巨乳OL番外編11 (会社での体験談) 2622回

2021/10/15 21:47┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
あまり時間が取れなくて、少し投稿まで遅れました。

先日、久しぶりにあの子にLINEしたら返事があり、最近どう?っとLINEのキャッチボールができました。
その流れで、テレワークの環境を変えたいという相談を受けました。
具体的には、今は仕事のときはダイニングテーブルにサブモニターを置いてノートPCに繋げて、仕事が終わったら片付けているけど、PC用に机を買って、片付けする手間をはぶきたいという事でした。
また、PDFのように縦長の文書を読む時はモニターを縦にしたいと言うので、アームを提案しました。
結局、電話して何が良いかAmazonを見ながら薦めたら全部即買いで、組み立てやってあげると名乗り出ました。
そうすれば家に行けるのでw
あの子も机と椅子は組み立て助かると言っていましたw

それで、先週の土曜日は僕も休みだったので遊びに行ってきました。
約束が午後2時くらいだったので、お土産に洋菓子を持って行きました。

Amazonだったので、即日配達かと思ったら肝心の机だけ今日来るはず。っとの事でした。
机を組み立てるのがメインの目的なので、早く言えと思いますけど…アームと椅子だけ組み立てて、ダンボールを纏めるまで15分くらいです。
その間あの子はお菓子に紅茶を用意して、僕の作業が終わるまで、ローテーブルの前に座って雑誌を読んでました。

一通り作業が片付いて、お菓子を食べ終わりホットしてました。
ちなみに、あの子の格好は、デニムに長袖の黒の長袖カットソーでした。
はっきり言いますが、僕の主目的はパイズリして貰うこと。可能であればエッチまですることなので、「来ないねー」っと雑誌を読んでいるあの子の後ろに周り、ベッドに腰掛けて…しばらくタイミングを考えて、よし。っと攻めに行きましたw
両脇の下から両手をあの子の胸の前に持って行き、カットソーの上から揉み揉みしました。

あの子「おっつ」

それだけでしたw
大きさは変わらず堪らないです。
僕がしばらく揉み揉みしても雑誌を読み続けましたw
胸元を前にビンっと引っ張り、ブラをチェックして…余談ですけど、トリンプの赤の白い刺繍のブラでした。サイズはH70です。いつ見たのかと言うと覚えていませんw
カットソーの中のブラの上で撫でるように弄って、ブラのホックを外したら

あの子「ちょっとー」

っとやっと反応してくれましたw

僕「何?」

あの子「まだ仕事終わって無いよー」

僕「きっちりやるから」

強く揉んで…優しく揉んで、持ち上げて降ろしてを繰り返し、直にデカパイを堪能していると、久しぶりだったのと、前は暗い中でパイズリして貰ったので、明るい昼間におっぱいを見たいというくだらない小さな欲望ですけど…

僕「おっぱい見せて」

あの子のカットソーをまくりあげて、見て吸い付いてました。
あの子も小声で「んっ。んっ。あぁっ」っと喘ぎ出して…ベッドにあの子を仰向けにして…ディープキスをしながら、揉み揉みした後、デカパイを舌で堪能しまくりました。
もう僕は最大に勃起していたので、下半身裸になり、亀頭を乳首に擦りつけたり、刺したり…おっぱいの外側側面にチンチンを擦り付けたり、下乳に亀頭を挟んだりとチンチンでもあの子のおっぱいを堪能してから…あの子のカットソーとブラを脱がせて…口にチンチンを持って行ったらフェラしてくれました。
あの子も僕の要求は察していました。
僕はパイズリがしたかったので、フェラをそこそこで切り上げて、あの子の谷間にチンチンを置くとおっぱいを寄せて、パイ圧をかけてきました。
体勢は馬乗りパイズリになります。
風俗で遊んでいましたけど、あの子のパイズリは気持ち良さよりもエロさがあります。
素人なので、技術ではもちろん劣りますけど、プロはプロなので、違うエロさを醸し出しています。
僕が腰を振り出して、パイ圧でおっぱいに擦れて気持ち良く興奮してきた10ピストンくらいで…「ピンポーン」っとインターホンが鳴りましたw
机がこのタイミングで届くと言う…

