巨乳OL番外編10 (会社での体験談) 4726回

2021/07/01 22:59┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
お久しぶりです。
あれから、再就職しましてなんとか生きています。
養育費もあるのでゆっくりもしていられない身ですし、選んでもいられない世の中なので重労働しています。
夜勤もあり、最近ようやく慣れて来ました。

かなり久しぶりにこちらに脚を運んだ理由としましては、久しぶりにあの子と会ったからです。
あとは慣れないシフト生活で疲れていました。
暇な時は寝ているか勉強しています。

脱線してしまいました。
さて、あの子と会った経緯については、僕の方から電話して、就職祝いしてっと甘えたんですけどねw
別れてから…あまり相手にされていないと言いますか…既読スルーが多いです。。。電話しないと連絡つかないです。
お店は僕が予約しました。祝われる方がアレンジするの?っと突っ込まれましたけど、これには僕の下心が背景にあります。
最初はGW明けに茨城に牡丹を見にドラゴンデートとか約束していましたけど、緊急事態宣言が出て中止になりやっと、宣言明けたため先週末の土曜日に某ホテルのディナーに行きました。
コースにワイン何か呑んで、奢ると言われましたけど、割り勘にしました。
会計後に喫煙所であの子がタバコを吸うのに付き合い、そこで「もう少し呑んで行こうよ」っと実は僕、部屋を取っていたので2杯くらいと部屋にあの子を連れて行きました。

部屋を取っている事を聞いて「え。そうなの」っと少し驚いていましたけど、あまり突っ込まれなかったです。
正直、僕はあの子のおっぱいを触って可能ならパイズリしたろうと思ってましたw
別れてかなり立ちますけど、僕…あの子のデカパイ好きなんです。異常なくらいに。
部屋に入って、鞄を置いたら缶ビールで乾杯して…立ち上がって…窓の外を見てからあの子の背後に移動して…後ろから抱きしめてデカパイを揉み揉みと我ながら芸はありませんけど、いつものパターンですw

あの子「ちょっとー」

僕「ちょっとだけだから」

なんですかね。付き合ってエッチしていたのに、いや、むしろ別れてしまって自分の女ではないからと言いますか…セクハラしてるみたいで興奮していました。
恐らく密室に連れ込んだ時点で合意の上ですし、あの子も予想はしていたでしょう。
あれよあれよと事は進みました。

紫がかったピンク系のTシャツを捲り上げて、インナーのクロのキャミの上から揉み揉み。
この時点で斜め後ろから谷間を覗き込み、揉まれてズブズブと指がめり込み、形を変えるデカパイにチンチンが勃起してましたw

僕「やっぱ理香のおっぱい良いわー」

っと酔いも手伝って有無を言わさず遠慮なく揉み揉みして行き、ブラの下で揉み揉みしてました。
なんなんですかね…デカパイが堪らないんです。
もう止まらなくなり、ベッドに連れて行き、Tシャツとキャミを脱がせ押し倒して谷間に顔を埋めてパフパフして顔面でデカパイを堪能してやりました。

元彼女ながら良い乳してます。本当に。
大好きです。

押し倒した時に「キャ」っと驚きはしていましたけど、抵抗はなかったです。
そして、ブラを取りデカパイをむしゃぶりました。
乳首や乳輪をベロベロ舐め回したのはもちろんの事、下乳や付け根のところを何故かベロベロしましたw

僕のチンチンは大変な事になっていたんですけど、パンツを脱いで「ほら!?」っと見せつけると「ほらじゃ無いよ。元気過ぎw」っと突っ込まれましたw

僕「ちょっとさ。挟んで」

あの子「言うと思ったw」

僕「挟まないと破裂するw」

そんな感じで我慢汁出まくりのチンチンを数分フェラして貰い、仰向けになって膝上パイズリして貰いました。
久しぶりのフェラも気持ち良かったですけど、やはりパイズリは僕の癖に刺さり…挟んでからズリズリしていると一段勃起しました。
エッチの時も挿入すると更に勃起するんですけど、パイズリでも同じ現象が起きますw
ゆっくりとパイズリして行き、左右交互にパイズリされ、それが激しくなってくると気持ち良くなってきて…逝くと伝えると左右同時に激しくパイズリされました。

あの子「んふふ」

僕「あっ。ヤバイ。気持ち良い」

あの子「んふっ」

パイズリフェラして貰い更に気持ち良くなってきた僕は…

僕「あっ。出る。出るよ」

あの子「良いよ。出して」

そんな感じでパイズリ挟射しましたw
終わった後に「いやー。気持ち良過ぎておっぱいにチンチン溶けるかと思ったわw」っと言ったら「んな訳無いじゃんw」っと冷静な突っ込みでした。
大量に精子が出てスッキリ出来て本当に気持ち良かったです。

その後もですね…散々デカパイを堪能しまして…

僕「もうエッチしたい」

あの子も僕に卑猥な事を沢山されて目がトロンとしていたのであの子は「うん」っとの事で、お互いに全裸になりエッチしました。
肉体労働で培った身体で腰をグラインドして、あの子の腰を掴んでチンチンを強く早く打ちつけたんですけど、これが良かったみたいで…

あの子「あっ。それ。それ良い。んあっ」

っと僕のチンチンに喘いでました。
ちょっと嬉しかった事もあり、終始正常位でした。
本当は腰では無くデカパイを掴んで揉みくちゃにしながらエッチしたかったんですけど、乳揺れを眺めてエッチし…

