早苗さんの送別会。 (会社での体験談) 5719回

2021/10/02 09:14┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は某商社で働いてます。同じ部所の早苗さんが寿退社をするので、送別会に出席しました。十数人いた出席者も三次会のカラオケ店では徐々に減り、私と早苗さん、フミちゃんの三人になりました。

 私(25)彼女なし。天然パーマ。168センチ。会社でも地味な方。帰るタイミングを逃す。

 早苗さん(28)会社経営者と結婚。約165センチ。社内一の美人。セミロングヘア。

 フミちゃん(24)小柄。部所のムードメーカー。ショートカット。


 「早苗さん、泥酔して寝ちゃいましたね。」
 「早苗さん、起きてくださいよ。」
 「ムダですよ。彼女、酔って寝ると朝までおきませんから。前にやった女子会でもそうでしたから。」
 「ふぅん。そうなんだ……。それは困ったなあ。」
 カラオケ店の一室で、私は早苗さんの寝顔を見てました。寝ていても女子アナのような清潔感のある美人でした。
 「ホントに起きないの?」
 「ホントのホントです。ほら。」
 フミちゃんは寝ている早苗のおっぱいを揉みました。
 「な、何やってんだ?ダメっしょ。」
 「平気ですよ。全然起きないから。○○さんも揉んだら?」
 「ええっ?」
 フミちゃんの提案に戸惑いましたが、おっぱいの誘惑に勝てず揉みました。
 「早苗さんって巨乳でしょ?脱いだら更にスゴいですよ。」
 「見たことあるの?」
 「一緒に行った温泉で。早苗さん、裸にひんむいちゃいましょうよ。」
 「それは……。」
 「大丈夫ですよ。早苗さん起きませんって。」

 フミちゃんは、横たわった早苗さんのワンピースを脱がし全裸にしました。早苗さん、全く起きる気配もありません。

 「ほら、早苗さんってスタイルいいでしょ。同性の私が見ても羨ましく思いますよ。○○さん、やっちゃっていいですよ。」
 「や、やるって?」
 「挿入ですよ。彼女起きませんから。早苗さんの裸を見たら我慢出来ないでしょ?どうせもう会うことなんてないですし。」
 
 確かに早苗さんと性交のチャンスなんて、二度とないだろうし。私はズボンと下着を下ろし、早苗さんに挿入しました。
 「○○さん、スゴいです。私、他人の性交なんて見るの初めてですよ。」
 私はフミちゃんに見られながら、激しく腰を振りました。早苗さんは少し唸りましたが起きませんでした。
 勢いで早苗さんの中に射精しました。しばらく自慰はしてなかったので、大量でした。
   

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):3  (・A・):4  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45265/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用