イジメられてた僕。 (教師との体験談) 5469回

2021/09/03 17:20┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 僕は小学生の時にイジメにあってました。その日も放課後校内で、クラスメイトに水溜まりに突き押されました。

 「どうしたの?ユウタ君。服が泥まみれじゃない。」
 担任の洋子先生に偶然見つかりました。洋子先生はおそらく20代前半、先生の中では小柄な方。他の情報はほとんど知らず(思い出せず?)ただ、きれいな先生でした。
 「うっかり転んだの?それとも誰かにイジメられたの?」
 僕は答えられないでいると、
 「それより、その服をどうにかしないとね。」
 洋子先生は僕の手を引っ張り、校内の奥に行きました。

 洋子先生と来たのは宿直室。おそらくは夜に教員が使う小さな一軒家ですが、当然僕たちは使ってる所は見たことありません。洋子先生は入口の鍵を開け、中に入りました。

 建物の中は畳部屋が二室、テレビもあり普通に暮らせそうな感じでした。
 「ユウタ君、服を脱いで奥にお風呂があるからシャワーだけでも浴びなさい。着替えを用意しておくから。」
 洋子先生に言われ、脱衣場に入りましたが自宅以外で裸になるのに躊躇してました。しばらくすると、

 「まだ服も脱いでないしゃない。ほら、早くしなさい。」
 と言われ、服を脱がされました。驚くことに洋子先生も服を脱ぎ出し、全裸になりました。

 「ほら、おいで。シャワーで簡単に流すから。」おそらく使い方がわからないからと思いますが、小学五年生とはいえ男児の前で全裸になる洋子先生に、僕は困惑しました。
 洋子先生は、それほどおっぱいも大きくありませんでしたが、母親でもない大人の女性の裸を見たのはモチロン初。それも狭いユニットバスなので距離が近いです。

 「ほら、じっとして。そんな恥ずかしがらないの。女の私が隠してないでしょ。前も隠さないで。」
 洋子先生は性器を隠してる手を除けました。

 「……ユ、ユウタ君、ちんちんお、おっきいんだね……。」
 僕の性器を見た洋子先生は、それに釘付けになりました。確かに僕はみんなから「巨チン」と呼ばれるほど小学生にしては大きいみたいです。

 「うん……。おっきい……。先生、びっくり……。い、いや、それほど何本も見たことはないんだけど……ね。」
 洋子先生は明らかに教室とは違う顔。牝の表情になってました。
 「ちょっと触るよ……。」
 その瞬間ビクっと電流が走ったかのような刺激を感じました。
 「ユウタ君、マスターベーションとかしないの?」
 「……?」
 「そっか、まだ分からないか。先生が出させてあげようか?」

 洋子先生は僕が返事をする前に、大きくなった性器を刺激し始めました。
 「す、すごいよ、ユウタ君、か、固い。すごく固いよ。」
 「せ、先生、お、おしっこが出そうです……。」
 「いいのよ。我慢せず出しなさい。」

 僕は洋子先生の胸元に大量な射精しましたが、その時は精子とはわからず、怒られると思い泣きそうになりました。
 しかし洋子先生は怒るどころか、満身の笑み。精子を触ってました。

 それからも色々ありましたが、後日報告します。

 
 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45246/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用