僕「あっ。もう逝く」

あの子「いい。良い。出して」

僕「おっぱいに出すよ」

あの子「抜いちゃダメ」

僕「中?中良い?」

あの子「あぁぁ。ダメ。いくっ。逝く」

あの子も気持ち良くなっていたみたいで、あの子が逝った直後に僕も逝って中出ししちゃいました。
中出ししたのは久しぶりだったのですが、余韻に浸ってしばらく脱がずチンチンが萎んでも腰振ってましたw

抜いたら中々の量が出ていて、自分でビックリした次第ですw

僕「はぁはぁ。思ったよりいっぱい出たよ」

っと逝った後のボーっとしているあの子のアソコを拭き拭きしました。

事が終わった後…添い寝して、ディープキスしながらデカパイを触っていたらチンチンが元気になり、もはや何も言わずにエッチしました。

体勢としては正常位です。
僕としては、乳揺れも見れて、揉んだり吸ったりと最もおっぱいを堪能できるので好きなんです。
この時も腰を振りながら、デカパイを手と口で散々堪能しました。
あまり会話の内容を記憶していないんですけど「あー。おっぱい。あー。おっぱい」っと口ずさんで、しゃぶり付いていたのだけは覚えています。

最後にパイ射したのも確かですけど、事が終わったら寝てしまっていました。
1人酒で1缶とか飲んだりはしてましたけど、ワインなんて飲んだのは久しぶりでw弱くなってますw

ただうっすらと覚えているのは、3時半に目が覚めてエッチしてたんですよねw
翌朝あの子に聞いたら覚えていなくて、寝ているところを無理矢理やっちゃっていた見たいです。
どこに出したのか、どれだけ出したのか(そもそも最後まで行って出したのか?)全く覚えていなくて勿体ないですね。
体位だけは正常位だったと記憶があります。

翌朝は9時前にお互い目覚めて…襲いましたw
シラフだったんですけど、デカパイを揉みくちゃにした後、芸の無い正常位ですw
寝て元気を取り戻していたチンチンに

あの子「あっ。あんっ。おっきい。気持ち良いっ」

僕「あー。ヤバい。堪んない」

目下で揺れる。というよりも暴れるデカパイが堪らないので、何度も見ても飽きない光景です。
もう好きですw

エッチしながら「結婚して」っと何度もキスしました。
唇とおっぱいw
ふざけてんのかと言われるかも知れませんがガチです。

そんな興奮してエッチしてる中「別れたのは原因あるから(やり直しても)続くビジョンが見えない。無理」っとはっきり言われましたw

僕「マジかwこの状況で断る?」

あの子「だってぇ」

っと言うやり取りもありましたけど、フィニッシュでパイ射しました。
結局逝かせたのは一回だけでしたけど、気持ち良くて起き上がれないと言わせる事ができました。

僕としてはまだ出来そうでしたw
夜勤や肉体労働で鍛えられたみたいで、体力付きました。辛い仕事でレベルアップして活かされました。

とは言ってもあの子がもうアソコが痛いと言うのでエッチはそれ以上はなかったです。

ただ、僕としては物足りないので…

僕「最後にさ…パイズリしてw」

頼む時は添い寝でキスしまくってる途中でした。
必ず片方の手はデカパイを触ってます。

あの子「わかった」

ちょっと疲れてるんだけど的な雰囲気を漂わせていましたけど、膝上パイズリして貰いました。
このパイズリの姿勢良いですよね。

挟んで、唾を谷間に垂らして…その姿がまたエッチなんです。
両手で横から抑えて乳圧をチンチンに加え、おっぱいでしごかれて…まずは左右同時のシゴキ。
そして僕の好きな左右交互…

僕「それ…良い。もっとして」

っと言うとあの子は頷き、左右交互パイズリを続けてくれました。

それから思い切り挟んで上半身全体を動かしてパイズリしてくれて…

僕「うっ。気持ち良いとこ来てる」

僕「あっ。良い。良いよ」

あの子「チンチンが脈打ってるの分かるw」

僕「あっ。あっ。あう。出るっ!うっ!」

ドピュっと出まして、日頃の鍛錬なのか性欲が爆発したのかかなりの量でした。

その後、チェックアウトまで一時間切っていたのでそれ以上行為はなかったんですけど、デカパイを揉み揉みして帰りました。

元カノですけどIカップって素晴らしいです。
そして今、また既読スルーされていますw

話は変わりますけど、千葉の方に出資してくれていた方がいたので、5月に一泊して会いに行ったんですね。
出資してくださったのに上手く行かずに詫びに行きました。
前日入りで、夜はビジネスホテルに…デリ嬢を呼んだんです。
20代前半で、可愛いくて細いのにIカップのデカパイで…正直なところあの子よりテクは上でした。
たまに風俗に行く僕の経験上、出会った中で最高のパイズリでした。プロなので当然ですけど。

僕ものぶさんみたいにセフレもとあたパンズリして貰えるパイフレの関係になれないだろうか…と無視されながら思っています。
既読スルー辛いですねw
おやすみなさい。

出典:お久しぶりです
リンク:https://bbs2.forestofbreast.com/kokuhaku/c-board.cgi?cmd=one;no=27758;id=
  投票  (・∀・):7  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45199/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用