同僚の美智子のパンティ。 (友達との体験談) 4962回

2021/04/16 09:28┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 俺が足の靭帯損傷で入院してたとき、同僚の美智子が一人でお見舞いに来てくれた。
 営業の途中でサボりがてらと言ってたが、退屈で具合の悪くなりそうな俺には嬉しかった。
 美智子は営業成績も良く、スーツをビシッと着こなしてた。胸が大きくて、男の同僚と「メロンパイ美智子。」と隠語で呼んでた。

 俺の体調や仕事の事を話すと、
 「俺君、何か必要な物とかない?」と美智子。
 「うーん、特にないけど……。」と言いかけ、俺閃き。
 「ダメって言うかも知れないけど……。」
 「えっ、何?言うだけ言ってみなさいよ。」
 「美智子のはいてるパンツ欲しいんだけど。」
 「ええっ?ぱ、パンツ?」
 「ダメかなあ?」
 予想外の言葉に慌てる美智子。真面目な美智子は真剣に悩んでた。
 「ど、どうしても欲しいの……?」
 「うん。どうしても美智子のが。借りて返すでもいいけど。」
 「わ、私、彼氏もいるし……。」
 「下着をあげるのは美智子の中では浮気?」

 しばらく美智子は悩んでた。
 「み、みんなには黙っててよ。」
 後ろを向くとスカートに手を入れ、美智子は下着を下ろした。白いパンティを手に何かを確認して、それを俺にくれた。
 「じ、じゃあお大事にね……。」
 そそくさと美智子は病室を出た。俺の手には彼女の脱ぎたてのパンティが……。
 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45133/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用