20xx年の夏の日。 (会社での体験談) 3105回

2021/10/14 10:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 私は26才の会社員。営業をしてます。同僚のマキちゃんと外回りをしてるときに、ゲリラ豪雨に遭いました。

 「マキちゃん、すごい雨だね。大丈夫?」
 「いやぁ、びしょびしょですよ。まるで服のままでプールに飛び込んだみたいです。」
 「僕もだよ。どこかで乾かさないと、会社に戻れないね。」
 「自宅は私も○○さんも、逆方向ですよね。」
 「ひとつ提案だけど、この近くにホテルがあるけど、そこで休憩しよっか?」
 「ホテルってラブホですよね?このままでは寒くて風邪になりそうですし、私は構いませんよ。」
 成り行きでマキちゃんとラブホへ行くことになりました。

 幸いにも乾燥機付きの部屋があり、二人で入室しました
 「先にマキちゃん、シャワーを浴びて。」
 「いえ、○○さん、お先にどうぞ。」
 「それなら……一緒に入りますか?早く服も乾かしたいし。その代わりエッチなことはダメですよ。」
 「う、うん。そうしようか。」
 マキちゃんは背中を向けてスーツを脱ぎ始めました。チラ見をすると細く白い背中とお尻が見えました。
 「あ、あんまり見ないでください。○○さんも早く脱いでシャワーを浴びましょう。」
 私も全裸になり、服を乾燥機な入れバスに行きました。

 明るいお風呂で見るマキちゃんの裸は、細いのにおっぱいは大きく、また恥ずかしそうにしてるのが堪らなくエッチでした。
 「○○さん、シャワーどうぞ……、あ、ダメです、止めてください。」
 私は我慢出来ず、マキちゃんを抱きしめました。
 「私、彼氏がいるんです。だ、ダメ……。」
 しかし、強引にキスをして舌を絡めると彼女も答えるように絡めてきました。
 マキちゃんの身体の柔らかい所を揉みまくり、私の性器は臨界点ギリギリでした。
 「ダメ、○○さん、挿入は……。く、口で○○さんの……許してください……。」
 マキちゃんは私の前で膝待つき、私の性器をゆっくり咥えました。
 彼女が私の性器を口いっぱい頬張ってる姿はエロすぎでした。一生懸命に私のグロテスクな性器に奉仕するマキちゃん。彼氏にもこんなことをしてるのかなと思いました。 
 
 イキそうになりましたが、何とか耐えてマキちゃんを立たせました。
 「マキちゃん、やっぱり挿入したいよ。」
 「やっ!それだけは止めてください……。」
 しかし、私は後ろからズブズブっと挿入しました。
 「○○さん、止めてください。挿れないで……。」
 「マキちゃん、もう入ったよ。」
 「ああっ……。」
 泣いてるマキちゃんですが、お構い無しに私は腰を打ち付けました。彼女も言葉ではイヤがってますが、膣はもう濡れ濡れ。私は数分でイッてしまいました。

 
 お風呂から出て、裸のまま泣いてるマキちゃん。どう宥めようか思案してましたが、彼女を見てるともう一回したくなりました。
 「マキちゃん……。」
 「○○さん、エッチなことはダメって言ったじゃないですか。」
 「マキちゃん、ゴメンね。マキちゃんが魅力的で我慢できなかったんだよ。彼氏君にはナイショにしとこうよ。ねっ?」
 マキちゃんの肩を抱いても、イヤがる素振りがないのでこれはいけそうと思いました。
 「マキちゃん、もう一回、したいよ。いいでしょ?マキちゃんも楽しもうよ。」
 今度はベッドの上で、私がマキちゃんの膣を愛撫しました。意外と彼女は感じやすいみたいで、必死に声を洩らすのを我慢してるようですが、クリを集中的に強く攻めるとピクついてイッたようでした
 「マキちゃん、好きな体位は何?」
 「……」
 
 

 

出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):3  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45271/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用