度に先生の白い身体にかかり、精液まみれになってしまいました。
 「これじゃあ、服が着れないじゃない。シャワー浴びてくるから自習しててね。」
 真琴先生は全裸で教室を出て、小走りでシャワー室に向かって行きました。

 
 
 

 

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45031/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用