野球部のマネージャーで (学校での体験談) 1562回

2022/01/15 16:52┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 「優ちゃんもシャワー使ってる?」と早苗先輩が言いました。
 「い、いえ……。まだ……。」実際、周りは勃起した男子部員ばかりで、何処を見て良いかも定まらない状態でした。
 「ほら、優ちゃんはいつも頑張ってくれてるから、先輩が身体を洗ったげるよ。」
 「だ、大丈夫です……。」

 と、言いましたが、早苗先輩は私の背中を押して、シャワーの下に。もちろん早苗先輩は真っ裸です。

 「優ちゃんって、身体が華奢でホントに女の子って感じで羨ましいなぁ。」
 「いえいえ、早苗先輩のほうが、大人の女性のようで羨ましいです。」
 「優ちゃん、こっちはちゃんと生えてるの?」
 「きゃっ!」
 早苗先輩は私の腰のタオルを外したので、私も一子まとわぬ姿になりました。

 「あー、薄いけど、ちゃんと生えてるね。でも、これじゃ性器が丸見えだね。」
 「ええ。私、薄いんです。」
 「ほら、男子も優ちゃんのお○んこ見せてもらいなさい。」
 「ええっ、ちょ、ちょっと……。だ、ダメですっ!」

 周りで様子見してた男子部員たちが寄ってきて、私の性器を観察してきました。
 「一年生でお○んこ初めて見る子、いる?優ちゃんで勉強させてもらいなさい。優ちゃんのここが一番気持ちよいところよねえ。」
 「あ、あぁんっっ!」
 早苗先輩は私の一番敏感なクリを摘まんできました。同性ならではの、優しい触り方で一瞬で膣が濡れてしまいました。

 「あっ感じてくれた?優ちゃんもエッチだねえ。一人でエッチな遊びしてるんでしょ?」
 「そ、そんなこと……、あっ!」
 早苗先輩は私の乳首と性器を攻めるので、私はすっかりアへ顔になりました。
 「ほら、かわいい優ちゃんがそんな声出すから、男の子たちが我慢できなくなってるよ。みんな、順番で気持ち良くさせるから。」

 そう言うと早苗先輩二本の性器を、同時に擦り始めました。他の男子は早苗先輩のおっぱいを揉んだり、お尻に性器を押し付けたりしてました。

 

 


出典:オリジナル
リンク:?
  投票  (・∀・):2  (・A・):2  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/45361/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用