あの子「あっ。机来たかも」

僕「このタイミングー」

あの子「フフッw」

僕「黒猫ぉぉぉ」

僕がインターホンに出て、受け取るために、ズボンだけ履いて受け取りました。
汁でズボン汚れてますw

受け取り後、廊下にダンボールを置いたらすぐベッドに戻り、ズボンを脱ぎ捨ててパイズリを再開しました。

あの子「動き早いねw」

僕「おっぱいが待ってるから!」←変態っぽく言っております。
そしてそれをあの子は受け流しますw

それからは、緩急を僕が調整しながら黒猫のタイミングについて談笑しながらパイズリをして、気持ち良くなってきたら

僕「そろそろ出ちゃいそう」

あの子「うん。良いよー」

僕「おっぱいに出すよ」

あの子は頷きました。

僕もあの子のデカパイを両サイドから押さえて、パイ圧をさらに強め、思い切り腰を振って…

僕「あっ。あっ。来そう。来そう」

精子が込み上げてくるあの感覚を味わっている間は来そうを連呼していました。

出る時は「あーっ」っと言い放ちながら、気持ち良く谷間にねっとり気味の精子を大量に出して、後から出てくるのは乳首に出しました。
約束してからオナ禁四日してきたので、ねっとりとした濃い精子を出した解放感でとても気持ち良かったです。

僕「ハァハァ。おっぱい.すっごい気持ち良かった」

あの子のおっぱいをウエットティッシュで清掃後に、約束通り(本来の目的)ちゃんと机を組み立てました。
アームを取り付けて、完成後に僕がダンボールを畳んで縛っている間に、ノートPCを持ってきて「あー。高さ調整できるからダイニングより良いわぁ」っと満足していました。

あの子はダンボールをゴミ捨て場に捨てに行きました。

その間に、下着の入っている場所を見て、下着チェックして暇を潰してました。
新しいの増えてましたw把握している自分がキモいですw
それと、最低なんですけど…机の上にGoProを録画オンで置いてました。置いていただけです。

あの子が帰ってきて、少し談笑した後にタイミングはこれといってなかったので

僕「おっぱい触らせてー」

あの子「キャッ」

っとベッドに押し倒して、長めのキスからまた上半身裸にしました。
デニムも脱がせて…パンツも奪って…クンニしながらデカパイを揉み揉み&乳首コリコリしていたら、あの子はかなり喘いでクネクネしていました。

そして、軽くフェラしてから

僕「エッチしたい」

あの子は目をトロンとさせて黙って頷いたので、全裸になって、正常位で挿入しました。
GoProを意識して

僕「あーっ。気持ち良い」

僕「あー。凄いおっぱい揺れてる。興奮する」

っと卑猥な言葉を口ずさんでいました。
あの子は可愛いく喘いでました。

僕「マジ可愛い」

あの子「フフッ。ありがとう」

僕「チュウしよ」

あの子は黙ってチュウに応じてました。

それから騎乗位に体勢を変えて、下から突き上げて、その衝撃で弾むデカパイを鑑賞しました。
あの子にも腰を振らせて、あの子の腰の振りに合わせていたら気持ち良くなりそうだったので、正常位に戻して、緩急をつけていたんですけど耐えられなくなったので、ピストンのピッチを上げました。

僕「あー。ヤバい。気持ち良く出そう」

あの子「あん。あんっ。気持ち良いっ」

僕「俺も気持ち良いいいいっ」

最後のフィニッシュの時は、あの子の手をお腹の上でクロスさせて、寄せて乳揺れの威力を最大限に鑑賞しながらフィニッシュしました。
放出先は大好きなおっぱいに…パイ射です。

ねっとり気味なのがサラサラ気味になっていましたw

その後、談笑していたら

あの子「手コキくん…筋肉付いた?w」

僕「重労働だからね。ゴツくなってシャツとかズボンの太腿とか着れなくなったw」

かなり身体を触られました。

それから、僕の好きなプレーで授乳手コキして貰ったらすぐに勃起してしまって間髪入れずにエッチしました。
授乳手コキの体勢から、あの子の背後に行ってバックから挿入しました。
もう何かに取り憑かれたように、腰とデカパイを掴んで猿や犬みたいに高速で突いていましたw
あの子も「あっ。あっ。ダメぇ。あん。あっ。んっ。それヤバい。気持ち良い。あ。あ。あー。気持ち良い」っと喘ぎまくってました。

