海で恥女に遭遇。 (露出の体験談) 5599回

2021/06/29 07:52┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 僕の地元には穴場的な海水浴場があります。そこは車を止めて細いあぜ道を10分ぐらい歩くとあり、波も穏やかで砂浜も美しいです。正式には県の非公認なので、更衣室も監視員もおらず、あくまでも自己責任です。

 僕はそこで音楽を聴いたり、体を焼いたりノンビリするのが好きでした。やはり場所のおかげでほとんど人はいなくて貸し切りの時も。

 
 その日も数組がいただけで、2時を過ぎると帰り貸し切りに。砂浜で音楽を聴いてぼーとしてると若いカップルが来ました。

 こんにちは、と明るく二人は挨拶をして通りすぎました。美男美女で特に女性はサラサラの髪で小顔。この辺りでは見ない美人で目を奪われました。
 少し離れた場所で準備をする二人。僕は女性がどんな水着を着るか気になってました。チラ見してるけど、女性はなかなか着替えず、何か困ってる雰囲気。すると女性が僕の方へやって来ました。

 「あの、実は私、水着を持ってくるの忘れちゃって。」突然で僕はどぎまぎしてました。
 「てっきり着てると思ってたら……。私ってドジでしょ?でも、せっかく来たのだから泳ぎたいし……。君さえ良ければ水着なしで泳いでいいかな……?」
 「それって裸ってことですか?」
 彼女はコクりとうなづきました。僕はもちろんのいいですよ、と答えました。


 彼女は男性の元へ戻り、衣服を脱ぎ出し、本当に生まれたままの姿になりました。見てはいけないような感じでしたが、ついつい視線はそちらに。
 女性は形の良いおっぱいやお尻を揺らしながら、海へ
入って行きました。
 さっきまで穏やかに音楽を聴いてた自分でしたが、もうそれどころではありませんでした。

 海からあがってきた彼女はクーラーバッグを抱え、僕の方へ来ました。
 「ごめんね。こんな姿を見せちゃって。お詫びにジュースどうぞ。」
 クーラーバッグの中身を見せる彼女ですが、僕は目の前の裸体が気になって仕方ないです。
 「よかったら、サンオイル塗りましょうか?」
 そう言って、彼女は僕の体にヌルヌルした手で塗ってくれました。無論、僕は勃起してました。
 女性は僕の背中はもちろん、脚も念入りに塗り太ももの根本まで塗り、細い手がトランクスの中まで入り睾丸に触れました。
 ピクッとする僕を見て、女性はニヤリとしました。そのまま身体が密着した状態で手こきをされ、瞬く間に射精をしてしまいました……。
 

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):4  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45198/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用