地方の飲み会の習慣。 (会社での体験談) 6023回

2021/06/24 19:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は今年から、地方の営業所に転勤になりました。生まれた時から都内に住んでたので心配でしたが、同僚の人にも恵まれて不自由なく生活できました。

 ただ、この地方独特の習慣があるのに気付きました。それは飲み会の時に、大人が普通に野球拳をするのです。
 
 地域で数少ない居酒屋さんの個室で、私の歓迎会が行われました。私の他に男性3人、女性2人。

 始めは普通の歓迎会でしたが、小一時間過ぎた頃に、
 「さて、そろそろ歓迎会の意味を込めて、野球拳をしますか。」と、営業所長が言い出しました。
 「最初は今日の主役さんと………。」
 「あっ、それじゃあ私、いいですか。」
 私と営業廻りをいつもしてる沙織さんが、挙手をして自ら名乗りだしました。
 沙織さんは26才で美人。いつも活発で所内のムードメーカーです。
 「○○さん、負けませんよ。やーきゅぅ………。」と沙織さん、歌いだしました。私もしらけないように同調しました。

 最初は私が負けて、ネクタイを外しました。それからは沙織さんの負けが進みました。彼女もジャケットを初めに次々と脱ぎました。ある程度で終わりと思いきや、沙織さん、あれよあれよと下着姿になりました。

 「○○さん、強いですねぇ。でも、まだまだですよ。」
 しかし、沙織さんはまた負けてブラも外し乳房が露出しました。
 「あぁ、は、恥ずかしい……。あまり見ないでください。」
 「あの、もう止めますか?」
 「何言ってるんですか。勝ち逃げは許しませよ。」
 しかし、また沙織さんは負けてしまいました。

 「あーん、もう脱げばいいんでしょ、脱げば。」
普通の居酒屋さんの個室で、ついに彼女は全裸になりました。
 「もう一勝負、お願い。私が負けたら何でも言うこと聞くから。」
 「いいですが……。」またも彼女、負けました。

 「何でもするので、言ってください。」
 沙織さんは全裸で正座をして言いました。
 「いえ、何もいいので、服を着てください。」
 「それはいかんぞ、○○君。そうだ、口で抜いてもらいなさい。」
 「それでいいんですか?」
 
 沙織さんは私のズボンと下着を下ろしました。実はすでに私は痛いくらい勃起してました。 

 「もう、○○さん、エッチなんだから。」
 沙織さんは私を上目遣いで見ながら、男根にゆっくり近づきました。彼女の柔らかい唇が亀頭にソッと触れ、私の性器を飲み込んでいきました。
 彼女の暖かい口内と、エロい身体ですぐに私は射精をしてしまいました。

 その後も次々と野球拳を始めました。沙織さんの話では、この地方では珍しくなく、むしろよくある光景だそうです。

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):10  (・A・):8  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45192/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用