そこから立ち上がり、立ちバックで姿見の前に移動して、感じているあの子の顔。そして揺れるデカパイを見ながら…かなり興奮して、更にチンチンが大きくなった気がしますw
気持ち良くなって来たんですけど、あの子がガクンッと崩れて、立てなくなったので、ベッドに引き返しました。

僕「どうしたの?」

あの子「気持ち良すぎて。立てなくなって」

逝ったみたいで、ハァハァ言ってましたw
あまり待てが出来なかったので、そのまま正常位で続けたら「ちょっと待って」っと言われたんですけど、やっちゃいました。

あの子は小声で喘いでるだけで、僕は僕で無言でエッチしているだけでしたけど、デカパイの揺れみてるだけでも…逝けましたw
またまたパイ射でした。

あの子のデカパイを清掃後…横になってキスしたりしてダラダラしていたら、あの子が寝てしまいましたw
とりあえず…僕はGoProを回収…寝ている裸のあの子の全身とおっぱいを接写wし鞄につめました。
もう夕飯時だったので、起こして僕がテイクアウトの弁当を買ってくることになり、あの子と夕飯の弁当をダイニングで食べました。
あの子のマメなところは、僕が買いに行ってる間に服を着て、片付けているところですかね?
ダイニングをイチイチ片付けるのが余程面倒だったみたいで、喜んでいました。

食後にコーヒーをいただいて…さぁ帰ろう。とはせずw

僕「もう一回だけ」

あの子「ん?」

僕「もう一回だけ挟んでw」

あの子「まだしたいの?」

僕「頼む」

はっきりと承諾されてはいなかったんですけど、ベッドでデカパイを性懲りも無く同じように堪能しまして…ベッドに腰掛けたあの子のカットソーを脱がせて…フェラをした後に、ブラを付けた状態から仁王立ちでパイズリを開始しました。
長めに味わいたかったので、ゆっくり優しく低刺激なパイズリを要求してましたw
パイズリ好きなので、ほのかな刺激でフル勃起しますw
あの子からも「元気だねw」っと笑わわれました。
ブラの肩紐を外して…ブラの谷間の部分にチンチンを引っ掛けて脱がせると「普通に脱がせてよ」っと呆れられましたw
多少はウケていたので良しと思っています。

それでですね…ローションがまだ同じところに閉まってあったので、使いました。
ローションの滑りで、あの子の仁王立ちパイズリを数分堪能しました。
仁王立ちパイズリ中に、興奮している僕との会話は…眞子さまのご結婚について語られましたけど…ほとんど記憶にありませんw
それでも少し逝きそうな気配を感じて、膝上パイズリに切り替えました。
密着面積多めなので、おっぱい以外も触れている肌と肌は気持ち良く感じますけど、挟んで貰い、強く激しく、二つのデカパイにしごかれると…やっぱり気持ち良くて、エッチなのでパイズリ好きです。
左右交互にデカパイを動かして貰い、強く挟んで腰から上を動かして大きくしごかれ、パイズリフェラを繰り返して貰って…最後はパイズリフェラで逝きました。

逝くって伝えなかったので、口の中と、口周りにかかってました。

ウェットティッシュでお口周りを清掃した後は、9時には出ようと決めて、添い寝状態で長くキスや揉み揉みをしました。

やり直したいとか、そんな事は控えて、好きだって言い続けました。
あの子からは「ありがとう」っと当たり障りない返しでしたけど、今日の目的は達成できたと満足して帰りました。なんだかんだで30分オーバーしましたw
唯一心残りがあるとすれば、GoProの電源を切るのが早すぎたと悔いております。
肝心のパイズリのところは一切映像に残していません。
それでも、エッチした時の騎乗位の弾むデカパイ。バックで揺れるデカパイの映像を鑑賞して、あの子をオカズに毎日オナニーしてる変態生活です。たまに付き合っていた頃のパイズリハメ撮り動画も未だに使ってます。
いずれ時が来たら事後で盗撮したと伝えて許しを乞います。


出典:手コキマン
リンク:https://bbs2.forestofbreast.com/kokuhaku/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=27934;id=
  投票  (・∀・):7  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45274/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用