ピンフォール (エロくない体験談) 25124回

2007/04/13 14:34┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
俺の学生時代のガールフレンドにプロレスの大ファンがいた。 
父親は通っている大学(旧帝大)の教授で、しかも学会の権威クラス。 
彼女は茶道・華道・着付・ピアノを習い、格闘技好きで極真空手を習っていた。 
週5回以上の習い事と日々の勉強をマジメにこなし、男には興味を示さない女の子だった。 
しかし素晴らしい肢体と美貌の持ち主で、腰のくびれと巨乳は俺たちの注目の的で、誰がいつ、 
彼女をフォールするかが4年間のテーマであり続けた。 
その彼女から誘われてプロレスを観にいった。彼女はキラー・カンが大好きだった。そして 
モンゴル人だと信じていたが、リングを降りたキラー・カンが日本語を流暢に話すのを聞いて、 
「日本語うまいね。努力してるんだろうね」と言うので、「小沢っていう日本人だ」と俺が説明した。 
大ファンは得てして思い込みが激しいのだろう、彼女は泣き出してしまった。 
その後、卒業した俺と彼女はバッタリし渋谷の街で再会した。お互い27歳だった。 
俺はふと思いついて彼女を食事に誘った。新宿のキラー・カンの店に連れて行こうと思ったのだ。 
果たして彼女は大感激、カンちゃん鍋を本当に嬉しそうに食べた。キラー・カンと直接話までできて、 
涙目になっていた。 
そのまま感激し続ける彼女からピンフォールを奪ったが、彼女にとっては初のフォール負けだったようで、 
俺はそれに感激した。しかし27歳までフォールされていないというのはいまどき珍しい。 
今はいつでもフォールできる暮らしになったが、学者一家に育ったせいか、世間の感覚から遊離したような 
行動をとることがあるのがタマに傷。 


出典:ムシキングテリーは
リンク:橋誠
  投票  (・∀・):1917  (・A・):301  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/6270/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用