ヨシオ君の悲劇 (その他) 24571回

2013/12/21 08:55┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
俺が中学に上がる前だから、もう大昔の話。
地元の小学校で開かれた地区の運動会に参加した時のことだ。

お昼どき、ご近所の親子何組かで運動場の隅に集まって、弁当を食べた。
うちの母は仲良しの奥さんたちとお喋り。俺は餓鬼どもの遊び相手をしてた。

餓鬼の中に「ヨシオ君」という男の子がいた。当時小学1年生くらい。

普段からひょうきんで愉快だが、ちょっと度が過ぎてる感じもする子だった。
場所をわきまえずおどけた言動を連発して、何が何でも受けを狙うタイプだ。
頭が弱いわけじゃないと思うが、今なら何かの障害に分類されてたかもしれない。



その日もヨシオ君は、お笑い芸人のギャグをまねたり、ヘン顔を披露したり。
運動会の雰囲気に気が高ぶったらしく、普段よりテンションが上がり気味だった。
しまいには何を思ったか、いきなり仰向けに寝ると、両脚をM字に広げて叫んだ。

「昨日のお母さんのマネ〜」

その体勢で手脚を激しく震わせ、「あっ!あっ!あっ!あぁ〜っ!」と始める。
背中を弓なりに反らせ、白目を剥いて顔を左右に振る迫真の演技ってやつだ。

俺は一応、何をまねてるか分かったから、心の中で『うわああぁ』と思った。
うちの母や他の奥さんたちは、ギョッとした表情で言葉を失った。
他の餓鬼どもは単に「愉快な仕草」と受け止め、キャッキャと喜んでた。

ヨシオ君を中心に半径数メートル、ものすごく変な空気が流れた。と、その時…

ゴツッ!★☆

漫画じゃないが、本当にそんな音がしたように思う。
頭を押さえてうずくまるヨシオ君の横で、ヨシオ君のママが拳を握り締めてた。

「もうっw この子ったら、いやねえw」

必死で笑顔らしきものを作るが、口元は引きつり目は怒りに燃えてる。
可愛らしい感じの美人だけに、張り付いた笑顔が般若みたいで、むしろ怖かった。

その場にいたのは、うちの母を含め中産階級のそれなりに上品な奥様たちだ。
しかも、ヨシオ君のママは子供と真逆で、普段から口数が少なくおとなしい。
怒りの大きさが容易に察せられたのか、鉄拳制裁を咎める雰囲気じゃなかった。

『あの優しいママも、子供を殴ったりするんだ…』

子供で最年長という立場上、俺は泣きじゃくるヨシオ君を連れ、その場を離れた。
餓鬼どもはかなりショックを受けたらしく、硬直した表情で俺たちを見送った。
母たちはこわばった笑顔で「おほほ」「子供って、や〜ねえ」とお喋りを再開した。



ヨシオ君のパパが2カ月前から外国で単身赴任中なのは、近所じゃみんな知ってた。
なのにその後も、ヨシオ君の行動で揉め事が起きたって話は聞かない。
ご近所奥様の結束って案外強いんだなー、と子供心にちょっと感心した。

ヨシオ君の頭にはコブができてた。グーで思いっきり殴られたようだ。
なぜ制裁を受けたか理解できてないらしく、泣き止まない彼の頭を撫でながら、
俺は昨日抱いたヨシオ君ママの柔らかな体を思い出してた。

出典:トラウマになった子供時代の思い出
リンク:年代別掲示板(30代)
  投票  (・∀・):209  (・A・):42  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/37269/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用